順序が逆になってしまいましたが

先月入手したVertex号ですが、インターフェース部分があまり気に入らずに交換部品を獄長で購入して到着待ちです。

次にホイールですが、気持ち的にはMavic Crossmax SLRがほしいですけど、価格的にムリ。uk価格でもムリ。そこでProphetでの実績もあるMavic Crossmax ST(uk価格ですが)くらいがいいかなと考えつつ、American Classicのホイールなんかも気になったりしてました。だいたいそのへんが予算ギリギリだったこともありますので。

ちょっと高いですけれど、American Classicのホイールにかなり気持ちが傾いていました。というのは価格的にはuk価格のCrossmax STとさほど変わらないのに、重さが100g近く軽いのです。そのうえ、Vertex号のフレーム配色に似合いそうじゃないですか。すぐにはなくならないでしょうから、12月に予定の草レースの直前くらいに買えないかな、と考えていました。

アメリカンクラシック MTB 26DISK ホイールセット ホワイト(866-506)
American Classic MTB 26Disc Wheelset / White

ところが昨日、某オクでとても魅力的なホイールを見つけてしまいました。Roval Controle SL XC Disc Wheelsetです。これって、前後で1385gしかありません。価格が更新されたらもう仕方がないですが、STとかアメクラよりは低い額で入札しておきました。

そうしたら、更新されなかったみたいで早朝に無事落札。しかも1日で届いてしまい、すでに手元にあったりします。あらら、ハンドルやサドルよりも先に入手になるとは…。順序が逆になってしまった。

Roval Controle SL XC Disk Wheelset
Roval Controle SL XC Disk Wheelset

これはもう激軽です。それはすごいと思うのですが、反面強度的に大丈夫か、と心配になったりしました。前輪はロータを外したCrossrideよりロータを取り付けたRoval Controleのほうがまだ軽いです。

左がCrossride, 右がControle SL XC
左がCrossride, 右がControle SL XC

これはControle SLはTubelessシステムと互換性があるとのことですが、どうも密着性の高いリムフラップを貼っているだけに見えます。近いうちに試してみたいと思いますが、今日はチューブドのContinental Mountain Kingを試してみることにしました。

それで、Rocky Mountain Vertex RSL号に装着。

Rocky Mountain Vertex RSL 50 (2009) + Roval Controle SL XC Wheelset (2009?)
Rocky Mountain Vertex RSL 50 (2009) + Roval Controle SL XC Wheelset (2009?)

見た目的にはあまり変わっていません。スポークに白髪が交じったくらいでしょうか。持ち上げてみると車体自体もかなり軽くなったことがわかりました。上記はサドルをGobiに交換していますが、その交換前の状態で体重計に乗って見ると、私の体重を引いて10.3kgでした(ボトル除く)。新サドル、ボスト、ハンドルへの変更で10kg強(ライトなどの保安部品も含む)くらいに仕上がりそうです。草レースではライトなどの部品は外す必要があるので、もう少し軽くなるのかな。

この状態で試走です。こぎ出しが極端に軽い、ということはなかったのですが、加速がすごいです。踏むと後ろから押されるような印象を私は受けましたが、サイクロコンピュータを見ると今までより明らかに巡航速度が上がっていることが分かります。また、若干ですがVertex号の硬さが和らぐようにも感じられます。HTがソフトテールになった感じ、というか衝撃をかなり吸収しているようにも感じられます。他のホイールだと交差する2本のスポークが接触していたりするんですが、このホイールはスポーク同士が接触しません。だから、何かの拍子にスポークがずれたときに生じるようなノイズも出ませんでした。

感覚的に正しいのかはわかりませんが、十分な剛性が確保されているとは思いますが、がちがちに硬いホイールではなく、縦方向へのたわみが微妙にあって、それが加速や地面への追従につながっているように感じられます。

反面、急激な登りで始まる丘とかは今日はあまりスムースに登れませんでした。リアホイールが大きく軽量化されたせいか、前後のバランスが変わって、今までの登り方だと後輪がスリップするのです。もう少し後輪に重心を残す必要がありそうでした。

筋力トレーニングの予定も忘れてしまいましたよ
大満足ですね。筋力トレーニングの予定も忘れてしまいましたよ

本来だったら、このホイールは決戦用として、普段のトレーニングはCrossrideでやるのがいいんでしょうね。ただ、置いておく場所がないので結局はこのホイールが着いたままになるのだと思います。

今日は2hで30kmほど乗りましたが、非常に軽快で、Vertex号は初めてProphet号のXCポジションを超える「走る」MTBになったと思いました。草レース投入はこれでVertex号に決まりでしょう。

2件のコメント

  1. さっそくお邪魔しています・・・こんばんは。

    あ、あらら・・・ホィールにも手を出しましたか! ちょっとマニアックなブツですが、白髪混じりって面白いですね。
    走ると、どんな感じになるのかな? 出来れば、動画でみてみたいですけど(いぇ、冗談ですよ…笑)。

    しかし・・軽いですね〜。前後で1385gというのはかなり激軽! ですよ。いいなぁ・・私も欲しいです。
    今、うちのRizeは汎用の重いホィール・セットですけど、やはりネチ〜っとした重さを感じますね。
    近場の公園程度なら良いんですが、ツーリングで距離を走ると・・・あまり想像したくありません(苦笑。

    Vertex号も徐々にオリジナリティが出てきたようで。これでハンドル周りが進化?すれば、
    とってもイイ相棒になってくれそうな・・。

  2. sadaさん。こんばんは。

    > あ、あらら・・・ホィールにも手を出しましたか!
    はい…。某オクだったので、すでに入札があり、放置しとくと持って行かれる、というのがあったので…。
    時期が早まってしまいました(苦笑)。
    落札に失敗したら、12月頃にアメクラになる予定でした。

    > 出来れば、動画で
    子供につきあわせてドロップジャンプの動画を撮らせようと思っていたのですが、Vertex号だと普通に走るだけなので、どうでしょうねぇ。でも自分の乗車姿勢とかも見てみたいですよ。また頼んでみようかな?

    > 前後で1385gというのはかなり激軽!
    そうですね。Crossmax STで1615, American Classicので1520だったので、同じ価格帯ならコレ、と思いました。
    これらより安かったし、送料込みだったので満足度は高いです。
    某オクにもう1セット出てます。これは定価では157,500円なんですね!
    このホイールでは、ちょっと崖状急斜面とかはつらいかもしれませんね。すぐポテチになりそうです。

    > Rizeは汎用の重いホィール・セット
    Rize号は私もProphet完成車に付いてきた、重めのホイールです。やはり一度はRize号にST履かせてみたいですね。
    Prophet号のとき、STに変えただけで化けましたからねー。
    なんとかProphet号と共用の道を考えているのですが、フロントの7インチアダプタがあるのかどうかわからないです。
    Rize号のブレーキも買い換える? そうなると、ホイール1セット余ったから、Chaseの再組み立てが近づくかも…(苦笑)

ただいまコメントは受け付けていません。