段差下り

家族行事

土曜日。先週の復習をしたいという次男の誘いで、少しだけ近所の公園へ。

段差の練習
段差の練習

富士見では、段差だけは克服できなかったということで、近所にあるいくつかのセクションを選んで練習しました。

とりあえず、この高さでも前輪を落とせるようになりました。さすが10代ということで、MTBをはじめたころの私と比べると覚えは早いと思います。

ユナイテッドシネマ豊島園
ユナイテッドシネマ豊島園

夕方からは家族で映画鑑賞です。本当は、ターミネーター ニュー・フェイトを見たいところでしたが、日本公開は11/8からのようです。

ターミネーター ニュー・フェイト
ターミネーター ニュー・フェイト

これをみると、主役はリンダ・ハミルトンさんなんですかね。予告動画を見ると相変わらずカッコイイです。この人。

ターミネーターは無理なので、この日選んだのは…。

ジェミニマン
ジェミニマン

ウィル・スミスが若き日の自分と共演? ということで興味を持っていましたが、私の場合は次の動画を事前に見たのが、この映画を選んだ決定的な理由といえます。

「燃えよドラゴン」のジム・ケリーさんのアクションシーン、顔がウィル・スミスさんに置き換えられています。なんと、今はこんなこともできる時代なんですね…。これは、リー先生を「俳優として」復活させることもできるのではないかという気がしました。ただ、リー先生の場合は、アクションシーンの吹き替えが難しいか…。

さて、ジェミニマン。今回は4DX2Dでの上映を選びました。映画館で吹き替え版を見るのはたぶん初めてですが、座席が揺れる4DXの場合は字幕を見ないで済むのもいいんじゃないかな、と思いました。

4DX
4DX

以前、「アベンジャーズ/エンドゲーム」でMX4Dでの映画鑑賞した体験はあったのですが、今回の4DXはちょっと次元が違う感じがしました。画面と動きが合っていてかなり自然であり、ミストの発射も肘掛けではなく、前の座席から発射されるので勢いがすごい! そよ風や後ろから吹く風の強さ、熱感など、4DXのほうが「ハッキリして」いましたよ。

残念なのは2Dだったこと。MX4Dのときは3D映像だったこともあって、より没入感があったような気がします。

また、ジェミニマンは4096 x 2880の規格なのか、16:9に近いサイズに見えました。IMAXにも対応しているので、撮影は縦にも長いはずですが…。映画館なので、シネマスコープサイズで見たかった気もしました。

ターミネーター ニュー・フェイトは、4DX3D、字幕版で楽しんでみたくなってきました。ただ、どの劇場で上映されているかはタイミング次第。場合によってはIMAX3Dになってしまうかも。

ジェミニマンはまだ、公開後間もないはずですが、18:25の回、4DX吹き替え版を鑑賞していた人は数組だけでした。ゆったり見られたのはいいけれど、座席ががら空きで元が取れているのか少し心配になりました。ジョーカーやITに観客を取られているのかも。

あるいは、アトラクションよりも字幕版を選ぶ人のほうが多いかもしれません。私の場合は、女性キャストの声がかわいすぎて聞き惚れていたくらいなので、吹き替え版にも満足です。あとで、この声が菅野美穂さんだったと知り、なるほどなあ、と納得しました。

バイクアクションのところは、本当に迫力がありました。私にとっては、ここが一番の見所だったかも。

途中からのストーリーは読めましたが、ウィル・スミスさんの演技はすばらしいですし、「人間」が描かれているのはよかったと思います。

1日空けて本日、日曜日は3連休の中日でしたので、2日連続になりますが家族でともに行動することになりました。妻がなぜか行きたがっていた、井の頭恩賜公園までサイクリングにて。

MTBでの移動
MTBでの移動

MTBでの移動なので、途中途中でセクション練習しながら進みます。段差にもだいぶ慣れて、今日は肘にもかなり余裕が出てきています。動画だと、私よりずっとやわらかく、滑らかに通り抜けていました。

玉川上水
玉川上水

玉川上水でも寄り道を。富士見ではあんなに曲がるのに苦労していたのに、今日は私よりスムースに曲がっていました。このペースだと、来年には抜かれてしまいますね。…彼が飽きなければ(笑)。

三鷹の森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館

途中、三鷹の森ジブリ美術館を経由。

このロボットくんも間近で見てみたい
このロボットくんも間近で見てみたい
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
Jamis Nemesis Team
Jamis Nemesis Team
YETI SB66CとCannondale Rush
YETI SB66CとCannondale Rush

Cannondale Rushは妻が乗るので、次男はYETI SB66Cを復活。今日はこのSB66Cがとても乗りやすかったそうです。サドルを一番下まで下げなくてもコントロールできるようになっていました。

私と次男はここから
私と次男はここから

これは2010/05に撮影した写真ですが、私と次男はここから下ります。9年経過した今日はもう少し段差が大きくなっていたように思いますが、一つ一つきちんと段差の処理をしないと危ない高さではあります。写真ではちょっと分かりにくいですね。次男も私の真後ろを普通について来ていました。富士見で10cmの段差も難しかったのがウソのようでした。

この公園には1箇所、3段階の段差がある、普通に下るのは少し難しい急斜面があります。ここも次男は成功しました。横についていたので写真などは撮れませんでしたが、妻によれば私より次男のライドのほうがカクカクしないでスムースに下れていたとのこと(苦笑)。まあ、エンデューロバイクとピュアXCバイクの差、ということにして置きましょう。でも、横から見ても全身の力が抜けているようで、滑らかで滑るように下っていました。これが富士見でできていればなあ。本人もそれが悔しいのか、富士見には行きたがってますね。今シーズンは明日で終了ですが。

このセクション、写真を探してみているのですが、見つかりません。確か、いつも撮影しようと思うと、人が写り込むので遠慮したのだったと思います。今日は人がいなくて、シャッターチャンスはいっぱいあったと思うのですが、残念。

YETI SB66C
YETI SB66C

いずれにしてもこのバイク、今日は「すごく乗りやすく感じた」そうです。しばらくは次男用になってしまうのか…?

帰路は少し雨が降り始めましたが、武蔵野園さんにつくころには回復。ここでカレーパン、ポテトフライなどを注文しました。

武蔵野園さん前で最後の休憩
武蔵野園さん前で最後の休憩
今日活躍の3台のバイク
今日活躍の3台のバイク

今日活躍の3台のバイクたち。また家族で出かけたいですね。願わくばふたたびここに長男が加わってくれれば。現在福岡在住で、赴任後1年が経過するところですが、本当に忙しそうなんですよ。次男がMTBうまくなっていてビックリするかも?

段差の登りもOK
段差の登りもOK

帰宅直前に、段差の登りも、ということで練習してみたのがこちら。前輪は最初から上がっていました。後輪は若干引っかかりが強いですが、3回目くらいには登れるようになり、以降何回登っても失敗しなくなりました。

私の場合は数年前に練習するようになって、しばらくは失敗率が高かったと記憶しています。これなら、私よりはずっと運動神経が良さそうです。高校サッカーも引退していて、以後どのような形でスポーツに関わっていくのかは具体的には分かりませんが、運動能力を広げる上でMTBの練習はいいと思います。

これからも一緒に練習しましょう!

 

2件のコメント

  1. icofitさん、おはようございます!
    家族でMTB!凄く羨ましいです^ ^
    楽しそうな雰囲気が伝わってきました。
    僕の方はロードで二人で走ってますがいつか家族が増えた時にでも家族でMTBやってみたいですね〜。

    1. いしさん。こんばんは!
      いしさんのところが、仲良くライドされているのを見て、逆にうらやましいと思ったりしてました。
      琵琶湖一周なんて、誘っても絶対に来てくれないですから(笑)。
      MTBも、本来は遠出して、トレイルとか走れればいいんですけど、どうしても近場になってしまいます。
      次男は近いうちに、多摩あたりのトレイルに連れて行こうかと思っています。彼も忙しくはなると思いますが、できればまた来年、富士見に行けたら嬉しいですね。

ただいまコメントは受け付けていません。