来年の草レース計画

自分自身のトレーニング目標を設定するために、これからしばらくは積極的に草レースへの参加を行っていきたいと考えています。

当初は、草格闘技の大会への参加、なんてのも考えたりしていたのですが、年とともに「痛いのが嫌になってきている」し、特に子供ができてから「人を叩いたり蹴ったり」ということへ抵抗を感じ始めました。「だったら、昔やっていたポイント制の空手は?」なんて考えたりして、一時期最近の専門雑誌を集中的に購入して調べたりしたわけなんですけど…。結構みなさん顔面とかにひどいけがをなさったりしていて(苦笑)。当てないことが前提の組み手でも、頻繁に当たるんですね。当てることが前提の格闘技のようなガードもしないから、まともに。こりゃ痛いわ、と思って(今のところ)断念です。

結果的に、やはり今一番おもしろいと思っているMTBがいいのではないかということで、ここ1年はMTBの草レースで行こうかな、と思いました。

…まあ、これはこれで「痛い」のですがね。1年目も全治3週間程度のそこそこ重傷を負ったこともあるし(というか、5年経ってもまだ治っていない)、今年は骨折も体験しました。どっちが痛いんだか?

MTBの草の根レースと言って、避けて通れないのか過去2回、いい思い出のないダウンヒルマラソン、でしょうか。来年は野沢で開催できなくなったということは前に書きましたが、どうやら決定したようです。気づくのがちょっと遅れましたが、下記のサイトで報告がありました。

http://09avalanche.blog.shinobi.jp/Entry/79/

場所は「ウィングヒルズ白鳥」だそうです。詳細はまだわかりませんが、これまでとはまた違った趣向となる模様。エントリーしやすい料金にもなるみたいですしね。

3度目の正直ということで、こちらもちょっと考えてみたいと思います。

また、平地だけでなく、登り下りが激しいXC系の参加しやすい草レースも探してみたいと思います。このような大会も計画されているみたい。

http://blg.846.info/?eid=922402

帰省をこの大会に合わせて参加、なんてのもありかもしれませんね。

うーん。でも実際のところ、どの程度まで耐えられるんだろう。膝とか肩とか足首とか、治さなきゃいけないところが多々出てきてますからね~。

4件のコメント

  1. おはよおございます

    南さつま MTBイベント・・・・夜宴では芋ショーチューや薩摩揚げ、きびなごのお刺身が宙を飛び交い
    レース中は兵六餅やサツマイモを握りしめた MTB’erが「キェー!」とか「チェストー!」と叫びながら
    未舗装路を全力疾走するという あ の 暑 く る し い イ ベ ン ト なのですよね?(意訳

    あれ?
    今年は、こちらから遠征隊が出走予定のセルフディスカヴァリー王滝の名前が見当たりませんです y(ry

  2. 赤が好きさん、こんばんは。

    南さつまは今回は草の根レースになるみたいで、これなら私も、と思ったのですが、まずこの時期に鹿児島に戻れるかどうかという現実的な問題もありました。
    ただ、実家を宿にできるのはいいなあ、と思います。

    > セルフディスカヴァリー王滝
    現在の私の体力では難しいのと、これに参加したいという仲間がいないので、厳しいですね。

  3. ちょと遅いですが) こんにちは〜。
    レースネタはコメントができないんですが(=資格がない・・ぼそ)
    けっこう、アレコレとあるんですねぇ。
    MTBブーム(というか、DHブーム、かな?)も下火だと思っていましたが、
    ホントに好きな人が残った・・・と言うことでしょうか?
    《王滝》は有名だけど、けっこうハードなんですね。(絶対、無理です…私)

    >全治3週間程度
    しかし・・・icofitさん、けっこう無茶しますね!
    体中傷だらけ? ・・歴戦の跡が残っているとか・・(笑。
    でも、考えたら・・自分も若い時はスキー場へ行って、
    無茶した時もあったなぁ・・(ぼそ。

  4. sadaさん。こんにちは。

    > MTBブーム(というか、DHブーム、かな?)も下火
    確かに…。私が今週参加する予定の都市型の大会も回を重ねるたびに参加者がどんどん減少しています。
    Jシリーズも減ってるって言ってますね。
    富士見なんかは昨年、今年と、始めたころに比べて微妙に人が増えているような気がしたんですけど。
    MTBショップに聞くと、やはり下火だと言いますねぇ。
    王滝は私も、現状では無理ですね(苦笑)。
    ただ、これから免許を取って、こっち系の仲間を見つけて、そして体力をつけたのち、いつかは参加してみたい気がします。

    > 歴戦の跡が残っている
    MTBを始めてからの傷が多いような気がしますね(笑。
    スキーは、初めてやったとき、いたずらで上級者コースに連れて行かれ、一番上から一番下まで直滑降したことがありました。
    スピードがつきすぎて、いたずら心の友人たちも私に追いつけず、私は上から下に向かって大声で「すみませ~ん」「どいてくださーい」と声をかけながら滑りました。
    かなり下の方でこぶを避けきれず、スキー板がこぶに突き刺さって私は吹っ飛び、一番下のところまで転げ落ちました。50mくらい転げ落ちたかも。
    少し経って、やっと降りてきた友人たちが私のスキー板を持ってきてくれましたが、片方は靴が抜けた勢いなのか、真ん中から折れていました。靴は確か私の足にはまったままでしたので(苦笑)。

コメントは受け付けていません。