Rize号でのんびり調整

こんな時間になっちゃいましたが、今日が調整の最終日とあって、ちゃちゃっと仕事を片付けたあと乗りに行くことにしましたよ。これで締めです。明日は、というかもう今日になってますが、完全休養日にしてしまいます。日曜日の準備をあれこれと行っておくことにしましょう。

さて、今日のお伴はCannondale Rize号です。ここまでのトレーニングで得たペダリングのリズムを崩さないように、フラットペダルをSPDのケージ付きに変更しました。

ちたないですが、ケージ付きSPD
ちたないですが、ケージ付きSPD

同時に、前後輪とも、XM117リムホイールからXM819リムホイールに交換です。今日は前輪、後輪ともに持ち比べてみましたが、やはり重いタイヤがついているはずのXM819のほうが、微妙にですが軽く感じられます。ちょっと興味があったので、後輪を体重計で比較してみましたが、やはり体感通り、XM819リムホイールのほうが100g程度軽いようでした。

今度、両方ともIRC Mibro for Marathon 2.25 Tubelessに換装してみよう。いろいろなUSTタイヤを使ってきましたが、やはり私にはこれが一番合っているようで。そうしたら、前後115gずつ軽くなるはずですし、やはりMibroはコギが軽いですから。ただ、一度外してしまうと、2回目以降の装着ではビードが伸びるのか、空気が入れにくくなるから、頻繁な換装はしないように気をつけないと。

フロントブレーキに潤滑剤が付いたのか、効きが悪くなっていますが、今日はパッドを掃除してみました。これで少しは効きが良くなるでしょうか?

さて、上記の仕様で走ってみます。交換直前、フロントホイールから異音が出ていたのですが、外側から荒くグリースを補給しただけでもかなり違うようで、変な音がしなくなりました。

また、今日は非常にペダリングもラクですし、Rize号も進みます。これはビンディングペダルにしたのが大きいようで、知らず知らずのうちに引き脚を使うようになってきているのでしょうね。

最近よく走る階段へ向かいます。

20cmくらいの段差が続く階段
20cmくらいの段差が続く階段

やはり、ここに関しては昨日走ったProphet号のほうがスムースに下りますね。リアのサグが、Prophet号が40%なのに対してRize号は25%なのですが、実によく仕事をしてくれるのでそこにはあまり差を感じないです。しかし、フロントサスペンションの長さと有効ストロークの差でしょうか。Prophet号のほうが余裕があります。TPC+の設定を再弱にすれば若干Prophet号に近づきますが、それでもProphet号に付いたLefty Max Carbon 140 SPV+にはかないません。まあ、十分なレベルではあると思うんですけど。

常設のダウンヒルコースなんかだと、これくらいの荒れた路面をはるかに高速で走るのですが、そうなるとやはりProphet号のほうが有利になるのだろうと思いました。

しかしですよ。こういった特殊な障害の連続のような場所でなければ、Rize号の性能は素晴らしいの一言。昨日、一昨日とProphet号に乗ったばかりなのではっきりと体感できるのですが、Rize号のリアホイールは常に地面に適切なトラクションが保たれるような感じです。Prophet号のようなムラを感じません。前に赤が好きさんがおっしゃっていた通りなのですが、Prophet号は「大きな段差とか障害はまかしときな! でも細かい調整はあんちゃんのほうでやってくれよ」という感じなのに対し、Rize号は「お客様。どんな道でも障害でも、私にお任せ下さいませ。きっとご満足いただけると思います」って感じですよ。まあ、極端に表現すれば、ですが。

Prophet号だとかなり体を積極的に動かして、想定するラインを走れるように操作しますけど、Rize号はそんなことをあまり意識しなくても、勝手にバイクがそこを走ってくれます。コントロールがとてもしやすいんですね。

Lefty Max TPC+
Lefty Max TPC+

基本的にはProphet号と似ていて、2台持っていてもなあ、売ったほうがいいかなあ、なんて思ったこともあるRize号なんですが、こういう走りをされると、やっぱり手元に置いておきたくなるんですよね。

一休み中
一休み中

今日は車体の重さを感じるようなこともなく、転がりも軽く感じてとても快適でした。昨日のProphet号での走りと比べても遜色がないくらいです。むしろリアサスペンションを硬くしている分、Rize号のほうが滑りがいいような気がしました。かといって、太い連続した根っこを超えるようなセクションでも、昨日のProphet号をしのぐくらいスムースに通過します。

Lefty Max TPC+
Lefty Max TPC+

Rize号のおかげで、最後の調整もうまく行ったようです。

さて、ライドから帰ってきたあとは、新宿御苑のシアター・サンモールで観劇です。

THE FAMILY・絆
THE FAMILY・絆

THE FAMILY・絆』です。いつも観劇させていただいている鼓太郎さんが出演ということで、行ってきました。

主演は坂本直弥、和弥兄弟、永岡卓也さんで、鼓太郎さんはこの3名と行動を共にする、やはり主役級の役所です。オカマ?のみなさんの素晴らしいダンスシーンもあれば、アーティストのMAIさんの劇中歌謡ショーもあり、また任侠の話でもある、なかなか見応えのある舞台でした。出演者も、女性はたった2名で、あとは男性のみというすごさでした。上記のリンクで細かい情報を見ることができますので、ご興味のある方はいかがでしょうか?(イケメンのみなさんが出演ということで結構人気がある様子。全席指定ということもあり、もしかしたらもう席がないかもしれません。若い女性のお客様が多かったですね)。

さてと、観劇のあとは食事です。カーボローディングの最中ということで、昨日から炭水化物の多い食事をとっていますが、パスタの大盛りを2つ注文し、同行者にもお店(Our Cafeさん)の人にも驚かれてしまいました。でもおいしかったので、もう一皿くらいは行けそうな感じでしたよ。Our Cafeの店員さんも感じのいい人でした。

このエントリを書きながらキャラメル牧場アイスクリームも食べてしまいました。これはかなりおいしいですね。

だいたい、レース当日の体重は68.5kg + 1.5kg程度のカーボアップ効果ということで、70kg前後で仕上がりそうです。

さて、土曜日はRocky Mountain Vertex RSL号を整備して、余裕を持って臨みたいですね。しかし寒そう…。うーん。

6件のコメント

  1. こんにちは、今日はまったりされていると思いますが・・
    いよいよ明日ですね。天気は持ちそうだし、寒さもピークを越えそうで、
    もしかしたら良いレース日和になるかなぁ? 
    ともかく、レース楽しんできてくださいまし〜。

    >観劇
    あぁ・・・これは良いかもしれないですね。気分転換になるとか?
    直で観ると、面白いでしょうね。こっち(大阪)でもやっていると
    思いますが、未だに『吉本新喜劇』以外は・・・(苦笑。
    あ・・大昔、《キャッツ》は行ったけど、これはちょっと違うかな・・。

    >パスタの大盛りを2つ
    うほ〜! さすがにイケますね〜。これでカーボンたっぷりでしょう。
    (別の《カーボン》も・・・笑)

    そう言えば、まだ連絡が無いなぁ・・Rize号、来週かも? しれませんね。
    (↑)みたく、早くポートレイト? 撮りたいんですが・・(苦笑。

  2. こんにちはー
    いよいよ明日ですね

    気温も低く、喉からの負担も大きいですので
    マメに水分を取られるか、飴をコロコロ♪と
    舐められながら駆けるのもお勧めしますです
    (ソレを我々は血の匂いが混みあがってくるなんて言いますw)

    >きっとご満足いただけると思います
    それが技術の進化なのでしょうか、イイ仕事してますね
    ただ、個人の好みや高いレベルでの安心感もありますので
    味付けなどが難しくて、そこが面白い所でもあると思います

    ちなみに VooDoo号は「あー?お前がそうしろと言ったんだろ?」
    って感じの態度を取りやがりますので、コチラもドライに崖下に
    放り投げられます、それはそれで理想的な関係のような気がしますw

    MTBイベント、楽しんでこられてください

  3. sadaさん。こんばんは。

    今日はMTBに乗りたい気持ちをグッと抑えて、Vertex号の整備などをしていました。

    > パスタの大盛りを2つ
    カーボアップで炭水化物摂りすぎな感じで、ちょっと胃の調子が(苦笑)。

    > 吉本新喜劇
    1989-1990、私は大阪に住んでいて、なんばグランド花月だったかな、1階のヨシモトツアーズさんのカウンターを借りてオープン前のスポーツクラブの受付業務を行っていたことがあります。
    懐かしいなあ。
    なのに、一度も新喜劇を見に行ったことはなかったですね。

    > Rize号
    まだ連絡来ませんか…。私のときは、最低3週間、とか言われて2ヶ月近くかかりました。
    はやく鑑賞会ができるといいですね(笑)。

  4. 赤が好きさん。こんばんは。

    > 飴をコロコロ♪と舐め
    これは…。効果を上げる人が多いのは事実なんですけど、実は注意が必要なんです。
    うら若き20歳頃、専門書の情報を参考にランニング中にこれをためしました。
    快調な走りができるので喜んでいたら、数キロ走ったところで急激に具合が悪くなり、走るどころか歩くことも出来なくなってしまったのです。
    血糖値が急激に上がったことに対してインシュリンの分泌が過剰気味に行われ、逆に血糖値が急激に下がってしまったことによる低血糖、いわゆるインシュリンショックの症状です。
    ひどいと意識を失うことも。
    専門知識として知っていましたが、まさか自分がそうなるとは…。
    以後、運動前や運動中に飴を利用することは私はありません。

    > 「あー?お前がそうしろと言ったんだろ?」
    ははは。わかるわかる。絶対そうだと思いました(嘘)。
    Vertex号は、そこまでわがままではなく、「あ、こんな感じでよかったでしたかねぇ。」って下手に出る感じで、私は心地いいですよ。「すみません、私激しい道が苦手なので、指示してくださいね」とか(笑)。

  5. >以後、運動前や運動中に飴を利用することは私はありません
    そうだったのですか・・・・ orz

    先輩方といつも飴どころか兵六餅にチョコレートに黒糖棒 etcを、休憩時間ではなくて
    駆けながらも「ゲボグハハ!w」と、飲み食いするパターンなので気が付きませんでした

    コレって・・朝方まで夜宴をするような原始人でバーバーリアン系向きなのですね(泣笑

  6. 赤が好きさん。こんにちは。

    > 原始人でバーバーリアン系向き
    ははは。
    ただ、これって経験上前兆なくいきなり来ますので、特に血糖値が下がっている朝方などでは注意が必要ですね。
    大丈夫って思っている人でもなることがあるので(笑。
    むしろバーバリアンのほうが体機能が優れている分、血糖上昇への反応が敏感で、起こりやすいかもしれませんよ。

ただいまコメントは受け付けていません。