ちょっと合わないかな

第一給水ポイント
第一給水ポイント

今日はCannondale Rize号です。

Rize号に付けていたCrankBrothers Acid 2をProphet号に戻し、Prophet号についていたフラットペダル(Atomlab air comp)をRizeに取り付けました。

今日はこの仕様で公園の周回をいつもより多く走ってきました。やはりこのバイクは走るし、コントローラブルだなあと思います。

今日はボトルを持って行くのを忘れて、結局自動販売機のお世話になりました。私が勝手に設定している第一給水ポイントは100円均一の自動販売機がある場所。ここで少し休んでから、周回のほうに向かいました。

Rizeに乗り始めてから公園はウエット〜セミウエットな感じが長く続いていましたが、ここ数日の好天でほとんどの場所がドライコンディションになってきました。こういうドライコンディションだと思い切ったことができてまた楽しいですね。

ちょっと固い、Specialized Toupe Team
ちょっと固い、Specialized Toupe Team

少し長く走っていると、少しずつおしりが痛くなってきます。Rize号に取り付けたSpecialized Toupe Teamはカラーリングはマッチしているものの、私には合わないようです。現在Prophetに取り付けているSelle Italia SLR Kit Carbonioは同じように軽量で薄いサドルなんですが、これは結構私にフィットしているのか、同じような走りをしてもおしりが痛くなりません。カーボンレールと言うこともあるのかもしれませんが、パッドの感触もToupe Teamより柔らかい感じがします。

中古か、安価な海外通販で入手しようかな、と思っていますが、以前パッドのないカーボン生地のSLRを使ったことがあって(Bianchi ML3といっしょに盗まれてしまいましたが…)、それも固さの割にあまりおしりが痛くありませんでした。このメーカーだと私にフィットしている可能性が高いので、このメーカのもう少し安価なサドルを狙ったほうがいいかもしれませんね。

周回を6周以上走るときは、時間的に第二給水ポイントも使いますが、ここの自動販売機は残念ながら100円均一ではありません。

第二給水ポイント
第二給水ポイント

しかし、ここは水道もあるので、最悪お金を使わずに給水できますね。Rizeには現在ボトルケージを装備していますので、飲み残したものをボトルケージに入れて走り続けることもできます。サイズが合わないのでガタガタしますけどね。

この近くに子供たちが遊べる遊具があります。夏休みのせいか、子供たちが賑やかに遊んでいる姿が目に付きます。最近は子供たちが公園で遊ばなくなった、といいますが、元気に友達と遊ぶ子供たちの姿を見るとなんだかほっとします。

それなのに、やはり大型犬2頭を放し飼いで散歩させている人がいます。以前から気になっているのですが、本人は2頭の犬を完全にしつけている自信があるようで、犬自身もおとなしい感じがします。

であっても、条例や公園の使用規則で犬の手綱を放すのが禁止されている場所ではそれに従うべきでしょう。すぐ近くに遊んでいる小学生たちがいるのです。

最後に数日行っていなかった神社の裏に向かいました。

IMG_2831
切り株と着られた幹の断片

斜面の下にある太い木が切り倒されたんですね。かなり暗くなっていたのでCannon IXY Digital 50だとかなり手ぶれしてしまったのですが、木の幹がいくつにも分断されて、斜面の出口に転がっています。

中央右よりに見えるこの幹はかなりでかいです。このまま放置されると、まず上から下に通り抜けることはできません。

切られた幹はどうなるのでしょう。画面右下の木の幹は数年前から放置されています。出口で何度かぶつかりそうになっていますが、ここを走った友人たちもこの木が怖くて下りられないと言っていました。もしかしたら、新しく切られた幹たちもこのまま放置されてしまうのでしょうか…。