多摩川河川敷を経由して帰宅

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

元日も里山へ
元日も里山へ

さて。私は元日も里山ライドです。昨日、Prophetのパフォーマンスに意気消沈しているので、Jamis Nemesis Team 2016で不満解消をしようということで。あ、今日はちゃんと、OLYMPUS PEN mini E-PM2にSDカードをセットしてから出ましたよ。

Jamis Nemesis Team ポジション変更
Jamis Nemesis Team ポジション変更

里山で走りやすくするために、今日はNemesis号のポジションを変更しました。ステムのマウント位置をスペーサー1枚分、5mm程度上げて、サドルを10mm程度下げています。サドル位置は往復のペダリングに影響する可能性もありましたが、それよりも里山を快適に走れることを期待してのことです。

奧のシングルトラック、もう1本も
奧のシングルトラック、もう1本も

昨日、沢につながるシングルトラックを覗いてみたところ、倒木や藪でとても前に進める状況ではありませんでした。もう1本のほうも写真のように倒木が横切っていたので、今日も表のトレイルのみの走行となりました。

今日は表のトレイルを3回ほど登って下りてを繰り返しました
今日は表のトレイルを3回ほど登って下りてを繰り返しました

ほぼ昨日と同じコースなのですが、NemesisがXCバイクということで、とにかく登りの性能がすばらしいです。最初のアプローチの長い登りについては、過去最高記録を更新していましたし、ほかに数カ所、往復の経路の計測で新記録が出ていました。

登りの性能はとにかくすごい
登りの性能はとにかくすごい

前にも書いた通り、ワイドハンドルは下りで利点があるのは間違いないところですが、私の場合は登りにおいてもハンドル操作が安定して、登りやすさを感じます。以前Rocky Mountain Vertexで使っていた560mmのフラットハンドルの場合は、難セクションを登るのは大変でしたからね。舗装路などの長い登りは試していないので、どうなるかわかりませんが、未舗装の短距離〜中距離程度の登りでは間違いなくワイドハンドルのほうが私には合っているようです。

下りはそれなりに大変です
下りはそれなりに大変です

NemesisはXCバイクなので、下りはそれなりに大変です。急斜面や段差が続くプチDHはかなり路面が荒れていて、特に注意が必要でした。

プチDHの後半部分
プチDHの後半部分

写真では分かりにくいのですが、プチDHの後半部分はさらに立体的です。

10月末にNemesisで走って前転しまくった、富士見の中級コースみたいな感じになっていますが、写真ではなかなか雰囲気がつかめませんね。富士見のときと違うのは、サドルを上げたままの状態であることと、ビンディングペダルであること。なんとかクリアはできたものの、なかなかスリリングでした。プチDHは昨日のProphet 275でも同様に苦労したのですが、Prophet 26erで走っていたころと比べるとかなり荒れていて、一概には比較できないかも。

フラットな下りはProphetもNemesisも差がない
フラットな下りはProphetもNemesisも差がない

こういうフラットな下りだと、ProphetもNemesisも差がありません。SIX Trailなんかだと道がきれいなので、ProphetもNemesisもほぼ同等。というか、登りの得意なNemesisのほうが有利な感じではあります。

今日のNemesisには大満足です。昨日のProphetより里山下りは大変なのに、なぜでしょう。それは、Nemesisがそういうものだからだと思います。それを前提で楽しんでいるし、だいたいは想定を上回った走りをしてくれるので、満足度が高いのでしょう。

それに対して、昨日のProphetは想定を大きく下回る印象でした。26erではなんでもなかった、轍のあとが付いて荒れた路面や根っこでもかなりの注意が必要な感じで、気を遣う必要があったのです。さらに、散々平地で練習はしましたが、トレイルの粗い路面では同じようには「曲がれません」。知らない間に速度が乗りすぎている可能性はありますが、ヒヤッとすることが何回もありました。

速度は多少遅いのでしょうけど、今日のNemesisだと安定して曲がれます。やはり、Prophetを設計通りに組んでいないことによる問題のような気がしてなりません。

Prophetを26erに戻すか…。この場合、もうLefty Maxの中古市場が厳しくなってきたこと、予算から見て、通常のシングルクラウンフォークを使うしかないでしょう。それでも、フォークとホイールでかなりの金額になります。だったら、27.5の入門機や、27.5〜29erの中古の程度のいいものを選んだほうがいいような気もします。

ここは年初から、悩むテーマになりそうです(苦笑)。

フライングして初詣
フライングして初詣

昨日も参拝した北辰妙見尊。家族に先駆けて、初詣を済ませてきました。

多摩川河川敷を経由して帰宅
多摩川河川敷を経由して帰宅

一通り里山を周回したあとは、多摩川河川敷を経由して帰路へ。妻がウォーキング中だったので待ち合わせて帰ることにしました。そこで、今年の初詣は「大宮八幡宮」にしてみようか、という話になりました。今の住居に来る前の初詣や、長男のお宮参り、次男の七五三などはここで行っています。

最も印象的だったのが、2006年の厄払いでしょうか。私の4年周期のどん底に当たる年であり、義父が亡くなったり、財布をなくしたり、妻が変な怪我をしたりと、不幸が次々と襲ってきました。さらに私の本厄も重なっていたので、もしかしたらそれが原因だったりするのでは? と。こういうのを必ずしも信じているわけではないのですが、次男の七五三と併せて、私の厄払いも行ってもらうことにしました。

パイプいすに私と次男が並んで座り、そのとなりには赤ちゃんを抱いた若いお母さん。祈祷が始まり、私の厄払いの瞬間にちょっと怖いことがありました。お母さんが赤ちゃんを床に落としてしまい、赤ちゃんが大泣きしたのです。いすに座っていて、そんなことあるかな!? 瞬間的に、私の厄が赤ちゃんに飛んでしまったのではないかと、ゾッとしました。

このあと私と家族に降りかかっていた災難や不幸はぴったり止んだのでした。あの赤ちゃん、大丈夫だったかな? もう12-3歳になっているはず。無事に成長していることを祈ります。

大宮八幡宮にて
大宮八幡宮にて
粉っぽい広島風お好み焼き
粉っぽい広島風お好み焼き
クレープ
クレープ

体重は65kgをキープしていますので、今日はちょっと甘い物も。

大宮八幡の家族での初詣は20数年ぶりかな。2014年に義母が亡くなる直前に次男とは来たことがありましたけど…。出店も寂しくなり、活気が落ちている感じがしました。テキ屋さんがいた頃は、売る側と買う側のコミュニケーションが取れていて、店を覗くだけでも楽しかった記憶がありますけど、今回買ったどのお店も、コミュニケーションが下手だったり無愛想だったりして、そこは残念でした。

久々の大宮八幡様への初詣でしたが、明日は現在の地元の妙法寺に伺う予定ですよ。

2018年は、私の4年周期の底であり、最後の最後までガッカリさせられる年でした。しかし、2019年の始まりである今日は非常にいい1日になったと思います。この里山はもう何回も行っているのですが、3箇所の区間で最高記録を更新し、1箇所が2位、2箇所が3位でした。Stravaも長く記録しているので、こんなに一気に好成績が出ることはめったにありません。

そして、里山でのNemesis号の好調な走りは、昨日のProphet号のもやもやを払拭してくれました。

久々の大宮八幡宮も並ぶことなく無事に参拝でき、待つことなくテーブルを確保できてゆっくり出店の食べ物を食べられたこと。なにもかもがうまく行ったと思います。

2019年。気持ちを切り替えて突き進もうと思います。

 

2件のコメント

  1. 何度も言うのは変ですが…)今年もよろしくお願いいたします。

    いろいろとお悩み中ですが、やっぱり元旦ライドですね(笑)さすがです!
    私は初日の出も見ず、初ライドもせず…(自沈)まぁ今年もこんなペースですな…たぶん。
    (朝方はかなり寒すぎ〜!でして、あっさり二度寝していますよ…)

    MTBライドは、かなりメンタル部分の差が大きいのかも?しれないですね。
    NEMESIS号が好感触で良かったですし、預言者号もまた化けるかも…。

    E-PM2=
    やはり、機械モノとの相性は良いような…フィールドの描写も好きですけど、
    先だって掲載されていたiPhoneカメラは凄いですけどねぇ。う〜っむ・・。

    屋台のワンシーン=なにげに”一番搾り麦酒”が(笑)ちょっと気になりまして。
    奥様のドリンクでしょうか? あ…いゃ〜今日も、もしかしてライド中でしょうか?

    1. sadaさん。今年もよろしくお願いいたします!(私も短期間に記事の連投すみません)

      私はどうも、選択・判断に難があるようで(沈)、後悔することが本当に多いです。ことに2018年の判断はひどくて、後悔しまくっていましたよ。それでいろいろ悩み中になってしまうんですが、2019年は
      ・ロード … Addict
      ・MTB XC … Nemesis
      ・MTB Trail … 未知の何か or 預言者 26er
      のようにしようかと思っています。Nemesisは通勤用のバックアップ、およびトレイル自走用で、未知の何か or 預言者 26erはみんなで遊ぶとき用、という感じですね。
      預言者の275は平地やご近所ポタでは最強ですが(ここで275を残す判断をしてしまった…)、やはりトレイルや常設コースを走った感じでは26er仕様には叶いません。ギリギリ275erにもできるくらいですから、26plusという楽しみ方もあるかもしれません。ただ、中古の275er完成車と変わらない予算になりそうな気がするので、もうちょっと迷うと思います。

      > E-PM2
      最近、面倒ですけど、AFのスポットを手動で選んでから撮影するようにしました。自動でスポットを選択するのと違って、しっかりピントが合うようです。こういうところは、PanaのGF1が楽だったですね〜
      (Olympusやめて、Panaにしようかと思ったり…。GX7 MK2とか価格下がってますし)。
      OlympusのiFinishの色飛びと黒つぶれは…(苦笑)
      iPhone 7の標準のカメラは画作りが好きではないのですが、Adobe Lightroomのカメラソフトを使うと、かなりすごいのが撮れますね…。HDRの出来はかなりすごいなあ、と思いました。

      > 一番搾り麦酒
      はは。これは、奧さん用です。私はその奧のウーロン茶で。
      クレープとお好み焼きの写真は奧さんが撮影したものをもらいました。

      長男が帰ってきて、みんな夜更かしするので今日は起きられず、夕方のポタリングのみでした。体重ももう少しコントロールしたいし、明日はまた頑張ろうかな…と思っています。

ただいまコメントは受け付けていません。