西武ドーム

多摩湖自転車道

今日は前の現場でお世話になった方と1年ぶりにご一緒させていただいて、ロードバイクでの多摩湖一周、ということになりました。

撮影者の私がうっすらと写り込んでいますが
撮影者の私がうっすらと写り込んでいますが

撮影時には気づかなかったのですが、自転車を撮ってみたらうっすらと自分が心霊写真のように写り込んでいました。

今日は、あえてカメラを持っていかなかったので、iPhone 7 Plusでの撮影です。TREK号の前輪がやたらと歪んで写ってしまいましたね。この黒フレームは長男が乗っているのとほとんど同じデザインです。乗り心地がいいんですよ。Trek Émonda。

同行のOさんを待っている間、なんとMさんに遭遇。INDIPENDENT号にお乗りでした。

INDEPENDENT FABRICATION
INDEPENDENT FABRICATION

このときはCampagnoloですが、今日はSRAM REDに換装されていて、前後ホイールもカーボンリムに変更されていました。なので、かなり軽量。

Mさんが去ったあと、まもなくOさんに会いました。

多摩湖自転車道は、のんびり走るのにはいいコースです。道もきれい。以前は、「自転車道といいつつ、単なる遊歩道じゃないか」というような疑問が湧いて仕方がなかったんですけど、のんびり走るのが楽しくなった最近では、それもいいんじゃないかと思うようになって、全然気にならなくなってきました。

最近、あまりまとまった登りを走っていませんが、多摩湖の周回に入ると前半でそこそこの登りを体験できます。ただ、周回では、道が粗いところもあって、SCOTT ADDICT R3 2009のフレームの硬さは、ちょっと老化が始まった私の体には少しハードすぎるように感じます。これくらいの軽さで、乗り味しなやかなフレームが見つかると嬉しいのですが。ここ1年ほど探してはいるものの、なかなか出会えません。

西武ドーム
西武ドーム

多摩湖に近づいた頃、私たちより少し前に多摩湖に向かったMさんとすれ違いました。クロモリバイクもいいかもしれないなあ、なんて思いながら、硬いフレームのADDICT号で走ります。

お昼過ぎ頃、西武ドームではちょうど試合が行われていたようで、すごい声援でした。球場で直に観戦したことがない私ですが、野球の応援って、ものすごい迫力なんですね。

少しだけ4K動画で記録してみました。今のYouTubeだと4Kでは見られないかもしれませんが。

多摩湖から下りたあとの自転車道にて。

ううむ。どこかで見たことがある子が。
ううむ。どこかで見たことがある子が。

どこかで見たことがある子が。

うちの近所にいるこの子だ!
うちの近所にいるこの子だ!

なるほど。うちの近所にいるこの子と同じ形なんですね。それぞれの場所で、芸術家が選ばれて、オリジナルの像を設置しているイメージを勝手に持っていたのですが、同じ型のものがいくつも作られ、あちこちに配置されているんだ。20kmも離れたところにいる兄弟のお話でした。

好きな雰囲気です
好きな雰囲気です

小平駅の近くかな。ゴミの集積場が写り込んでしまいましたが、なかなか雰囲気があって好きな感じの建物。電線もすごいな。

途中、一緒に走っていただいたOさんがTREK Émonda号を買われたショップにも寄ってみましたが、すでに無くなっていました。すぐ近くに移転先と思われるショップもあったのですが、もしかしたらこちらもすでに「跡地」かも。

自転車はショップから買うのがいい、という時代でもないのかもしれません。結局、特定のショップで自転車を買っても、短期間でなくなってしまえば、あまり意味がないような。私も初代Prophet号のときに同じ体験をしました。

なんとか杉並区のほうまで戻ってきました
なんとか杉並区のほうまで戻ってきました

なんとか杉並区のほうまで戻ってきました。

Oさん、今日は急なお誘いにもかかわらず、ありがとうございました。

Oさんとお別れしたあと、なんかいいフレームや完成車の出物がないか、世田谷区の中古ショップに寄ってみました。あの、Jamis Nemesis Teamの未使用フレームを購入したショップですね。

実はなかなか魅力的なフレーム、完成車が多数展示されていましたよ。ただ、予備知識がない車種ばかりだったので、そのフレームがロングライドに向いているのかどうなのか、つかめませんでした。

結局はもうしばらく、SCOTT ADDICT R3に乗り続けるか、ということになるんですが、しっくりくるフレームと出会えればいいな。

GIRO RUMBLE VR 42
GIRO RUMBLE VR 42

さて。今日はGiro Rumble VR Black / Glowing Redを下ろして最初のライド。新宿のショップのお兄さんの見立てはさすがで、サイズ間はぴったりでした。まだ硬さは感じますが、じきになじむでしょう。

ソールが厚く、クリートの装着場所が深くなるので、歩くときにクリートが地面に当たらず、自然な歩行ができる感じですSpecialized Sonomaに比べると少しはめにくくはなりますが、きちんと固定もでき、ペダリングもしやすくて、一発で気に入りました。

例えばこれをロード用にして、MTB用に別に用意するのもいいかなあ、なんて思っています。

2件のコメント

  1. こんばんは。遠征=多摩サイ・・いゃ、多摩湖の周回路でしたか。
    全く知らない場所なので、ちょっとマップとか見てみたんですが、
    ほどよい距離もさることながら、3つ(?)に別れた大きな池という感じですね。
    (おそらく、バス釣り組も居るような気がしますが・・いかがでしょう?)
    今回は白と黒、ロード車2台ですか。あまり飛ばさずにポタ気分だと、
    程よいペースで走られたのではないでしょうか。
    とは言え、ADDICT R3号の今後もお考え中なのですね。便利機材ってなかなか見つかりません(自沈

    西武ドーム=試合が盛り上げっていたんですね。すごい声援では・・。
    野球には縁が無いんですけど、生で見ると迫力あるでしょうねぇ。
    夏場だと、ビール片手で・・・(グビ〜ィ!)

    しかし、iPhone=恐るべし!ですな。ホント、望遠以外はコンデジ要らないですね。

    1. sadaさん。遅くなりました。おはようございます。

      今回は、多摩湖周回ライドでした。
      多摩湖のことはよく分かっておらず、セキュリティ上、柵に覆われた湖畔の中にはいることができるかどうか分かりません。
      2時間ドラマで、湖畔が使われていたのは見たことがありますが。
      1周の距離はそこそこありますね。私は1周で飽きてしまいますけど、トレーニングのためには、何回化周回した方がいいかも。
      ペースはゆっくりでしたが、多摩湖の路面も苔むした部分が多かったりして怖く、飛ばして転倒して怪我というのも嫌なので、ちょうどよかったと思います。
      ADDICTはやはり硬いです。年を取ると意外なところに痛みが出てきたりもしますから、今はもうちょっとやさしいほうがありがたいのですが、逆に体力水準を30代の人のレベルに上げて、耐えられるようにする、という対策で逃れられないか、画策中ですよ。体重も3ヶ月前より10kg程度絞っていますし、動きも軽くなっているので、様子見ですね。

      プロ野球生観戦は経験がないのですが、あの中にいたら、特にファンではなくても雰囲気に飲まれるだろうなあ、と思ったりしました。

      iPhoneの画質は、夕方とかでなければ十分かもしれません。どうせ別にカメラを持っていくのであれば、コンデジよりmicro 4/3を選ぶ感じの方がいい気がしました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です