Prophet

着々進行中

朝、経過観察のためにクリニックに行ってきました。レントゲン写真を見ると、1回目以上にクッキリ割れているのが確認出来ました。それはもう拡大しなくても一目で粉砕骨折と分かるくらいの…。

一応、キーボードの入力については問題ないだろう、ということでした。ただ、強くぶつけないようには注意して欲しいとのこと。次回は12月に入ってからの経過観察になります。

現在使用している親指シフトキーボードFMV-KB232はキーの押下圧が45gと言われていますが、特に親指シフトキーと同時打鍵を行うようなときには、人差し指の患部に少し響きます。

マルちゃん正麺 担々麺

お昼はマルちゃん正麺 担々麺。袋麺にしては美味しいかな、という感じです。具材がもやしだけだったこともあると思いますが、少しあっさり気味でした。

保守パーツ群

愛車用の保守パーツ群も届きました。シートクランプはProphet用が31.8mm(左上)、Rize用(下)が34.9mmです。今回は、厚みの少ないシマノプロ(SHIMANO PRO) シートポストクランプ パフォーマンス を選んでいます。

Rizeのシートクランプ

左がRizeオリジナル、右がSHIMANO PRO。Rizeオリジナルを見ると、34.9mmではなく35mmとなっていますが、特には問題無さそう。以前、DVO GARNETを使おうとしたとき、エクスターナルワイヤーを接合する部分にこのシートクランプが干渉してしまい、奥まで差し込むことができませんでした。ううむ。エクスターナルワイヤー接合のための突起の位置によっては、むしろ干渉しやすくなってしまうかも。

Prophet

急いでProphetの仕様を確認してみました。おそらく、Rize用もこのProphetと同じ構造になると思われます。ワイヤー接合部の出っ張りは斜め前のようなのでおそらくSHIMANO PROのほうが相性がいいとは思っています。

Rize

シートクランプの締め付け強度は6NM。精度は不明なもののBIKE HAND(バイクハンド) YC-617-2Sコンパクトトルクレンチを持っているので、これを使って締め付けました。Amazonレビューでは、軽量化を優先しているためか「割れた」という報告が散見されるためです。

今回シートクランプと一緒に買ったのがGORIX gottsustop ブレーキシュー

次男が、私が以前使っていたICANを使ってみたいというので、カーボンリム用に買った物です。このシューはカーボン、アルミ共用ですが、一度アルミリムで使ったものをカーボンリムで使ってしまうとブレーキ面を傷つけてしまうということで新調しました。

つくね
つくね用卵

夕食は久々につくね。今日は試しに、卵の黄身以外に「マヨネーズ」を使ってみました。激うまでした!