次男の初撮影

img_2569今日は、子供たちがサッカーに出かけて妻もバドミントンに出かけるので、ゆっくり練習に行こうと思っていました。前回善福寺川を上ったので、今回は本流の神田川のほうを久々に上るのもいいな、と思っていたのですが、サッカーに出かける小学校2年生の次男坊が、「今日はサッカーから帰ってきたら自転車ね」と宣言されてしまったので、結局一緒に出かけることになりました。

彼の目的は公演の遊具ですが、私もちょっとだけ練習をしたかったので5分だけ時間をもらいました。

今度お兄ちゃんにビデオをとってもらう予定だ、と話すと「僕にも撮らせてよ」とのことなので、どうせ無理だろうと思いつつ、カメラのかんたんな説明をしたあと、私はマイペースで下りてみました。

その後戻って観てみると、私の上ってくるところが動画になっているので、「あれ、下りるところは失敗したみたいだな」というと、「もう1回撮るよ」と彼が言います。そこでもう1回やってみたのですが、なぜか次男坊が観ていると私はクラッシュするんですよね。今日もShimano SPDビンディングペダルなので、足を着くのが遅れたのもひとつの原因ですね。最後の最後に、木にハンドルを引っかけて、転倒してしまいました。結構左右から木に引っかかれたので、転倒していなくてもひっかき傷は免れなかったとおもいますけども。

さて、遊具でたっぷり遊ばされ、2つめの公園で彼の友達との鬼ごっこにたっぷり付き合わされたあと、自宅に戻りました。

今日は近くで外食したのですが、隣に座った人たちが音楽関係の仕事の人たちのようでした。そして食後出るときに振り返ってみてみると、私の隣に座っていた人がこちらを振り向きました。なんと「山崎まさよしさん」です。

私がそれを長男に告げると、「えっ! やっぱり」といって戻っていき、サインをいただいたり、いろんなお話をしていただいたりしたみたいです。すごく気さくな方だったようで、私もプライベートをお邪魔した挨拶だけさせていただきました。いただいたサインに「これはもう一生の記念だ」そうです。

なんかそんなすばらしい出来事もあって、自宅に戻ってようやく次男坊が撮ってくれたムービーを観たのですが、とれていないと思っていた最初のムービー(初撮影)分もきっちりとれているではないですか。

途中ボタン操作に自信がなくなった様子も見て取れます。親ばかですが、クラッシュの風景も自主規制せず、そのまま載せちゃいます。最後に次男坊が鼻で「ふふん」と笑っているような…。