文化祭2019

最後の文化祭

次男が通う高校で文化祭が行われる、ということで妻と一緒に自転車で出かけました。

次男の高校の文化祭へ
次男の高校の文化祭へ

こうやって子供の行事に参加するのも残り少なくなってきました。あとは高校の卒業式くらいか。上の写真の場所は、結婚して間もない頃に住んでいた場所のごく近所。時の流れの速さに改めて驚く次第です。

今年は全体的に力が入っていたような気がします
今年は全体的に力が入っていたような気がします

一通り全部の催し物を眺めてみたのですけれど、今年は一昨年、昨年よりも力が入った催し物が多かった気がします。次男のクラスはたこ焼きでしたが、昼過ぎに訪れた際には多くの人が並んでいました。

会場外側の看板
会場外側の看板
巨大なたこ焼きのオブジェ
巨大なたこ焼きのオブジェ

壁全体に青く塗られた段ボールが貼り付けてあり、準備に相当時間がかかっているものと思われます。中には大きなたこ焼きのオブジェまでも。

少し小さめのたこ焼きが6個。150円。
少し小さめのたこ焼きが6個。150円。

ソースを塗ったり、鰹節や青のり、マヨネーズはセルフサービスだったので、見てくれは今一つかもしれませんが、これがとても美味しくて驚きました。

次男のクラスだけではなく、他も同じように今年はさまざまな装飾の工夫などが見られ、全体的に楽しめましたよ。

もうこうやって子供の文化祭に参加するのも最後です。そう思うと本当に寂しい。今になって、私の親の気持ちもようやく分かりました。世代交代は繰り返され、きっと私の子供たちも同様に感じることがあるのでしょう。

自宅に戻って少し休んだあとは、普段通りにポタリングへ。

NeilPryde Zephyr
NeilPryde Zephyr

昨日、サドルを少し厚みのあるFizik(フィジーク) ANTARESに交換したので、試し乗りをしました。

多少、振動のダイレクト感は軽減されるようです。

このフレームに変えてから、腰にかかる負担が大きくなりました。前傾は少なくなっているのに、たぶん腰が丸まってペダリング時に痛みが生じるようになっているのだと思います。体の負担を小さくするためにScott Addict R3からNeilPryde Zephyrに変えたのに、逆の結果になるとは。

改めてフレームを変えたいという気持ちになっていますが、試乗しないで買うのはリスクが大きい気がし始めています。次男が大学に入って(入れるのか)、家庭経済が安定するまでは難しいですが、余裕が出来てきたら改めてショップでポジションを出してもらって、完成車を買おうかなあ…と考え始めました。MTBでは何台も乗り継いだCannondaleを初めてロードに採用するのもいいかなあ、と思ったりして。

Rossin Ghibli
Rossin Ghibli

今日は久々にMさんにお目にかかりました。また、私が見たことがないバイクが(笑)。Rossin Ghibliというのでしょうか。イタリアのメーカーだそうです。

ちょうどいい機会だったので、Zephyrと乗り比べてみました。Zephyrがクロモリフレームを意識したものだと言われているからです。

Rossinのこのバイクはクロモリでもかなり硬く作られているそうであり、なるほど、Zephyrの「プリプリ感」と似ている感じがしました。ただ、素材そのものの重さによって、Rossinのほうが安定している感じがありましたね。

独特のチューブ加工により剛性が高い
独特のチューブ加工により剛性が高い

Mさんによれば、クロモリが一番疲れないそうです。同じ距離を走ってもチタンバイクは明らかに疲れを感じるとのこと。

人間と鉄との付き合いは長いので相性がいいのか
人間と鉄との付き合いは長いので相性がいいのか

Mさんのバイクは全部ポジションが統一されているので、各バイクの姿勢の違いによる影響を排除できるので、素材の違いの見極めがしやすいようです。

人類の鉄との付き合いは長いので、いろんな意味で相性がいいのかもしれませんね。

私も次はクロモリかなあ。

2件のコメント

  1. こんばんは〜です。

    ありゃ・・ちょっと前に、”昨年の文化祭日記”とか拝見したような記憶が・・(?)
    もぅ『光陰矢の如し』のレベルでは無くなっておりますね。
    この分だと、アッという間にジジィ・・(ピー!断線中

    赤いタコに見えますが)なぜか”タイヤキ”? とか、巨大なたこ焼きのオブジェとか・・
    いやぁ〜上手く作ってあるなぁ! 自分の時代よりも気合が入っているような気がしますね。

    それにしても、お元気ですねぇ! 今朝、少し遠出したら軽い熱射病? で、半日アウト。
    夕方、やっと回復しましたが・・今年の夏はホントにダメでした。

    >Rossinのロード
    カラーリングもユニークですが、フレームの潰し加工も面白いですねェ。
    コルナゴみたいに十字型? みたいですが、深めのカーボンリムとの相性も計算されているのか…。
    うーん、スチールフレーム>一生モノだと思えば、欲しい気も・・あ、サイズが鬼門だったか(沈

    1. sadaさん。こんばんは!
      本当に月日が過ぎるのが早くて、最近は怖くなるくらいです。
      確かに、前回の文化祭もつい最近だったような気がしてなりません。

      > たこ焼き → たいやき
      あ、ホントだ! 今気づきました(笑)。
      次男に確認したところ、わざと狙ったものなのか、間違えたものなのかは分からないみたいです。
      来場したお客さんの中にも混乱された方はいらっしゃったそうで…。私は全然意識していませんでしたよ(笑)。

      今年は確かに、軽い熱中症ではないか…と思うことが何回かありました。外ではなく、室内で仕事をしているときに、空調があまり効かなくて、だんだん頭が痛くなってきたりふらついたり目眩がしたり。
      台風が過ぎたあとはまた暑くなりそうですので、お互い気をつけましょう。

      そういえばMさんが、RossinはColnagoの技術者がColnagoを抜けた後に作ったもの…と言っていたような気がします。また確認してみよう。
      思ったりよ硬くはあるんですが、その点でも私のZephyrに似ていたような気がしました。
      どうも腰が痛いので、ポジションが合っていない感じがしてなりません。Zephyrは短命に終わりそう…。

ただいまコメントは受け付けていません。