下り系のバイク

 先月半ばに富士見パノラマリゾートのダウンヒルコースを走ってから、下り系のバイクが欲しくてたまらなくなってきている。
 起伏がさほどない里山とか、今まで走ってきたトレイルだとProphetで十分。富士見パノラマでもCコースやBコースをゆっくりと降りるならProphetで楽しめると思っている。上手な人はハードテール(後輪にサスペンションがついていないタイプ)でも楽しんで降りられるそうだ。
 Prophetも、前モデルのJekyllと比較すればかなり下りを意識したバイクだとされているので、もう少し下り向けのチューニングをすれば、ダウンヒルコースでももっと楽しく走れるかもしれない。だが、このバイクは仕事先に移動したり、子供たちと一緒に公園を走ったりするのにも使う「生活車」だ。たぶん、今年も子供とエンデューロレースに出ることもあると思う。
 そうなると、ポジションの変更(XCとFRというセッティングがある)とサスペンションのエア圧の変更だけで、生活用とちょっとしたトレイル用に使い分けられる現在の構成は理想だ。

 友人と走るケースでは基本的に下りの場合が多い。出ようと誘われるレースも下り系。また、私自身ももっと下り系のレースに出たいと思っている。昨年、苗場のダウンヒルレースに出たときには登り系のセッティングをしたオールマウンテンバイクのJekyllだったので、大変な思いをしたが、Prophetでも競争となると厳しいと思う。

 やっぱり下り向けバイクはほしい。
 私のMTBはここまでずっとCannondale製なので、今年のNewモデルであるPERPについてショップに問い合わせてみた。すると、どうも日本のDH系の市場が下り気味とかで、PERPの安い方のモデルは入荷も未定とのことだった。
 乗り方、楽しみ方ともに今までとは違ってきていると思うので、必ずしもCannondaleにこだわる必要はないわけだが。何がいいかな?