YETI SB66C

路面コンディション改善

今日のお昼は久々にチャーハンを作ってもらいました。

チャーハン

私は大好きなんですが、妻と次男があまり好きではないらしくて、夕食に出ないのです。

路面は少し回復

今日の日中は降らなかったようなので、路面は少し回復していました。でも水たまりは残っていて、水たまりが消えた場所もぬかるみになっていました。この直線の一番奥の周囲は特にひどくていつまでもぬかるむので困っていたのですが、今日見たら工事が入ってきれいになっていました。もしかしたら、このへんの水たまりの場所も修復されるかもしれません。

ぬかるみではRizeはあまり滑らないのに、YET SB66Cは結構足を取られる感じがします。Rizeのタイヤはやはり優秀なのかもしれません。その分、平地では重い、とかあるのかあまり進む感じはしませんが。

長いハンドルに換えたSB66Cは、切り返しはすばらしい感じがしました。ただ、単独のカーブではRizeほど曲がりの半径が小さくない感じ。

SB山東側の練習は5周ほどで犬の散歩の人が来たので離れ、久々にSB山の西側を通りました。西側は多少上下があるので、凹んでいるところなどはぬかるんでいました。あと、出口の急斜面がつるつるで結構怖いです。

とりあえず、つるつるのSB山出口にて

こちらは昨年富士見に行く前に次男と練習したSB山出口。昨年、急斜面の途中で滑って頭から草むらに突っ込みましたし、暗くなってから通ることが多くなっているので、かなり慎重になっています。

YETI SB66C

この周辺で根っこのシングルトラックを連続して走る場合はRizeのほうが楽な感じがします。今日はYETI SB66Cのリアのハイスピード/ロースピードのコンプレッション/リバウンドダンパーを調整してみました。でも、よく分からない。FOX FLOAT X2の設定は難しいですね。どういうときにどういう設定をすれば正解に近いのか、まだ良く分かりません。平地では過剰スペックですかね。

さて、これからLefty機を集約するとして、どういう風にしようかな、と迷っています。prophetのドライブトレインをRizeとYETIのどちらに移すか。その場合、どちらに新しいドライブトレインを入れるか。あるいはYETIは10速キープか。

現在、12速化にも興味を持っていて、その場合は11速の出来からみてSRAMを選択したいと思っていたのですが…。

https://bike.shimano.com/ja-JP/technologies/component/details/new-tech-hyperglide-plus.html

HG+(HYPERGLIDE+)というのですね。この動画を見る限りShimanoの12速の技術もすごそうだな、と思いました。ただ、問題はMICRO SPLINE対応のフリーに対応するスプロケットしか見当たらないのですよね。

SRAMのほうは、旧シマノフリー対応の12速スプロケットも出しているので、古い26インチホイールで使用するには困ることがありません。もし、古いmavic 26インチホイールのハブをMICRO SPLINEに換えられるなら、Shimanoも選択肢にはなります。あとは価格帯か。

なす料理
たまねぎの肉巻きフライ

今日の主食。この他、普通にご飯とあさり汁、冷や奴が出ています。体重は減り始めていますが、それでも食べ過ぎだよなあ。