SONY α57

ピョンチャンオリンピックも閉幕直前。ギリギリのせめぎ合いを制する選手たち。日本選手もメンタルが強くなってきた印象がありますね。

と言っているそばから、高木菜那選手が金メダル。女子カーリングも銅メダル。ホントにすごい。おめでとうございます。

今週は日本選手の活躍に勇気づけられましたが、逆に強いショックを受けるニュースも。

まず、過去にexfit TVの取材にご協力いただいたことがあるクラヴマガジャパンの会長、松元國士さんが今年の元旦深夜に亡くなられていたことを知りました。私が直接お目にかかったことはありませんが、資料としてexfit TVにDVDをいただいたことがあります。映像からも大変な実力者であることが感じられ、感銘した私はすぐに松元さんの技術書を購入し、自身の武道の練習の参考にさせていただいたこともありました。

そして、大杉漣さんの突然の訃報。大好きなバイプレーヤーの1人で、未だに信じられません。好き、というより完全に私たちの生活の中に入り込んでいた、といったほうがいいかも。そういう方、多いんじゃないでしょうか。

大杉さんは映画、TVドラマだけでなく、バラエティ番組でも強烈な存在感を放っていました。継続して出演中のTV番組もあり、心残りだったのではないでしょうか。

どうか安らかにお眠りください。

奥の景色に合焦しているのか、無限遠に合っているのか
奥の景色に合焦しているのか、無限遠に合っているのか

先週、AFの調子が悪い、ということで戻ってきたSONY α57ですが、SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3IIDC HSMによるものであった可能性も捨てきれず、今日はSONY DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM SAL1855に交換して持ち出してみました。

しかし、結果は上記の写真の通り。間違いなくフレームに対してAFエリアが対応していたはずなんですが、同じ構図で撮ったどの写真も、奥の景色に合焦しています。この場面だけではなく、今日撮影した大部分がこのような状態で…。AFのエリアがずれているのか、もう距離を正しく測れないのか。exfit TVのIくんの指摘通りでした。

まあ、絞った写真とか、離れて撮った写真とかはごまかしが効くようなので、今日はそういう写真を使うことにします。

近くだとうまく行く確率が高い
近くだとうまく行く確率が高い

このコンディションでは売却も難しいので、修理、メンテナンスは必須かと思います。

操作性だけでいえば、SONY α57は非常に使いやすい印象だし、SIGMA 高倍率に加えてダブルズームキットレンズもあるので、直ったらこのまま使い続けてもいいかな…と思ったりしています。どうかと思っていた液晶のEVFも、目の位置が安定するせいか、像が流れやすいSONY NEX-5TSONY α6000より見やすい感じがしました。

持ち運びは小さい方が絶対にいいけど、いざ使うときには大きいボディは使いやすいな…と感じることしきり。ただ、一眼レフはNikon D600も、Canon EOS 7D Mark IIもあるし、SONY α57の性能はこれらには及びません。入門機としては小型のCanon EOS Kiss X7もあります(今は長男がメインで使っており、今日はハワイに持っていっています)。SONY α57は居場所がないかもしれません。

さて、今日は清掃してきれいになったINTENSE CARBINE 275でのポタリングです。

なんだか…
なんだか…
シーラントが…
シーラントが…

後輪に採用しているSchwalbe Racing Ralph Snake Skin Tubeless easy 27.5 X 2.25は、タイヤの至るところからシーラントらしきものがしみ出してきています。Prophet 275に移し替えたもう片方もそうなので、このタイヤはそういう仕様なのかもしれません。26インチのTubeless readyも同様です。

前輪に採用しているSchwalbe  Nobby Nic EVOLUTION (27.5×2.25 650B)のほうは、多少疑わしいシミこそありますが、ほとんど目立ちません。

両方とも問題なくエアは保持しているのでしばらくは大丈夫かと思っています。

こちらはうまく合焦したように見える
こちらはうまく合焦したように見える
こちらは満開
こちらは満開
今日のCarbineは快適
今日のCarbineは快適

今日のIntense Carbine 275はどこを走っても快適でした。泥汚れを落としただけで、特に可動部を清掃したり、ということはしていないので、心理的なものに過ぎないかもしれませんが。

公園内シングルトラック
公園内シングルトラック
憩いのシングルトラック 下り
憩いのシングルトラック 下り
Retina対応ができていないのか
Retina対応ができていないのか

新しいWordPressのテンプレートはRetina対応ができていないのか、微妙にぼやけた感じがするような…。まあ、今日の写真については単にピンボケな気もしますが。

花粉が効いてきた
花粉が効いてきた

ポタリングの終盤は、どうも花粉が効いてきて、上顎から鼻の中にかけて、とても痒くなって来ました。

α57こそ散々でしたけど、Intense Carbineの調子は良い感じで、そろそろトレイルに行きたい気もしてきました。ただ、花粉の飛散状況を考えると、しばらく厳しいかもしれませんねぇ。

2件のコメント

  1. お早うございます。
    α57の復活ですね…が、なるほど。微妙にピントが抜けている気がしますねぇ。
    全体的に少し眠たい印象はありますが…これはレンズ側の問題なのかな?
    うちのiMac/2Kでも、ちょっとピンボケっぽい感じですので。
    単にレンズとの相性なのか、もっと根深いのか…メンテ出しは微妙な線かも…。
    (修理代で中古ボディが一台買えるかも・・? とか)
    とは言え。長年頑張ってくれると、なんとか直して・・な気持ちもありますし。む〜!

    シーラント液の滲み出しは…これも微妙な線で(苦笑
    エアーが抜けていないのなら、まぁ心配は無いでしょうけど・・ちょっと見た目が(微妙?

    それにしても、大杉漣さんの訃報には驚きました。まさか? と何度もニュース見たんですが…。
    馴染み深い方々、尊敬していた方々の訃報は何度経験しても慣れることは無いですね。
    重ね重ね、ご冥福をお祈りする次第です。

    1. sadaさん。さっそくありがとうございます。
      α57、合わせたい部分よりもかなり後ろ側にピントがいくようになってしまっています。
      Retina以外でもボケるということは、WordPress側の使っている画像縮小モジュールのアルゴリズムがいまいちなのかなあ。現物はもうちょっとキリッとした感じなんですよ。
      こちらのiMac 27だと、他のカメラでも少しそんな感じがしますね。
      このテンプレートは気に入っているので、このまま使い続けるつもりではありますが。

      α57、修理の見積を見ると22,000円になってました…。修理なのか、単なるピント調整になるのか分かりませんが、費用がかかりそうですね。これは諦めるしかないかも。

      シーラントのシミ、今、Racing Ralphを採用した私の全バイクで発生しているので、なんだか気になっています(笑)。エアは抜けていないようなので、走ることに問題はないのですが…。見た目はちょっと汚らしくなります。

      ニュースは大変驚きました。もう、大杉漣さんの新しい作品が見られないのか…と思うと大変寂しい思いがします。急だったこともありますが、本当に激震が走った…という感じの報でした。

ただいまコメントは受け付けていません。