次は!

iMacの供給が絶たれて、2ヶ月が経過した。
私は半球形の本体から飛び出たアームの先に、液晶ディスプレイがついたデザインは大好きだった。私がMacに乗り換えた当時は、私が所持している液晶ディスプレイの解像度を上回るiMacは発売されていなかったため、結局はPowerMac G4を選択したのだが、あとから20インチモデルが出たときは本当にほしいと思ったものだった。

8月31日、そのiMacを後継するマシンが発表された。液晶ディスプレイ一体型のマシンはWindows製品からも多数販売されていて、そのコンセプトは別段目新しくはないと思う。また、標準でTV録画できる点で、Windowsマシンのほうが優れている部分もあると思う。
しかし、それでもこのiMac G5は私のツボにはまってしまったのだ。

現在利用しているPowerMac G4は購入後2年が経過した。私はインターネット動画をよく見たりするのだが、現在のマシンでは満足な動作をしてくれないし、よく使うソフトの処理が重く感じられてしまう。なにより、電源ファンの動作音がきつすぎて、夜中に家族が寝ているときに使うのは気が引けてしまう。Appleのプログラムに従って、一度交換しているのであるが、さほど改善されたようには感じられない。机の下に置いて使うような人にとっては問題ないのかもしれないが…。
このため、年末か来年くらいにPowerMac G5を購入しようと考えていた。

そこに登場したiMac G5。スペックはPowerMac G5に劣るのは間違いないが、いまの状態と比較したら、相当な省スペースになる。しかも、いま使っているマシンより画面が広く使えるようになるので、作業効率が大きく高まることは間違いない。そして、この2年間のPowerMac G4の使い方を見る限り、iMac G5で十分のような気がする。ネックはTVが見られないことだけか。
来月、なんとか購入にこぎ着けたい。フルモデルチェンジによる品薄は心配だが。