シンプルってすばらしい

SCOTT CR1 Team Compact(2009)
SCOTT CR1 Team Compact(2009)

放置していたJudge号を清掃し、悪天候で汚れたRize号とProphet号を洗車してそれぞれがなかなかきれいになりました。

しかしもう1台、放置状態で埃をかぶりつつあるバイクがあります。それはロードバイクのSCOTT CR1 Team Compact (2008)です。新しいバイクを迎える予定の中、この子だけ汚いままだとかわいそうなので、こちらも手を入れてやることにしました。

それにしてもロードバイクの構造はシンプル。清掃やメンテナンスがとても行いやすい。なのに機能的。いやあ、シンプルってすばらしいな、と思いました。

そして、軽い。Prophet号も軽量化しているほうで、とても軽いバイクだと思っていますけど、時々SCOTTを持ち上げるとロードバイクのその軽さに感動を覚えます。贅沢ですけど、このバイクのコンポーネントが盗難に遭ったBianchi ML3 Veloce Mix (2004)のものであれば、もっとすばらしいのに、と思ったりします。Campagnolo Veloceグレードのコンポーネントと、カーボンホイールが付いていました。あのコンポーネントであれば、このバイクは一気に7kg台前半になるでしょう。それを考えると、Cannondaleの最新XCバイク、Flashのフラッグシップが7.5kgというのはすごいですね。パーツの組み合わせによっては、6kg台にもできる様子です。

2件のコメント

  1. こんにちは・・そうでしたか。スイスではなくて、カナダ産ですか…(笑。
    困りますねぇ、Rocky Mountain Vertex とは・・・
    これまた、憧れのブランドではないですか。む〜〜〜、楽しみですねぇ。
    うちのKLEIN号も保安部品を取れば9kg台かな・・とは思いますが、
    カーボンモデルはもっと軽そうです。
    一度、TREKに付けているロルフ・ホィール+極細スリック仕様にしたんですが、
    めちゃくちゃ軽かったですね。(走行感覚、ですが)
    ただ、軽すぎて?ギア比が今ひとつになりまして・・・今は元に戻ってますけど。

    ↑)ロードバイクも良いですねぇ・・常に頭の片隅にあるんですが、
    こっちまで手を出すと財布の軽量化が問題に・・(爆。

    ともあれ、ニューバイクの試乗日記を楽しみにしていますよ。
    ※)そうそう、今度のテンプレート…見易くて良いです。書き込みも楽だし…。

  2. こんにちは。
    そうなんですよ。スイス産ではなく、カナダ産にしました。
    ショップでスイス産を見たときには、すでにVertexはカートに入っていたのですが、実写を見ると揺らぎますよね?

    > うちのKLEIN号も保安部品を取れば9kg台かな・・
    KLEIN号、軽いですね~。Vertex RSL 50は重量非公表のようですが、どこかのブログかなんかで10.4kgというのを見ました。タイやも2.1インチと、太いやつがついているし。ペダルをつけたりボトルケージをつけたり、実用時には11kgを超えるかもしれませんね。Prophet号とそんなに変わらないかも。
    ホイールが入門ホイールなので、これを交換するとだいぶ軽くなりそうな気がします。ハンドルやシートポスト、サドルなども換えたいですね。

    > 今度のテンプレート
    このポップな感じ、前から使いたかったのですが、タイトルが日本語だと縦書きになるので変でした。英語タイトルに買えてみてごまかしています(笑。

コメントは受け付けていません。