収集開始

現在すべての仕事を親指シフトキーボードで行っている私にとって、昨日の富士通さんによる親指シフトサポートの終了には大きな衝撃でした。

とりあえずFKB7628-801の新品を注文しようと思ったら、すでに生産終了品になっていたんですね。どうりでどこのサイトにも掲載がないわけだ…。唯一、ヤフオクに中古商品が1点のみ残っていたので今日は即買いしました。(確認しないまま即決しましたが、REV 03Aという新しいタイプのようです。ありがたい!)

FKB7628-801
FKB7628-801

これでFKB7628-801については稼働可能なものが3点、左半分が効かなくなっている部品取り用が1点になりました。

フルキーボードのFMV-KB232もバックアップがほしいのですが、取り寄せのみでどこにもないですね。コロナ明けに動く可能性はあるものの、新品が手に入るかどうかは現段階では分からないです。

FMV-KB232
FMV-KB232
FMV-KB611

KB232が手に入らない場合は、PS2タイプのFMV-KB611を追加するのもありかも。PS2タイプはヤフオクでもあまり金額は上がらないようですし。でも、これもすでに2台持っていて、この前身となるOASYS-V用のキーボードもありますので、3台は使用可能な状況といえます。コレに近いサードパーティのRboard ProがPC用2台、mac用2台(うち1台は未使用のまま)もありますが、mac用はうまく動かせない可能性が高い状況で、単なるコレクションとなっていますね。

PS2タイプでは、最も古い1994年購入のFMV-KB211も持っているので、私が生きている間に他が全部潰れてしまったらこれも延命させるかも。

これらを改造してくださるサービスもあるようなので、それも視野には入れています。

もう絶対に使わない親指シフトキーボードもコレクション用に1台ずつ残してはありますが、少し前に売却したんですよね。今思えばそれらも残しておけばよかった。

あと、どうしようかと思っているのがノートPC。

親指シフトキーボード
最近のノートPC用親指シフトキーボード

ただ、こちらはキーボード単体より価格が数倍高くなります。コロナで経済の先行きが不安な中、予算を取るのは正直難しいといえます。この持っているNoteもほとんど使っていませんし、ホコリをかぶるだけかもしれません。ちなみに交換部品のキーボードは購入してあるので、それにぴったり合う高スペックノートがあればキーボード交換もありです。

FMV-X8200 & FMV-BIBLO MC4/45C

これらは残してはいるものの、スペックが低すぎて現行のOSには対応していません。せめて左側のPENTIUM4マシンはなんとかならないものか。

富士通さんの今回の発表では、キーボードのほかに「OASYS」ソフトウエアや日本語入力ソフトの「Japanist」も消えるんですよね。私自身はすでに卒業してしまっていますけど、非常にいいワープロでしたし、IMEでした。