横浜アリーナ

J-WAVE LIVE 20TH ANNIVERSARY EDITION

たまには家族サービスもしなければ…ということで、

J-WAVE LIVE 20TH ANNIVERSARY EDITION

の初日のチケットを4枚購入しました。

長男もこのライブ参加に向けて福岡から駆けつけてくれました。しかし、彼は朝から体調不良だったらしく、横浜アリーナまで出かけられるようなコンディションではなさそう。本当に残念ではありましたが、妻、次男、そして私の3人で出かけることになりました。

ついに半券を切ることがなかったチケット
ついに半券を切ることがなかったチケット

こちらは長男が使うはずだった、半券を切ることがなかったチケットです。B6列はアリーナ席の前から6番目。演者との距離はありましたが、ステージ正面だったのは良かった。

だいたいこのあたり
だいたいこのあたり
J-WAVE
J-WAVE
EXILE TAKAHIRO
EXILE TAKAHIRO
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
祝
SIRUP
SIRUP
ライブ開始前の様子
ライブ開始前の様子

ライブ開始後は撮影禁止とのことで、直前に撮影。大きな横浜アリーナも2階席は開演時点で8割程度埋まっていたと思います。

OPENING ACTはビッケブランカさん。

この飛行機のCMで使われている楽曲を提供しているアーティストです。

私の場合、音楽はウォークマンやiPhone、iPadで聴くことが多いのですが、やはりライブは迫力が違う。ライブのすばらしいところは、体全体で重低音を感じることができることですね。映画鑑賞でも同じようなことを書いていますけれど、他の観客と同じ空間を共有できる楽しみもあります。

FIRST ARTISTはSIRUPさん。R&Bということもあるのかもしれませんが、当初はボーカルが演奏に埋もれているような印象がありました。しかし、最後の曲が本当に良かった。

最近の楽曲に疎い私でも聴いたことがある曲。

大盛堂が後ろにチラッと見えるこのCM。これだったんだ。このDo Wellの生鑑賞は最高でした。自分的に非常に気に入ったので、この楽曲は買うかも。

次は、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEのみなさん。回りの若い女の子たちがいきなり立ち上がる(笑)。

こちらは歌唱というよりパフォーマンス。次男が高度なパフォーマンスに感動していました。これからの活躍に期待! ですね。しかし、EXILEの若手、フィジカルがすごい。

少し休憩をおいて、次はさかいゆうさん。

デビュー10周年とのことです。Dくんのパパ、SSさんに少し似ている感じのさかいさん。いや、すばらしい歌唱力です。後ろの席のカップルから、「良かった〜」との声。

そしてフジファブリックさん。デビュー15周年。順風満帆ではなかったそうですが、とても元気なグループです。それもあってか、アリーナ席では一番人気のような気がしました。

実は、ビッケブランカさんからフジファブリックさんまでは、今まで全く知らないアーティストさんでした。次男と妻は事前にiTunesで見つけて予習していたみたいですけど、私は男性アーティストを全くと言っていいほど聴かないので、SIRUPさんのDo Wellくらいしかハッキリ記憶している曲はないくらいでした。でも、みなさん、素晴らしかった。

そしてここからは私でも知っていたアーティストさんたちで締めます。

まず、スガシカオさん。最初からビックリです! 知っているお名前からのイメージと、パフォーマンスが全然違いました。思ったより中性的な声に感じで私にとっては感触が良かったのもあると思いますが、今日一番にハマりました。次男や妻も言っていましたが、スガさんはすべてにおいて完成度が高く、すばらしいパフォーマンスで、明らかに今日のイベントのピークを作られたと思います。

スガさんはJ-WAVE LIVEに20年参加されているそうですが、毎年盛り上げ役だった彼が、この日は初の「アコースティック」演奏を試みることにしたそうです。バイオリンやアコースティックギターは非常に新鮮でした。クラシックの楽器もあの会場で、自然になじむんですよね。

男性ボーカルは滅多に聴かない私も、一撃でこの方のファンになりましたよ。

そして、最後を締めるのはEXILE TAKAHIROさん。いやあ、知ってはいましたが、明らかにイケメンでカッコイイですね。この方は。それに、歌もお上手で、声もつややかです。

たぶん、センター席を締めていたと思われるEXILE TAKAHIROファンがものすごく盛り上がっていました。さっきまで「ちらほら」だったペンライトがセンター席を埋め尽くしていましたから。

残念なのは、スガシカオさんの出番が終わった段階でかなりの方が帰りはじめたこと。アリーナ席の観客数は、TAKAHIROさんのアンコール時には半分近くに減っていたと思います。この理由はあとで見当がつきました。このライブ、J リーグの試合と終了時間帯が重なっていたみたいなんです。おそらく、このあたりの事情に慣れている観客は、それを避けるためにあえて早めにアリーナを出たのではないかと推察します。

私たちはライブ終了までいましたが、ちょっと食事をとって新横浜駅に向かった頃には、Jリーグ観戦者の帰りに当たってしまって、駅への入場制限が発生していました。ホームへの移動も大変で、また乗車してからも苦行が続くのです。妻なんか、乗客に圧迫されて宙に浮いていたんじゃないかと思いますね(笑)。

でも、最後まで聴けてよかったと思っています。私たちにとっては滅多にない機会ですし、TAKAHIROさんのパフォーマンスも素晴らしかったです。アリーナ席の起立率も一番高かったようですし、妻もTAKAHIROさんのときが一番ノリノリだったように見えましたからね。

パンフレット類
パンフレット類
退場時のお土産
退場時のお土産

いや、久々に家族でイベントを楽しみました。長男は残念でしたけど、とりあえず回復してきたようで安心しました。また、次の機会に。

今後も機会があれば、参加してみたいと思ったLIVEでした! このイベントは、明日、明後日の3日間続きます。ご興味があればぜひ!