古いDVDを見直す

今週いっぱい天気が悪いみたいですね。MTBにも乗れないので暇な時間に古いDVDなんかを引っ張り出しています。

すると、2004年の世界ウルルン滞在記で、優木まおみさん出演の回を録画したものが出てきました。

最近、上の子が「優木まおみ、カワイイ」とか言っているので、久しぶりに見てみましたが、確かにカワイイ(笑。この回は名作のひとつだと思っていましたが、今見直してみても面白いです。

偶然ですが、Amazonでもこの回を収録したDVDを予約販売を開始しているようです。買うかも(笑。

世界ウルルン滞在記 Vol.12 優木まおみ [DVD]
世界ウルルン滞在記 Vol.12 優木まおみ
さらに、MTB Magazine付属のDVDも発見したので、今面白そうなコンテンツを見直しています。

2004年の世界選手権大会を見ていたら、セドリック・グラシア選手がProphet号らしき車体とLefty Maxで4Crossのレースに参加していました。彼が乗っていた仕様のバイクが、翌年モデルのCannondale Prophet 4 Cross Team Leplicaになったのだと思います。私のProphet号はリアが9mmクイックというところが異なりますが。※

※ その後別のMTBマガジン DVDに収録されていたearthed DVDのハイライトを見ていたら、上記の世界選手権の映像がふんだんに使われているのがわかりました。私はearthedシリーズは2以降は持っているのですが、最初のこのDVDだけ持ってなかったんですよ。このハイライトでは、たぶんグラシアではないキャノンデールの選手が、Geminiに型番不明のLeftyを搭載して4Xのコースでモーレツな連続ジャンプを披露しています。しばらくこのバイクが単独でうつっていたのですが、Leftyが世界選手権に実戦投入されていた映像をじっくり見られたのはうれしい限りです。ちなみに、最初のDVDで見た1/16ファイナルでのセドリック・グラシア + Prophet号 + Lefty Max Carbon(と思います)は、一番高く飛んでましたよ! この回3着っぽかったので、先には進めなかったと思いますが…。

次に、2005年に日本で初めて開催されたアバランチェ、NOZAWA G-Downhill Marathonのレポート(朝日昌彦氏)を見ました。私も出場した大会だったので、懐かしいです。私の場合は走るより押している時間が長かったのですが、このDVDに映っている人たちは相当に速い人たちなので、一部の場所を除いてしっかり走っています。しかし、すごい大会だったなあ。

そんなわけで、846.infoさんでアバランチェ特設ブログを見てみると、なんと来年からは会場が変わるそうで。

http://09avalanche.blog.shinobi.jp/Entry/55/

2005-2009と5年間もの間野沢温泉で開催されてきたわけですが、来年から新天地、というわけですね。日本のど真ん中で、TV放送も意識しているとのこと。

いつも苦杯をなめている野沢には一回リベンジしたいと思っていたのですが(まだ2回、DNSを含めると3回)、場所によっては新しくなったアバランチェへの参加も考えてみようと思います。

さて、次はなにを見よう。