初乗り

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
元旦から親戚の再入院があったりして、バタバタしていたのですが、少し落ち着いたので今日もまた長男を連れてMTBで近所の公園などを走ってきました。
年末にチャレンジした下り坂ももちろんコースに入っています。今日は動画にしてみました。

ちょい下りチャレンジ

動画に映っている1回目と2回目は、長男はGaryFisherのハードテールバイクでチャレンジしました。今回は私の乗っているフルサスペンションのバイク、Cannondale Prophetのにも乗ってみたいということで、2回ほどチャレンジしてみました(動画はその1回目)。Sサイズになるとさすがにバイクが大きくなるし、サスペンションの設定は私の体重72kgに合わせているので(しかも、メーカー推奨設定値で乗っているので少々硬め)、145cm/31kgの長男だとメリットは感じにくかったかもしれません。それでも、ふわふわした感じがするとのことでしたが。

その後、長く続く緑地公園を走りましたが、長男が「プチ崖」のところに行ってみたいといいだしました。そこは公園の一角に民家が収まる形で数メートルへこんだ場所のことなのですが、一応道ができていて、そこはMTBであれば普通に走ることができます。しかし、そこを走った長男はその道の脇にある崖っぽいところから降りたいと言い出しました。本当にちょっとした崖で、2005年夏に走った野沢DHマラソンの激下り部分の規模を小さくしたようなものです。あのときはもう、バイクから降りて滑り台のように滑り落ちるしかなかったのですが、このプチ崖も斜度では同等ですし、凹凸もかなりあるため、ちょっと無理かな、と思いました。もうかなり暗かったですし。ただ、その少し横の部分は凹凸が少なく、斜度も少し緩いので一度そこから降りてみることにしました。
やってみると、これはラクでした。それを見ていた長男もチャレンジし、同じ場所で問題なくクリア。スピードが出てとても気持ちがいいとのこと。これを長男にやられてしまったら、私は最も斜度のきつい、凸凹のある場所で降りてみるしかないですね。
最も斜度がある場所に移動して、チャレンジしますが、1回目は迷いがあったのでいったん後退して、2回目はそのまま止まらずに進入しました。するとバランスを崩したり滑ったりすることもなく、意外にあっさり下れてしまいました。現在、Prophetの設定はXCポジションにしてあり、ヘッドの角度は69度。普段山やMTBコースを走るときのFRポジションは67.5度ですが、なんだか、今日の設定のほうが接地感というのか、安定感がありました。ちょっと意外でしたね。

プチ練習は着々と進んでいます。1月中にSCOTT RANSOM 40のほうで山やMTBコースを走ってみたいと思っています。