Cannondale Prophet 2000

神!

昨晩、夜中の2時くらいまで、バイクの整備作業を行っていました。

ドライブトレインをフルSRAM化
ドライブトレインをフルSRAM化

まずは、Jamis Nemesis Team。ドライブトレインをようやくフルSRAM化しました。内装ケーブル通しは時間はかかりましたけど、途中でコツをつかんで何とか成功。

SRAMのチェーンを使うのは初めてかもしれませんが、変速を試していると純正のコネクタが壊れてしまいました。このため、今回はコネクティングピンで直接つないでいます。

XX1リアディレーラー
XX1リアディレーラー

実はこの時点ではケーブルの取り回しに失敗していて、正常に動きませんでしたが、今日の午前中に正常化。無事に乗れるようになりました。SRAMのリアディレーラーは複雑な作りですが、ケーブルガイドが滑車になっていてかなりスムースな印象です。

XOシフター
XOシフター

いやあ。本当にいいですよ。SRAMのセット。

乗ってみた感じでは、11速同士ではShimanoのセットよりレバータッチがはるかに軽く、操作しやすい感じがします。Shimanoも9速XTRまでは最強だったのに、なんで11速であんなカチカチ変速になってしまったのでしょうか…? 特にNemesisのような内装式だと、レバータッチも極端に重くて。

ただ、前に一時的に用意したShimanoのM7000系については、後発というだけあって、11速もかなり改善されていたと記憶しています。なのに、トップグレードのXTRはどうも今一つな感じが否めません。今後YETI SB66Cを11速化以上に組み替える場合は、SRAMを選ぶことになるでしょう。

こちらはShimano仕様
こちらはShimano仕様

Prophet号は、クランクこそSRAMになりましたが、シフター、ディレーラーともにShimano XTRです。シフターは、Nemesisに付けようと思って取っておいた新品で、リアディレーラーはNemesisで利用していたものです。

期待したXTR同士の組み合わせなのに、SRAMのセットと比べるとかなりレバータッチが重い印象です。シフトアウター受けのパーツがひとつ足りなかったため、今回はフルアウターで組んでいる影響もあると思いますが、XTR9速のスムースさを知るだけに、残念です。

46T + XTR
46T + XTR

XTRの標準コグが40Tということもあり、このZTTOの46Tにはかなり不安がありました。でも使ってみると問題なし。

このZTTOカセットは、純正XTRの半額にすぎません。でも、40TのXTRが331gなのに対し、46TのZTTOは359gで30gも変わらないです。十分すぎるかなあと思いました。なんか、カメラレンズがフリンジを起こしているような色ですが、カメラは正常ですよ。念のため。

Manitou Swinger 3-Way Air 2007
Manitou Swinger 3-Way Air 2007

リアショックは売らずに残しておいた、Manitou Swinger 3Way Air 2007を流用しました。先だって売却した2007型フレームから取り外しておいたものです。ManitouのショックはこれまでProphetで何個か使ったことがありますが、中間くらいでクキッと感じることがありました。この2007年型もちょっとクセは感じますが、Prophetにとっては一番いい組み合わせでしょうから、故障するまでこのまま行くつもりです。

Cannondale Prophet 2000
Cannondale Prophet 2000

そして、今日はこのCannondale Prophet 2000でのポタリングです。いやあ、すでに懐かしい! Lefty 1.0は久々に乗ると、かなり「クセ」を感じますね。こぎ出しで変に前輪が振られるというか。この感覚は、Lefty 2.0ではなかったのですが、Lefty 1.0は軽すぎるのかも。

Lefty Max 140 Carbon PBR 2010
Lefty Max 140 Carbon PBR 2010

なにせ、私が所有した歴代のLefty Maxの中で、このLefty Max 140 Carbon PBR 2010は最軽量だそうで、1,200g台を実現しています。Rizeとともに盗まれたXLR 2012も同等品でしたが、リモートキットの差分で1,300g台でした。それでも軽すぎか。

信じられない位走りが軽い
信じられない位走りが軽い

Prophetは他のバイクと比べて走りが軽い印象がありますが、今回フロントに2.5インチのDHタイヤを履かせてすら軽く感じるのはやはりすごいと思います。

楽です
楽です

Prophetでもこの階段は楽です。さすがにYETIのように「楽すぎる」とは言いませんけど、DHタイヤということもあるのか、このProphet 2000も安定感はありましたね。アメリカから送られてきた時点で120psiほど入っていたようでしたので、これを100psiほどに減らしたら、より滑らかになりました。

やはり倒立式でベアリングが入ったLeftyシリーズは動きがいい。路面追従性もバッチリな感じでした。

登りはやっぱりダメだった
登りはやっぱりダメだった

この登りはProphetに変えてもやっぱりダメでした。100mmの上向きにしたステムだと、かなりハンドル位置が高く感じられ、前輪が浮く感じがします。

ただ、ちょっとブレーキを引きずっている感があり
ただ、ちょっとブレーキを引きずっている感があり

また、リアブレーキはちょっと引きずりを感じたので、改めて見てみると、片側がディスクに触れている感じです。インターナショナルマウントだとこんなときが大変。本体との間に噛ませるシムも持って来ていないので、いったん自宅に帰り、調整することにしました。

リアブレーキを調整して、ステムをひっくり返し…
リアブレーキを調整して、ステムをひっくり返し…

とりあえず、シムを噛ませてブレーキパッドの不要な「当たり」を解消しました。ついでに、ステムをひっくり返して-5度に設定し、鬼ハン気味だったハンドルを少し寝かせてグリップ位置を低くしています。

逆さまでも違和感なし
逆さまでもさほど違和感なし

ステムを下向きにしてみましたけど、さほど違和感はないですね。若干低すぎるような気もするので、本当は0度、90mm位がちょうどいいのかな…。60mmとか80mmが使えればいいのですが、Lefty 1.0は基本的に90mmが最短です。Headshok用の40mmを25.4mm系のハンドルで組んだことはありますが、最近は25.4系ハンドル自体がめずらしく、なかなかいいものが見つかりません。

ブレーキの握りを調整したり、サドルの高さを調整したりしながら、改めて上流のほうまで。ちょっと小高くなった丘を走っていると、右ブレーキがなぜかスカスカになっていることに気づきました。なんで?

あああ〜!
あああ〜!

あああ〜! なんてこと。ブレーキの遊びを調整するためのブッシュ+スクリューボルトが抜けてしまっています。私が調整のときに緩めすぎたみたいで…。余計なことをしてしまった。

探そうにも、落とした場所はこんな場所
探そうにも、落とした場所はこんな場所です

探そうにも、落とした場所はこんな草むら。この写真に移っている倍以上の広さが捜索範囲となります。頑張って小一時間探しましたが、小さな黒いパーツ群を見つけることはできませんでした…。

最近、本当にツイてないんです。いろいろと。ここでこんなことがまた起こるなんて、ツキがなさすぎると思いつつ、ネットで保守部品を探しました。残念ながら、eBayなどに過去に置いてあったようですが、売り切れ。

今回、バイクを組み直すために必要だった、SRAMシフター用の取り付けパーツやリアコグなど、ずいぶん待ちました。今回、稀少なキットを見つけられたとしても「また1ヶ月待ちコースか〜」とふてくされながら帰路につきました。

でも、将来的には「NemesisをSRAMで統一」「ProphetをXTRで統一」と考えていたこともあって、その計画を早めればいいか、とコロッと方針転換。NemesisからXTRブレーキを移し、Nemesis用にSRAMのブレーキを手に入れれば解決なのです。

そこで、一連の公園のまん中付近まで到着したところで某オークションページを開くと、一番目にSRAMブレーキが出てきたではありませんか。最近、SRAMブレーキの入札で何回も負けてましたけど、これは即決できました。この意味では、ツイていたのかもしれません。

一気に支払手続きまでしたあと、思いついたのが、自宅のMagura箱の中身について。Prophetに装着したMagura MartaはMさんから買ったんですけど、その際にMさんがいっぱい保守部品を付けてくれたのです。まさか、ないよなあ…と思いながら自宅のMagura箱を漁ってみると、大量のおまけの中に、あるじゃないですか! “Magura Marta Lever bushing kit reach adj screws”のセットが!

Mさん、神だ…。

直った!
直った!

無事に直りました。

SRAMブレーキ、まだなくても良かったけど、あのタイミングで見つかったものなので、何かの縁でしょう。近いうちにまた、パーツの組み替えを行いたと思います。

2件のコメント

  1. こんにちは・・ありゃ? もぅProphet 号ができてるでは・・(早ッ!
    虹色のリアコグ、いや〜カッコいいですねぇ! へぇ〜、社外品でこんな物があるとは・・。
    性能的にも問題ないんですよね。これは一つ欲しい・・あ、ウチはまだ旧型9速仕様だった(沈
    緑ハンドルに赤ブレーキの差し色もいい感じですよね。む〜、【神】仕様なわけだ…。
    マグラ・ブレーキのパーツ落下事件は(大変失礼ながら…)
    ちょっと吹いてしまったのですが(スイマセン!)お仲間のお蔭で事なきを得たようで、何より。
    やはり、『持つべきものは・・』ですね。良かったです。

    それでも、新型のSRAMブレーキ=いやー、コッチも楽しみですね〜。
    おっしゃる通りで、ネット探しもなにかのご縁・・なのでしょうね。
    コッチはとうぶんの間はまだ現状仕様ですが(苦笑)ボチボチと嗜んでゆきたいです。

    1. sadaさん。こんばんは!
      Jamis Nemesisからドライブトレインを移すことが前提だったのですが、Nemesis側で使うスモールパーツがなかなか揃わなくて。日本に在庫がなく、中国からの輸入が多く、揃うまで1ヶ月以上かかりりました。
      もう少し時間がかかるだろうと思っていたので、思ったよりは早い仕上がりになりましたね。
      虹色のリアコグは、XTRと組み合わせても全く悪くなく、問題なしです。
      あとはステムをもう少し短くしたいところです。100mmはちょっと長いかな。ロードでも90mmですので。

      マグラのパーツ落下、笑ってしまいますよね(苦笑)。よく考えたら、ボルトのほうはもっと早い時期に落ちていたはずで、5km以上の距離を探すのはいくら何でも無理。まさか、そういうスモールパーツまで渡してもらっていたとは、Mさんが神に思えました。

      結果的にSRAMのブレーキを手に入れることになるんですが、ずっと探していて、オークションでも負け続けていたので、今回は良かったな、と思っています。パーツなくして落ち込んでいるタイミングでの出逢いでしたし。

      預言者にはsadaさんのRize号と同じ、crosstrailを入れてみましたが、このホイール、かなりいいですね。今後に期待が持てます。

ただいまコメントは受け付けていません。