原点に帰って

12月に入って急激に忙しくなった気がします。わがMacで使っていたセキュリティソフトも有効期限が切れるので、最近発売されたセキュリティソフト2製品の試用版を試していました。

  • ウィルスバスター2010 for Mac
  • Kaspersky Anti-Virus for Mac

まず、ウィルスバスターですが、今年購入したiMacにインストールして試しました。これは3台分のライセンスを持っているから、かなりお得なソフトウエアだと思います。

それで、まず全ディスクのスキャンを行ってみましたが、スキャンをかけている間のiMacの処理がかなり遅くなります。これはなあ…。さらに、スキャンをかけていないときでも、WWWブラウジングがかなり遅くなるのがわかりました。ワンテンポ遅れる感じでしょうか。残念ながら数日でアンインストールとなりました。

ウイルスバスター2010 1年版
ウイルスバスター2010

もう一つのkaspersky。こちらは、2006年のMacBook Proにインストールしました。定義ファイルの更新サイクルが短いのが好感触です。ただ、一部の機能でスキャンをかけているとしばらく経過して不正終了していることが2回ありました。不正終了しても、しかもなんのアラートもないから、私が気づいたのはずっとあとのこと。不正終了したら当然そこからはMacは守られません。で、こちらも使用期限が切れてアンインストール。

Kaspersky Anti-Virus for Mac 1年版
Kaspersky Anti-Virus for Mac
ウイルスバリア X5
ウイルスバリア X5

結局何をしたのか、というと「原点に帰って」以前から使っているIntego社製のSecurity Barrier, Virus Barrierの更新契約延長です。今回はきちんと、365日加算されましたので、iMac、MacBookProの2つの環境で使用しています。ちょっと高いのですけどね。安定度も軽さも、一日の長があります。ただアップデートサイクルが最高でも1日1回にしか設定できず、このへんは6時間に1回に設定できるウィルスバスターや、もっと短いサイクルでアップデートできるカスペルスキーにはかなわないですね。Macも所詮はコンピュータにすぎず、Macのセキュリティに対する脅威も現実的な問題になってきています。もう少し短いサイクルでアップデートできるようにしてほしいものです。

さて、現在の状況を鑑みていろいろと考えていたのですが、12月の草レース、エントリーしました。昨年のチームメイトが現在熊本勤務になっているので、今回はソロで出ます。チームカー?も今年はないので、輪行ですね。

半月ほど前の状況であれば、フィットネスレベルがピークにあって、なかなか良かったのではないかと思いますが、少し忙しくなってきて、まとまった練習やトレーニングの時間がとれず、ポタリング程度になってしまっています。それでも、Vertex号を買ってしまっていますので、やはりここは行かなきゃいけないだろう、と。だいぶ迷ったので、ゼッケン番号はかなり後ろのほうになっていると思いますが、今回は一次エントリーに間に合わせたので、昨年よりはいい条件で走れるかも。

そういえば、草レースデビューはXCでしたが、2回目のレースがこのエンデュランスでしたね。a.b.c. cupのクリスマス・スペシャルでした。今回も同じくa.b.c. cup クリスマス・スペシャルです。ここでも「原点に帰った」つもりでがんばってみます。

最初のエンデュランス a.b.c. cup
最初のエンデュランス a.b.c. cup

「原点に帰る」と言えば、私が最初のMTBであるCannondale Jekyll号を購入して約3ヶ月後、高峰山のダウンヒルに行っています。そのときの写真を発見しました。バイクショップの「輪工房」の関係者の方が撮影してくださった1枚です。

高峰山ダウンヒル 2005/02/11
高峰山ダウンヒル 2005/02/11

私がダウンヒルしている珍しい写真です(苦笑)。場所は高峰山のDHコースで、頂上から降りてすぐのところですね。ヘルメットはBMX用フルフェイス(まあ、今もDH用は持ってませんけど)、普通のアイウエア、シャツの下には先輩ライダーから譲ってもらった簡易プロテクター(後日このプロテクターでDHした友人Nさんは鎖骨骨折)。肘、膝もローラーブレード用かな。このときはフラットバーでダウンヒルしてたんだなあ。Jekyll号のリアトラベルは135mmあり、現在持っているRize号より5mm長いんです。フロントフォークが120mmでしたけど、高峰山では快適だったなあ。その後導入したProphet号で高峰山を走ったときは、Jekyll号を圧倒するダウンヒル性能でびっくりしましたけどね。

2回目のダウンヒルで、マイMTBでは初めてのダウンヒルでした。エンデュランスも楽しくない訳じゃないですが、クローズドコースのダウンヒルの楽しさは格別です。MTBを純粋に楽しむという「原点に帰って」、またダウンヒルにも行きたいと思っています。

4件のコメント

  1. またしても)妙な時間帯にお邪魔してます。どうやら、師走モードに入られたようで。
    いよいよVertex号、レース・デビューですか! トレーニングの成果、出るとイイですね。
    (密かに応援させていただきますよ…)
    でも、輪行はちょっとしんどいですね・・現地につくまでが大変そうで。
    もし近県に済んでいたら、うちのサンダーバード2号でお迎えにあがるんだけどなぁ・・ちょっと関東方面は遠いですね(笑。

    >ウィルス・ソフト
    どうも、人柱を立てて頂き恐縮です! 参考になりました。(すいません)
    kasperskyもダメでしたか・・Winでは調子いいんですが、MACはダメかな・・?
    少し前、kasperskyのオンライン・スキャンを試みたら・・何かの不具合が出たらしくて、DLできませんでした。
    アレでちょっと引きましたけど。ちょくちょくノートン先生に見てもらっていますが、簡易スキャンではまだ感染はしてないみたいです。
    …でも、予防は必要ですから・・そろそろ手を打たないとダメですね。

    (↑)レース中のicofitさん・・ちょっとターミネーター似? (ぺこ

  2. おはようございますです

    マスィンもウェアも黒系で決められた 2枚の写真を見せて頂いて気が付きましたけど
    ゲロゲロで派手派手なレーパンヂャージプギャー!・・の御用意はお済みですかッ?!

    うーん、Vertex号のデザインに併せた感じの大きなメープルが胸の中央にドーン!と鎮座している
    カナダ・ナショナル Teamヂャージなんか超お勧めです、黒は林道で蜂危険ですし?(笑・・えない

    MTBイベント、楽しく駆けて来られてください
    あっ、バナナと兵六餅も忘れずに・・・・です

  3. sadaさん。こんにちは。

    > 輪行はちょっとしんどい
    たしかにですね。前にこのレースのためにJekyll号を輪行したとき、新宿駅で駅の警備員スタッフや警察と一騒動がありました。理由は不明ですが、警察官の方は、たたんだ状態の自転車ならば可、とのことでしたが、警備員によればそれもダメで、警察が間違っている、と主張していました。新宿駅は要注意です。
    ただ、Vertex号は軽いし、今度の輪行では超速FIVEを試す予定なので、前よりは楽なんじゃないかなあ。
    たぶん真ん中よりちょっと後ろくらいの成績になる見込みですが(苦笑)、真ん中よりちょっと前を目標に行ってきます。

    > ノートン先生
    一度どこかへノートPCを持ち込んだとき、そこのオフィスがウィルスで全滅したのに、私のPCだけ無事だった、ということがあります。ノートン先生のファイヤーウォールがブロックしてくれたからですが、そのオフィスは別のメーカーのウィルスソフトのみインストールしただけでした。もう7-8年前の話かな?
    それで「ノートン先生命」みたいな感じで使っていたのですが、今年、変な自動延長プログラムで最新版にできないとか、それがやたら重いとか、Macの対応が遅いとかで、WinもMacも別のメーカーに乗り換えてしまいました。

    > ターミネーター
    ははは。まさしく。私がDJ席を通過するときに、DJのお兄さんから「すごい勢いでターミネーターお兄さんがやってきた〜!」みたいなことを言われました(笑)。

  4. 赤が好きさん。こんにちは。

    > ゲロゲロで派手派手なレーパンヂャージプギャー!
    奧さんもジョギングをやっているので、一緒にCW-X買おうぜって話を進めようとしたら、
    「もう持ってるじゃん。何着買えば気が済むのよ」
    と却下。私が持っているCW-Xは汎用で自転車用股パッドが付いていないタイプです。
    自転車愛好家じゃないと区別が付かないんですね…。
    今回もターミネーター仕様で出場となりそうです。
    確かにすごい人たちはみなさんピタピタですけど、冬は…。勘弁して下さい(苦笑)。

    > 楽しく駆けて
    はい。今回は誰も都合が付かなそうなので、ひとりで寂しく(苦笑)。

ただいまコメントは受け付けていません。