階段

rize

昨日のトレイルライドで一番ダメージを受けている部分といえば、「首」。最近はほとんど軽いカスクをかぶっていて、ヘルメットを被ることが少なかったから、長時間の走行で首に疲労が残ったのかも。

軽く脚を回してリカバリーを図ろうと、今日はcannondale rize号でご近所を軽く流しました。

cannondale rize

最近習慣化しているSB山東側。無理にYETIやProphetのような曲がり方にせず、サドルが高いままの状態での曲がり方をすると考えた方がいい結果がでるようです。一昨日、Jamis Nemesisで練習し、昨日Nemesisなりの乗り方に少し慣れたこともあるためか、今日のSB山練習はとてもいい感触でした。右回り、左回りを10周ずつ走った後、いつものポタコースへ。

階段も調子がいい

Rize号はサドルを上げたままでも階段を通過できます。

根っこなんかも、ぬるっと抜けていく感じがすばらしい。

cannondale rize

走りの重さが解決できれば、昨日のトレイルもこのバイクを試したかったのですけれど、行き帰りがつらいだろうな、と。ドライブの交換やタイヤの選択など、工夫してみたいと思います。

それにしても、2日連続でSDカードを忘れるとは(苦笑)。今日もOLYMPUS OM-D E-M10 MarkIIIはただのお荷物になりました…。