Thumb Touch

いーことわりーこともりだくさん

今日は午後から雨との予報でしたので、自宅でのバイク整備がメインの作業になる予定でした。

でも。

悪いこと(1)

まず、先日買ったMontblanc Noblesse Obligeが、少し時間を空けるとインクが引っ込んでしまって、書き出しに失敗します。かすれない分は以前のMeisterstuckよりマシですが、そのMeisterstuckも今はWatermanのインクを使うことで安定しています。それにMeisterstuckは買ってすぐは大丈夫だったので、Noblesse Obligeは決して調子がいいとは言えないかも。インクが切れたら、洗浄液に付けてしまおうかな…。

いいこと(1)

シャープ製マスク
シャープ製マスク
シャープ製マスク

忘れた頃に当選してしまったシャープ製マスク。実は自粛期間の最中に次男は当選していたのですが、支払がクレジットカードオンリーとのことで、スルーしてしまっていました。

今回は私が当たったのですぐに購入手続きを行いました。21日発送とのことですが、本日到着。

悪いこと(2)

現在、妻は中国製の50枚入りを、次男は7枚入りくらいのもう少し作りのいいものを利用し、私は再利用可能なマスクを使っています。

それにしても、50枚入り中国製マスク。

中国製は粗製濫造

こんな感じの粗製濫造で、すぐに紐が取れてしまうので、妻は常に2〜3枚一緒に携帯しています。ちなみに、私は今日のポタではこの穴あきマスクを使っています(苦笑)。

シャープ製が届いたのでしばらくは粗製濫造マスクからは離れて、シャープ製マスクをメインで使ってもらおうかと思います。私はライドだけで人と接する機会はないので、粗製濫造をなくなるまで積極的につかっていきますよ。

いいこと(2)

そうしたら、今度はこんなものが届く。

Rakuten Mobile
rakuten mini
rakuten mini

6月に長男の紹介で申し込んでいた私のRakuten miniが届いたのです。これで、4人分全部揃いました。

小さい

miniというだけあって、こんなに小さい。私は幸い老眼があまり進んでいないので特に問題はありませんが…。老眼が進むとちょっときついと思いますね。

ちょっとカメラ機能を比べてみようと思います。

iPhone 7Plus
iPhone 7 Plus
Rakuten mini
Rakuten mini
Olympus OM-D E-M10 Mark III
Olympus OM-D E-M10 Mark III

Rakuten miniは広角で明るいですね。色は転んでいます。解像度はOLYMPUS OM-D E-M10 MarkIIIと同じ1,600万画素で、iPhone 7 Plusの1,200万画素より画素数が多くなります。

Rakuten mobileは現在1年間無料。到着まで延びに延びた3ヶ月分はどうなるのか、よくわかりませんが、外でデータを使用する際はdocomoではなく、Rakutenの5Gを使うことでコストも抑えられそう。

いいこと(3)

次にNemesis用に用意した新しいフォークが来ました。

これだけ高さに差がある

左が今まで使ってきたマルゾッキ。1675g。右が新しいDT SWISSの120mm。リモート装置を加えて1710g。リモートがなければたぶん、DT SWISSのほうが軽いですね。

悪いこと(3)

でも。

スタンチオンに傷

残念なことにスタンチオンに傷がありました。オク文面には「傷はあるので写真をみてね」という感じで書いてありましたけど、この部分の写真はなかった。スタンチオンに傷があるという説明もないです。一応出品者に連絡しましたが、気づかなかったそうです。たぶん検品してから梱包まで時間があったんじゃないでしょうかね。

知らなかったものは仕方がないので、そのまま使うことにします。

それに、コラムの仕上げがひどすぎる。仕方がないので私のほうでカットしました。

コラムの切り口が斜め
コラムの切り口が斜め

コラムの切り口が斜め…というか、ボロカス。仕方がないので私のほうでカットしました。

悪いこと(4)

そして、今回の機会にシートポストをDVOの例の輸入品に変更しようとしました。でも、Nemesisでも高さが合いませんでした。これは無駄な買い物だった。

DVO GARNET

ということで、DVO GARNETは整理箱行きです。

いいこと(4)

早速、フロントフォークが変わったJamis Nemesis Teamを試しました。

右コーナー
左コーナー

道路を走り始めたとき、最初こそ違和感がありましたが、意外に曲がりやすい気がしました。

しかし、このSB山に入って間もなくは余裕を持った曲がり方が出来ていなくて、微妙な感じはしましたね。この2枚はNemesisでのコーナリング練習ですが、RizeやSB66Cとは違う曲がり方をしているのが分かりますね。基本的に両足を水平にします。もっと滑りやすくスピードが早い場合は、外脚を下に下げる形になりますが。

そんな感じだったので、やはり次回のフォークは100mmを買い直しかな、と思っていました。でも、いろいろなところを走って行くうちに、これはめちゃくちゃいいのではないか、と。

扱いやすくなったJamis Nemesis Team

ハンドル位置も多少は高くなったと思いますが、肩下が伸びたことで、同時にヘッドアングルが少し寝て、BBの位置が少しだけ高くなっているはず。それが幸いしたのか、細かい切り返しなどがやりやすくなって、基本的な操作性が高くなったような気がしました。ストロークが伸びた分については、結局今日も80mm程度しか使っておらず、今まで以上のサスペンション効果についてはもう少し激しく乗らないと分からないかもしれません。

ストロークは使い切らない

手で押した感じはスムースですが、初動は微妙にMarzocchiのほうがいいかもしれません。手元でロックアウトできるのは、盗難に遭ったRize Carbon 1号機以来で、なかなか新鮮でした。

最後に登り
最後に登り

最後にこの登り。ヘッドが高くなることでもしかしたら登りにくくならないか心配でしたが、2回登って同じように成功したので、たぶん問題ないと思います。

ううむ。Jamis Nemesis Team。なかなかすばらしいかも。これでトレイルで走るときに余裕が出来ているといいな、と思います。

悪いこと(5)

今日はiPhone 7 PlusとRakuten miniの2つで同時にStravaの走行記録を取りました。が、iPhone 7 Plusが正確に15km弱分の記録が取れていたのに対し、Rakuten miniはなぜか15kmを超えていて、終点周辺と自宅周辺が直線のように記録されていました。Rakuten miniのGPS機能は当てにならないようです。

ものすごく小さいので、もしかしたらポタの友はこれでもいいんじゃないか、と期待していたのですけれど。

悪いこと(6)

これまでのYETI SB66CのリアサスにはFOX FLOAT X2を装着していました。このリアサスは大変優れていて、下りの常設やハードトレイルの下りなどでは間違いなくいいと思います。設定も細かく詰めることができますし。

反面、普段乗りや近所のトレイルライドには過剰スペックで、登りセクション、下りセクションなどを任意に切り替えることができず、不便さを感じていました。私のような素人が簡単にセッティングの変更を楽しむ上では、CTDの切り替えなどのほうが望ましいところがたくさんあります。

実は、前オーナーよりFOX FLOAT X2と同時に、CTDをリモート操作できる、EVOLリアサスも受領済みだったりします。しかし、肝心のリモートレバーを止めるハンドルクランプボルトが欠品しており、なかなか換装ができない状況でした。古くなったハンドルグリップのボルトが合うのではないかと試してみたりもしましたが、それでも太すぎました。

ハンドルグリップのボルトがM4という径のようです。おそらくハンドルクランプに使われるボルトはM3という径ですね。これをホームセンターなどに探しに行こうかと思っていました。

いいこと(5)

でも、今回Nemesisのフォークを換装した際に、MarzocchiのケーブルガイドのボルトがM3らしいことに気づきました。これをハンドルクランプに適用してみると、ドンピシャ、でした。M3はゆっくりネットで探すことにして、今日はこのボルトを使わせてもらうことにしました。

フロント側のサグを25%、リア側を30%くらいに設定した後、改めて外に出てみました。

YETI SB66C

リザーバーが付かないFOX FLOAT EVOL。乗ってみてすぐにリアの作動感が増えたことが分かりました。リアの反応がまるでRize号のようで、本当に両者がそっくりな感じになってしまいましたね。

YETI SB66C

それにしても、リモートレバーの便利なこと。Rizeのように、手を下に回してレバーで切り替えるので十分、と思っていましたが、このようにリモートでの手元操作に慣れてしまうと、後戻りできないような気がしてきました。

YETI SB66C

今日はRizeのように走りが軽くて、本当に快適でした。平均速度も同日のNemesisでのポタを上回っていて、意外にこのバイク、早いのだなあと感心したりして。リモートレバーを含めても、多少は軽くなっているかもしれません。

リアサスがよく動くので、軽いポタでもリアサスを使い切ってしまうのではないかと心配になりましたが、以前のFLOAT X2ほどは使っていない感じです。

FLOAT EVOL

このバイクはブレーキも効きますし、かなり無敵な感じがしてきました。これでトレイルを余裕を持って走りたい感じですね。

悪いこと(7)

でも、NemesisのSRAM 11s ドライブトレインを使った直後にShimano 11sを使うと、やっぱりかなりのガッカリ感がありますよ。今日はちょうど、シフターがセカンドグレード、ディレーラーがトップグレードという、直接対決には持ってこいの比較なんですが、やはりShimanoの力が必要なシフティングには違和感があります。レバーの引きが重いのではなく、引っかかりが硬いのです。これはXTもXTRも同様なので、シフターをグレードダウンさせて、SLXを試してみようかとも思っています。

実はNemesisは内装ということもあってか、XTシフターを使っていたときは引っかかりが硬い上に引きが重く、最悪でした。XTRに変えても同様だったのでNemesisの責任が大きいのでしょうが、SRAMだとそれが気にならないのですよ。もしかしたら、RizeやSB66CでSRAMを使うと、Nemesisで使うより快適に感じられるのかもしれません。

いいこと(6)

妻が福島から帰宅するのが夜とのことで、今日も次男とデリバリー。

大判ヒレカツ丼

松乃家の大判ヒレカツ丼はとても肉厚で脂身が少なく、とても満足な量があります。今日はかなり早く届きましたし、本当においしく食べられました。

いいこと(7)

実家での仕事を終えた妻がご機嫌で帰ってきました。とりあえず、無事に日帰りできて良かったね、ということで。この時期、東京の人が田舎に移動するとなかなか白い目で見られることが多いそうで、ほとんど人に触れることなく作業を行い、サクッと帰ってきたようです。

いいこと(8)

昨日、富士通専門店「アクセス」さんから来ていた「キーボードの限定販売の案内を紛失しまってピンチ」になったことを書きましたが、今日改めて、携帯型キーボードのほうの案内が届きました!

Thumb Touch

公式Shopで注文したFMV-KB232は、今日、9/25到着予定である旨の連絡がきました。1-2ヶ月待つつもりでいたので、かなり安心しましたよ。現状、一番使えるキーボードがこのKB232ですから。とりあえずこちらはバックアップに回したいと思っています。

今回案内が来たThumb Touchはその半額くらいなので、複数確保しておこうかと思っています。

USB接続が今後なくならない限り、一生使える分のキーボードを確保できそうな様相になってきました。

これが今日イチで良かったことかも。

結果、悪いことが7個、いいことが8個で、いいことの勝ち!