cannondale prophet 275+

完全に別の乗り物になってしまった

自分のMTBにも乗りましょう。

Cannondale Prophet 27.5 Plus
Cannondale Prophet 27.5 Plus

Cannondale Prophet 27.5 Plus。もう、従来のProphetとは別の乗り物になってしまいました。

Prophet 26er
Prophet 26er
Prophet 27.5 Plus
Prophet 27.5 Plus

見た目のバランスも、やはり標準の26erのほうが整っている感じがしますね。

今日は、サドルの位置を常時4cmほど下げて走ってみました。先週、公園から10cmほど下げたまま戻ってきてみたら、かなり安定した感じがあったので。ライダー重心が下がるからだと思いますが、さすがに10cmだとつらいので、4cm下げに設定しました。公園ポタリングにはこの高さ、いいかもしれません。腰高な感じがかなり解消されますからね。

それにしても、このタイヤの仕様でも走りが軽いCannondale Prophet。この点はやっぱりすごいと思います。

4cm下げでは少し足りない感じはありますが
4cm下げでは少し足りない感じはありますが

この階段は、4cm下げではサドルが少し邪魔になる感じはしますが、10cm下げた状態と同様のスピードで抜けることができました。もしかしたら、5cm下げくらいにしておけば、トレイルの難セクションもなんとか抜けることができるかもしれませんね。

Leftyのエアを少しだけ抜いてみる
Leftyのエアを少しだけ抜いてみる

極太タイヤを履いているのに、少しコツコツした印象を受けるので、Leftyのエアを90psiから85psiに変更してみました。90psiは体重68kgのライダー設定なので、現在体重65kgに合わせてみたのです。でも、昨日のSB66Cのようにはなりません。ストローク20mmの差は大きいかも。

さてと。しばらく休んでいた機材整理も始めないと。