ニャンコ

頑張って乗り切ろう

相当古い話になりますが、昔、世界ウルルン滞在記という若手芸能人が海外の一般宅に滞在する番組がありました。その中でも特に印象に残っているのが、竹内結子さんのエピソードでした。なぜ、こんなことに…。

芸能人の訃報が続いていますが、どうか、どうか思いとどまっていただきたいと切に願います。また、私自身もネガティブな影響を受けてしまわないよう、注意しよう。

ネギ塩豚丼

お昼は肉丼。9月は疲れ気味でしたけれども、だいぶ回復してきた感じがしています。

昨日の雨では行きたかった近郊トレイルもおそらくウェットコンディションでしょう。それに、自宅内に整理しなければならない自転車機材や使用しない機材が溜まってきていたので、夕方まで整理していました。

SB山東側

今日は久々にCannondale Rizeにて。先日フロントブレーキにブレーキ&パーツクリーナーを吹き付けてから一度も乗っていませんでしたからそのテストも兼ねて。

そのフロントブレーキはかなり効くようになっていました。なんだ。最初からこうしておけばよかったのか…。これだけ効けば、トレイルも安心して走ることができるでしょう。

今日はSB山東側を反対回りして撮ってみました。やはり、左コーナーと右コーナーでは曲がり方が違うみたいですね。感覚的には分かっていることですが、なかなか修正ができません。左コーナーのほうが安定しているので、右コーナーもこれに合わせて行きたいと思います。

SB山東側
路面

今日は行きに10周、帰りに30周くらいしたので、合計40周くらいですね。右コーナーをもう少し安定させないといけません。

SB山西側

SB山西側。今日はOLYMPUS OM-D E-M10 MarkIII + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4.0-5.6IIを持って来ていますので、いつもより広角に取れています。ちょっと落ち着いた色合いになりますね。

比較的地面は乾いています

このバイク、本当に良く路面の状況に反応します。ふつうのフォークに慣れているとLeftyは「動きすぎ」に感じられる人も多いかも。それでも、私にとっては特にこのRizeに最初から付いてきた130 PBRはすばらしい限り。

階段
ヒガンバナ
プチシングル

このバイクは一番乗り心地がいいです。走行の軽さとバランスか取れています。

ニャンコ

帰り道。この後ろ姿は。

人に慣れたニャンコ

この辺りでよく見かけるニャンコですね。

眠そう

実に眠そうです…。

このニャンコの後ろでしばらくゆっくりしたあと、帰途について帰りのSB山周回をやり、ポタリング終了。20kmちょっとでした。

つくね
卵の黄身

今日の夕食はつくね。卵の黄身をつけていただきました。肉料理ではこれが一番好きかも。

さて。また明日からフルタイムですね。効率良く作業を進められるようにしなければ。

コロナで大きく変わった働き方。私はリモートワークというスタイルはとても自分に合っているとは思いますが、急に大きく変わったので、体調などにも影響を与えていると思います。来週以降はふつうに週5での業務になりますが、まずは最初の5日間、頑張って乗り切ろうと思います。

…半沢直樹。続きの原作がなさそうですが、ぜひ、続編は作ってほしいなあ…。