YETI SB66C

YETIで速度を上げてみる

今日もなんだか体調が悪かったですね。

最近業務前や寝る前によく見る動画。

1週間ほど前に救出された子猫のその後が気になって、ずっとその後を追っています。救出時はかなりひどい状況だったのですが、UP主さんのケアでずいぶんきれいになってきました。サムネイルの右に見えるクロネコも以前、同様に救われたネコちゃんです。

さて、なんとか週初の仕事を乗り切って、ポタに出かけました。

今日の折り返し地点

なんだかAFターゲットパッドが大きく表示されて、以前持っていた、OLYMPUS PEN mini E-PM2のような感じになってしまいました。小さなAFターゲットパッドに戻したくていろいろ試みたのですが、ネットで探してみても決定的な解決方法が見つかりません。ポタも終盤になってようやく気づいたのは、デジタルズームモードになっていた、ということでした。そういえば、遠くから撮った割にはYETI号が大きく写っているなあ、という印象でしたが、もう仕方がない。

ただし、自宅に帰って確認してみると、RAWには本来の画角で記録されている、ということが分かりました。良かった〜。

というわけで、今日は遠目写真になっています。

YETI SB66C

ノロノロ走るとふらふらしがちなYETI SB66Cですが、ちょっと頑張って漕ぐとスピードが出て、途端に安定する、というかトレイルライドを彷彿とさせるような操作感を楽しめるバイクです。

SB山東側も当初は速度が上がらないためイマイチでした。それが、速度が出せるようになったことで、RizeやProphetを超えておそらく一番振り回しやすいバイクに変貌。このバイクで一度、GoPro撮影してみようと思います(まあ、すごいカッコイイ動画が多い中、ノロノロで恥ずかしいですけどね)。今日も暗い中を走ってみましたが、安心感が違う。

こういう乗り方をしたい場合、もしかしたら私に撮ってはSサイズも悪くないのかもしれません。YETIの場合は、Sサイズは私の身長適用外で、本当はMサイズがフィットするらしいですけど。

富士見のようにさらに高速になってくると、ProphetのSM比ではMサイズのほうが怖くなかったので、バイクによる可能性もありますね。RizeはSとMでそんなに変わらないかもしれない。

750mmハンドルは、小さめフレームだから良かったりする可能性もありますね。これを長いステムしか使えないMサイズのLeftyに使うと、前傾になりすぎる気がします。そういう設計のJamis Nemesisだと全然問題ないのですが。