最後の金魚

この3年間、一番健康で、あらゆる障害に打ち勝ってきた最後の金魚。いっしょに来た金魚の中でも体が大きかったので「ボス」と呼んでいましたが、夏頃から体がふくらみはじめ、先週にはまるでフグのように変貌してしまっていました。

薬浴したり、塩水浴をしたり、あげくにはココア浴を試したりしたのですが、体はどんどんふくらみ、週末にはしゃちほこのように逆さまになったり、水底に仰向けに寝たりするようになりました。

一昨日はほぼ仰向けで寝ていたのですが、昨日はほぼ一日しゃちほこのように逆立ち。そして、今日仰向けになったまま逝ってしまいました。

夕方に子供たちがボスを埋葬に行って、自宅には主を失った水槽がむなしく残っています。もう、あの強烈な「えさねだり」も見られないのだな。

しかし、こんなに悲惨な病気はなかったですね。お腹がふくらむにつれて脊柱の前湾が失われ、逆にエビぞり状態に。鱗は大きく引き伸ばされ、皮膚の中には内出血がみえていました。最後には両目が飛び出したような形になり(ポップアイというそうです)、元気だった頃の面影もなくなっていました。

体長も20cmくらいになっていました。すくい上げたボスは重かった…。3年間お疲れ様。最後は何もしてやれなくて、申し訳ない。

「ボス」がいなくなっても、私はVertex号を動かします。出がけに、サドルをWTBのもともと付属していたものに戻しました。

サドルを復元 Vertex RSL号
サドルを復元 Vertex RSL号

シートポストを5mm下げていたので、以前の設定より若干膝が余りますが、今日はこのまま走りました。

今日のサイクロコンピュータをみると、29.99kmになっていて、あと10m走っとけばよかったとちょっと残念でした(笑)。

やはり座面が横方向にフラット気味のWTBは乗っていて安定感がありましたし、痛みもなかったです。このこともあって操作がしやすくて、昨日より調子が良かったような気がします。でも、何かの拍子にボスの姿が思い出され、気持ちの盛り上がりには欠けましたね。寂しくなるなあ。

2件のコメント

  1. おはようございます。ボス,お亡くなりになったんですね(ご冥福を…)。
    身近な生き物(あえてペットとは呼びませんが)死ぬと,けっこう辛いですよ。
    …とはいえ,金儲けのために犠牲になるペットも多い世の中ですから,けっこう矛盾も感じる訳ですが。

    は,さておき。やはりサドルでお悩みのようです。(いぇ,自分もですが)
    そうそう,レーパンは使っておられなかったんですね。以外でした。
    無しでこのVertex号を30~40㎞もこなせるとわ・・・さすが! ですよ(笑。

    もしレーパンをはかれたら,軽く200㎞(爆)はイケるのでは? と思います。
    私も最近は履かずに走ることもありますが(少し恥ずかしさも…笑),
    某ショップで下履き用のパンツを見つけ,愛用していますよ。ちゃんとパッドが入ったモデルです。
    これだと,オールシーズンいけるので,重宝していますね。(しかも安いです)

    もっとも,男の共通の悩み(小用たすとき)は解決できませんので,悪しからず,ですが…。

  2. こんばんは。

    ボスは残念でした。
    新しい金魚をいきなり混ぜたり、水替えを怠ったりしなければ、こんなことにはならなかったのかもしれません。
    しばらく金魚さんは飼いたくないですが、いつか機会があったらそのときはこんなことにならないようにしたいですね。

    > 金儲けのために犠牲になるペットも多い世の中
    今、こんな映画もやっているみたいですね。
    http://www.inunekoningen.com/
    殺処分された犬猫の数を見て正直背筋が凍りました。

    > 下履き用のパンツ
    今までそんなに長距離乗ることがなかったし、MTBに本格的に乗るときはダウンヒルが中心だったので、レーパンには縁がなかったですね。
    でも、草レースに出るのだからレーパンも必要と思い、物色中ではあります。前回の草レースでも、相方に言われたし。
    下履き用のパンツはほしいです。ほぼ毎日履くとなると、レーパンだけでは足りなくなりそうですし、普段乗るときに、着る服を選ばずに済みますからね。
    こちらも探してみますよ。

コメントは受け付けていません。