バランスよく楽しみたい

減量も進めたいし、今日こそはロングライドを…とか考えていたのですが、どうしてもその気になれません。花粉症の状況が厳しいこともありますが、それ以前に長時間のライドが「時間の無駄」のような気がし始めていて、どうもダメなんです。

その時間に本を読んだり、武術の練習をしたり、ストレッチングをしたりして過ごすことを優先していますね。

高校時代に習った技
高校時代に習った技

昔、自分で書いた資料を引っ張り出して、復習したりしているんです。このイラストだと、ペン習字をやる前の状態で文字が書かれていることから、日大三島に通っていた頃にまとめたものかな? 私の自宅にはこんなものが膨大な量、捨てられずに残っています。このイラストひとつを見ても、当時の捉え方と今の捉え方は微妙に違ったりしているのですが、本当に熱心だったんだな、といまさらながら妙に感心したりしていますよ。

こんな再勉強をしたのち、夕方にようやくいつものポタリングへ出る、ということになります。

JAMIS NEMESIS TEAM
JAMIS NEMESIS TEAM

今日はXCバイクのJAMIS NEMESIS TEAMですが、これに乗ると昨日のCannondale Prophetがいかに体にやさしいバイクなんだろうと、再認識したりします。

河津桜
河津桜

公園なので、飛ばしたりせず、常にのんびりライドです。

かわいい花です
かわいい花です
今日は少し距離をのばします
今日は少し距離を伸ばします

昨日はライド仲間と談笑していたので、5kmちょっとしか走りませんでした。なので、今日は少しだけ距離を伸ばし、17km程度走ることにしました。

サドル位置を少し前に出しています
少しサドル位置を前に出しました

Jamis Nemesisは前傾がかなりきつくなります。シート角度もかなり倒れている印象なので、サドル位置を5mmほどですが、前に出しました。少しだけペダリングがしやすくなったような気がします。バイクのポジションについては、私の場合結構アバウトに出すんですけど、XCバイクとロードバイクについては、改めてポジションを出してみた方がいい気がしてきました。

カメラ機材は今日も、OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 + パナソニック ルミックス G 20mm/F1.7 II ASPH. なのですが、やっぱりこのカメラのi-Autoの色の化け方が面白い。

絞り優先Auto
絞り優先AUTO

こちらは絞り優先AUTOです。フレームはやはりピンク色だったりしますが…。

i-Auto
i-Auto

i-Autoだとこんなことに。他の場所でもいろいろ試していますが、夕刻はいつもこんな感じになってしまいます。何かエフェクトをかけているわけではないんですがね。

まあ、これはこれで面白いか。

細々と、末永く楽しみます
細々と末永く楽しみます

別途フルサス機が整ったらまた、taguoさんやSSさんたちとトレイルライドや常設コースを楽しみたいと思っていますが、それまではこのNemesisに頑張ってもらうしかないかな? 近所ポタやMトレ SIXトレくらいなら、Nemesisで快適に楽しく走ることができると思うので。まあ、サドルを下げれば富士見のCコースも何とか行けましたからね。

今後はいろいろと、バランス良く楽しんでいきましょう。

2件のコメント

  1. こんばんは。
    以前も拝見したと思うんですが、いやぁ〜資料のデッサン絵が素晴らしいですね。
    (学生時代、デッサンは苦手でした・・トホホ・・。)
    適切で分かりやすいイラストって、案外難しいものですが、これはイイですよ。
    たくさん残っているとのことで、それだけで本が一冊作れそうです(笑

    Jamis Nemesis=少し前、Sサイズが某オクに出品されていたんですけど。
    ちょっとグラっと来ましたが、さすがに時期が悪いので今回はシカトしました(苦笑
    パーツを揃えている時間も予算も無いので(ダメやん…)その前にEpic号なんとかしないと。

    PM2のi-Auto=うへぇ〜! コレも凄いな(苦笑)
    なぜにこんな色合いに・・WBの転び方が独特で、二日酔いの眼で観ているみたい…。
    譲っていただいたPL2で、今度夕刻に撮ってみよう。さて、どうなるのかな?

    1. sadaさん。さっそくありがとうございます。
      イラストは、専門的に勉強した人にはとてもかないません。
      この空手の形分解のイラストは頭の中のイメージを描いたもので、厳密に見るとおかしなところも多いんですが、自分用のメモとしては十分でした。
      でも、技の使い方をあえて隠して描いているようにも見えます。高校で習ったことなので、隠し技は当然知っていたはずですが、あえて表向きの技に置き換えて記載している…ということは、いつか人に見せることも想定して描いていたのかもしれません。
      直に習った剛柔流空手と詠春拳という武術に関しての記載が圧倒的に多いんですが、中にはどこから持って来たのか不明瞭なイラストもたくさん出てきています。もう描いたことも覚えていません(笑)。

      そういえばNemesisのSサイズ、ありましたね。あれ、ものすごく軽いですよ。
      EPIC号も交換部品があるといいんですけど…。私のProphetも26erに組み替えようと思っても、もう妥当な部品が見つからず。EPICのリアサスやLeftyみたいな特殊部品は、厳しいですね〜。

      i-Autoはちょっとビックリです。白飛び、黒つぶれに加えてホワイトバランスの転び。なかなかイケてます。しばらくは現行機材で頑張りますけど、Canon RPとか良さそうで、頭がクラクラします。

ただいまコメントは受け付けていません。