私たちの課題

志村けんさん。

まさかの訃報に大きなショックを受けています。普通に復活してくださると思っていました。

家族でバカ殿様を楽しんでいた私には今でもちょっと信じられません。死のイメージがどうしても「志村けん」に結びつかない。

だからこそ、志村さんの死は衝撃をもって捉えられたのでしょうし、それによって多くの人が新型コロナウィルスの恐ろしさを思い知らされたことと思います。さすがに、街角インタビューで能天気なことを言っていた人たちも。

志村さんの死を無駄にすることなく、私たちは真剣にこの問題に取り組まなくてはなりません。

「私は大丈夫」はありえません。その意識が、他の罪のない人たちを危険に巻き込むことになる、ということまで考えなくては。自戒の念を込めて。

志村さん、どうか安らかにお眠りください。