Rize号のホイールを交換してみる

今日は昨日に引き続きVertex RSL号でハードトレーニング(?)をする予定だったのですが、急遽思い立ってRize号のホイールと奧さんのRush号のホイールをこっそり交換してみました。

Rush号の完成車について来たX117リムのホイールにはIRC SERAC XC 2.10 inchが付いていますが、同じ2.10 inchのKENDA NEVEGAL USTと比較すると明らかに細いのです。

前輪の重さはタイヤ込みで同程度でしたが、後輪はRush号に付いていたX117リムのホイールは非常に重く感じました。反射板が付いたままだとか、カセットの内側にチェーンが落ちないようにするプラスチックカバーがついたままだとか、あるいはカセット自体のグレードが低めなためかもしれません。

でもこのホイールセットが付いたRush号はかなり走りがいいんですよ。購入直後の仕様のProphet号よりはるかに走りが軽かったのです。昨年、a.b.c. cupに出場したとき、チームメイトのNさんはこのRush号を駆ったのですが、好成績につながりました。もしかしたら、Rize号の走りも軽くなるかも。

ホイール交換したRize号で走ってみると、若干走りが軽くなっているように思われました。タイヤがXC用ですのでね。ただ、Rize号は車重は重いですねぇ。Vertex号に乗り慣れていると、やはりAMバイクなんだと実感します。しかし、リアサスがいいため、ペダリングは何も意識せずにリズミカルに行えますね。地面にかなりの凹凸があったって、回すペダリングができるのです。こういうところは、Rize号はすばらしいなあ。登りでのトラクションのかかりも、Prophet号よりいい感じですしね。Prophet号で長い坂をダンシングするのは怖いですが、Rize号なら安定しそうですよ。

今日は神田川まで下りて、水源の公園まで向かいました。舗装路は若干速度を上げて、公園の中はゆっくり走ったり押したりしながら走ります。ドロップの連続も2回ほど下りてみましたが、やはりRize号だと段差が亡き者になったかのような感触で非常に安定していると思います。ただ、KENDA NEVEGAL USTのときのほうがもう少しソフトな感じがしたかな? また、フォークが10mm短くなっているので、フロントの余裕は以前の仕様のほうがあったように思いました。でもまあ、40cmくらいの段差だと130mmもストロークがあれば十分です。100mmのVertex号でも問題はないのですから。

ここも落ち葉でフカフカです。
ここも落ち葉でフカフカです。

今回は、初めて神田川水源から善福寺川水源に移動してみました。思ったよりも近かったです。

善福寺川の水源の公園には、下記のような立て札がありました。昨日は逆方向に進んだから気づかなかったです。

自転車利用マナーに関する立て札
自転車利用マナーに関する立て札

昨日Vertex号が風で倒れた場所のすぐ近くなんですけど、確かにここは通路が狭いです。結構歩いている人をすり抜けるように走るママチャリはよく見ますので、大丈夫かなあ、と思うときがありました。次はきっと「走行禁止」になりますね。自転車のマナー、気をつけなきゃいけませんね。自戒の念を込めて。今日は公園の中は走りませんでした。

公園の入り口には、かなりわかりやすい犬の飼い主のマナーが。やはりどの公園でも悩みは共通のようです。

うんちは悲惨だなあ
うんちは悲惨だなあ(右下)

私も犬の落とし物はしょっちゅう踏んづけるので、かなり頭に来ています。ここしばらくかなりの高確率で踏んでいますよ。

シャベルを持ち歩いて埋めるオッサン、でかい犬を放し飼いにするオッサン、いろいろいますねぇ。でも、この絵は思わず笑ってしまいました。不謹慎でした。

さて、いったん帰ったあと、今日の2回目の出陣は奧さんのジョギングの付き添いです。やはりVertex号は走りが軽いです。Rize号もProphet号並みのパーツ構成にするとProphet号と同等以上に軽くなると思われるのですが、でもお金はかけられません。

軽いVertex号で二次会
軽いVertex号で二次会

4件のコメント

  1. こんばんはーです

    オオカミかハイエナにしか見えないワンワンが、お尻ガブリ!の画もイイですね
    かなり切実さを感じる文面と、シュールなイラストもイイ雰囲気だと思いました

    Prophet・Rushまでの cannondale MTBは「これを操れ、性能はイイはずだから」と
    いう感じの中でも、Rushは「ちょっと乗り手のほうも向いている」ような?印象でした
    長時間を駆け続ける、海外で人気の MTBマラソン向きってジャンルになっていましたっけ

    Rize号のシートクランプ下にある赤いステッカーは反射素材にしても良さそうな感じですね

  2. 赤が好きさん。こんばんは。

    > オオカミかハイエナにしか見えないワンワン
    ははは。確かに、これはハイエナ…。犬じゃないですよね(笑。
    イラスト、シュールですよね。切実と感じつつ、ニヤニヤが止まらず、苦労しましたよ。

    > 「これを操れ、性能はイイはずだから」
    おおーっ。まさしくぴったりな表現ですね! これぞCannondalistaのお言葉です!
    Prophet号も4年乗ってようやくという感じだったのですが、Rize号なんかは、乗った瞬間にすんなりでしたからね!
    Rush号は確かに、MTBマラソン用でしたね。
    今はなきMTB MagazineにRushを紹介する記事があったのですが、ティンカー選手の「もうわしにはスカルペルは要らん。ラッシュじゃ(超意訳)」みたいなインタビュー記事がありました。6時間連続走行のあとなのに、今走り始めたかのような勢いで走り抜けていったと。今も伝説を作り続けている人なんですね。
    Rush購入時にProphetで一緒に付いていった私は、奧さんのRush号に付いていくのがやっとでした…。コレは走ります。

    > 反射素材
    おお。いいかもしれませんね。後ろから見える部分だし、ちょうどステッカーにも石はねで付いたと思われる傷があるし、リニューアルできるかも。

  3. おはようございます。2次会トレーニング、お疲れ様でした〜!

    確かにシュールな看板ですね〜。
    どこで見たのか忘れましたが)こういった看板写真ばかり掲載しているサイトもあるくらいですし。
    でも、どこでもそうですが《効用》は無いですねー。
    まぁ駐輪禁止の近くへ止めたりするので、人の事は言えませんが・・(ダメじゃん!)。

    (↑)それにしても、落ち葉の道? 素敵な感触が楽しめそうですよ。
    年末までに何度か、公園の落ち葉ダートを楽しんでみたいですが・・さて・・。

    IRC SERAC XC 、ですか。メジャーで人気もあるようですが、走りは軽いようで・・。
    例のデビル・パーツにセットするタイヤも届いたんですけど、こっちはどうなのかな? ちょっとドキドキであります。
    でも、確かに《X117リムのホイール》は重いですねぇ・・ちょっとガッカリ? かも。
    …とは言え、これ以上サイフが軽量化するとヤバイので、ぼちぼち冬眠モードに入ろうかと思います(意味不明…)。

  4. sadaさん。こんにちは。

    > シュールな看板
    イラストがイケているので?思わず掲載してしまいましたよ。
    効用は…。きっとないんでしょうね。今でも私が踏んづけているところをみると…(怒)。

    > 公園の落ち葉ダート
    sadaさんのところの公園は広いから、結構走りがいがありそうですね(地図を見て面積が広いのにビックリ!)。写真の場所はすぐ終わっちゃいます。

    > 例のデビル・パーツにセットするタイヤ
    おおお。順調に進んでいますね!

    > 《X117リムのホイール》
    そっちのデビルパーツもXM117だったんでしたね…。うーん。特に後輪、重いかも。リムについてはカタログ値ではXM819と大差なかったんですが、組まれているほかのパーツが重いんでしょうか…。
    まあ、XM819ホイールもそんなに軽くはないんですが、元に戻す予定です。タイヤを変更してみます。

コメントは受け付けていません。