ロードにMTBに

通勤バイクをSCOTT SOLACE 30 2015に変えてみて感じたこと。

SOLACEはこぎ出しこそもっさり感はあるものの、巡航スピードがやたら速くて、Stravaの記録を振り返ると、これまでにSCOTT ADDICT R3やNeilPryde Zephyrで残した記録を次々と更新しています。

特に、通勤経路にあるスプリントエリアでは、ADDICTで出した記録をZephyrで更新するのに5ヶ月必要でしたが、それをSOLACEでさらに更新したのは通勤で使い始めてわずか1週間後でした。総じてスプリントはADDICT R3やZephyrには劣るかな、という感覚があるんですけど、実際の成績はそれとは違う、という感じです。

SCOTT SOLACE 30
SCOTT SOLACE 30

勤務先の駐輪場によく停まっているSCOTT SOLACE 30 2014と並んで。奥のバイクは、私がSOLACEを選択するのに少なからず影響を受けたバイクです。持ち主の方にお目にかかったことはないのですが、乗ってみたら想像以上にいいバイクだったので感謝しています。

ADDICT R3を2014年に入手したときは、その想像を超えた加速感に一撃でノックアウトされ、以後お気に入りバイクとなりました。

Zephyrはそのポジションに慣れるのに相当時間がかかったうえ、腰にかかる負担に不安が残ったこともあって、ADDICTのように「お気に入り」というわけには行かなかったと思います。

そして今回のSOLACE。乗り始めは足かせをしたような重みがあったので、ADDICTのときのようには興奮しませんでしたが、ホイールやサドルを交換して、1-2週間乗ってみると、Stravaのアチーブメント(過去の自己記録の更新や、上位3位までの達成を表示する機能)が次々と達成されているので本当にビックリ。特に、先に述べた「スプリントポイント」でZephyrが2週間前に塗り替えたばかりの記録をあっさり更新したときには、意外な感じがしました。

Strava画面を見るのが楽しみになる、SCOTT SOLACE 30 2015
Strava画面を見るのが楽しみになる、SCOTT SOLACE 30 2015

Zephyr同様、エンデュランス・レーシングモデルなので、ある意味当然の性能なのかもしれません。でも、前2台よりコンフォートで乗り心地がいいし、重量も増えたこともあってそんなに速くは感じられないのです。なのに、実際にはより短い時間で移動しているわけで。今までにない感覚の不思議なバイクといえます。

Zephyrを使った経験から、私にはエンデュランス・ジオメトリは合っていないかなあ、とも思っていましたが、54 Mサイズがよかったのか、このポジションにすぐに慣れました。Addictや、特にZephyrで感じた、腰の奥に残る痛みが今のところありません。だから、長い時間、高頻度に乗れるのだと思います。

おそらく、ZephyrもMサイズを選んでいたら、反応がいいバイクということもあって、早い段階で気に入っていた可能性がありますね。

SCOTT SOLACE。これだけ信頼できる性能を持っているなら、現在のドライブトレインをグレードアップしてみたくなってしまいま……いや、まだShimanoがいいのかCampagnoloがいいのか、はたまたSRAMという選択肢もあるので、性急な判断は禁物ですね。

久々のProphetで
久々のProphetで

さて、今日は雨天だったので、遠出は諦め、自宅でゆっくりしていたら昼寝が長くなってしまいました。ということで、宵のライドです。

ここのところロードばかりなので、久々にMTBに乗りたくなりました。久々のProphetはリアタイヤのエアは抜けていましたが、フロントは大丈夫でした。

今日はあまり時間がないため、iPhone 7 Plusのみ持って出かけましたが、ミラーレスと比べるとさすがに暗所は弱い。

この階段もずいぶん久々ですが、今日は最初に前輪を落とした瞬間にハンドリングが結構不安定になって、若干不安がありました。リアタイヤに若干エアを入れすぎていた感があったので、このあと若干、リアのエアを抜きました。リアサスのSPVを解放するのも忘れていたので、そのへんの影響もあったかもしれません。

紅葉は
紅葉は

昨年、一昨年と、12月上旬が紅葉のピークでした。今日はもう暗いので、色づきがよく分からなかったのですが、ピークには達していないようにも見えますね。

乗り心地に優れる現在の設定のProphet
乗り心地に優れる現在の設定のProphet

今日は脚回しが目的だったので、ゆっくりと18kmほど走りました。現在のProphetは、とても乗り心地がよく、快適です。

明日は天候が回復するようで、何らかの自転車活動をするつもりですが、M Trailで転倒した際に強打した股関節と右肩の調子は未だに良くなく、特に股関節はまだ心配なので、トレイル復帰は時期尚早かもしれません。もう一回転けたら、ちょっとまずそうです。

2件のコメント

  1. こんばんは〜です。

    Zephyrもカッコよかったのですが、最新のデザインで独特の形状は賛否が分かれるかも…。
    SOLACE 30は(以前にも書いたのですが…)見た目にもバランスが取れているようで、
    妙に安心感があると言うのか・・スッと乗り出せそうな感じがしますねぇ。
    出先の駐輪場=何となく、某所のショップみたいな(笑)向こうさんも親近感を
    抱いているかもしれませんよ。(お顔合わせはまだなんですか? (^o^)

    Prophet号も調子が良くて何よりですね。今日はまずまずのお天気だったと思いますが、
    まさか・・・多摩湖周回とか、なさってないですよね? ( ̄ー ̄)ニヤリ

    1. sadaさん。早速ありがとうございます!
      Zephyrは、他でまずかぶることがなかったので、それなりに気に入っていた部分はありました。
      フレーム設計もいいようで、剛性が高くてすごく進む感じはありました。フレームが少しだけ小さいので、リーチのあるハンドルを使ってバランスが取れていたのかもしれませんけど、最後までフィット感が得られない感じでした。

      SOLACEは乗り出しから感心した、というわけではなかったですけど、1週間くらい乗ってみて「このバイクいいんじゃないか」と思い始めました。
      ロードはSサイズと思い込んでいました。まさか、大きめのMサイズがフィットするとは…という感じです。大きめなら、ハンドル位置を多少高くできる、というのもあったかもしれませんが、腰や頸への負担がとても小さいように感じます。

      駐輪場のSOLACEオーナーの方は私より早く出社されて、遅く帰られるようで、なかなか揃うことがありませんでしたが、金曜日はこちらのほうが遅かったので、初めて認知していただけたかもしれません。

      というわけで、最近はエンデュランス・ロードも面白くなってきました。でも、やっぱりProphetに乗ると、MTBはいいなあ、と思いますよ。いろんなところを寄り道して楽しめますし。
      多摩湖は当初、次男と行く予定で動いていました。次男の予定が急遽変わって、今日は多摩川サイクリングロードの一部を軽く走る計画に変えました。
      次男のペダルを軽いものに変え、サドルの高さを係数から割り出して、初心者向けの高さに設定し直し、ボトルケージも付けました。かなり乗りやすくなったようで、遅れることなく付いてきてくれました。誰かと一緒に走るとロードもそれだけで楽しくなります!

ただいまコメントは受け付けていません。