Cannondale Prophet 275でポタリング

安倍晴明

来週また雪が降るという予報があるので、今日はお出かけしたい気分もあったのですが…。

目が覚めたら正午過ぎ。こんな寝坊は本当に久々ですが、遅くなってしまったものは仕方がない。

でも、おかげで、男子フィギュアの表彰式を見ることができました。私はもともとオリンピックにあまり興味がないほうだと思いますが、羽生結弦選手の驚異的なパフォーマンスにはただただ、感動するしかありませんでした。大切な右足首に重傷を負って間もない状態で、ここまで仕上げるのはどれだけ大変なことであったか。

宇野昌磨選手も銀で、日本勢が1位、2位という結果に、久々に元気をいただいた気がします。ありがとう!

さて、今日は届いたばかりの ↓ で、Intense Carbine号のブレーキホースを詰めようと考えました。

シマノ TL-BT03S ディスクブレーキ ブリーディングシンプルキット ファンネルブリードBL対応 Y8H498090
シマノ TL-BT03S ディスクブレーキ ブリーディングシンプルキット ファンネルブリードBL対応 Y8H498090

でも、付属の説明書がこのキットではなく、上位キットのものであり、また古いタイプのブレーキに対するブリーディング方法しか記載がない…。ブリードスクリューを開けるタイプは別の説明書を参照せよとありますが、同梱されていません。

全く…。

動画を見ても、やり方がさっぱり分かりません。まあ、もうちょっと時間をかけて、資料を探してみますかね。

ということで、今日も夕方過ぎからポタリングだけです。

Cannondale Prophet 2000 275
Cannondale Prophet 2000 275

はい。Prophet号はまだ統合していません。リアエンド135mmのハードテールを探して、このバイクのパーツセットを移したらどうなるだろう? というよからぬ発想もあって。

トレイルに行けないときは階段でシミュレーション
トレイルに行けないときは階段でシミュレーション

今日はLefty SuperMAXのプッシュボタンを解放した状態での階段チャレンジ。

かなりいい感じでしたが、Intense Carbine 275と比べると少し硬めな反応かも。この階段では、泥棒に持って行かれたCannondale Rizeや、Santa Cruz Nomadが素晴らしかったですね。

公園トレイル
公園トレイル

Carbineと比べると、少しコギが重めな気もしますが、パーツ構成がかなり良いのか、手持ちのバイクの中では一番調子がいい状態です。リアがフルストロークすると、後輪がシートチューブに当たるでしょうから、あまり思い切った乗り方はできないですけど。

コギが重いといえば、赤プロフェットもホイールをcrankbrothers cobalt leftyに変えてから微妙にそんな感じなんですよね。おそらく、Mavic Crossmax ST 2009 Leftyのほうが軽快です。

意識が分散する
意識が分散する

Prophet 275もリアサスを交換して、心配なく乗れるようにしたいし、Intense Carbine 275も早いところホースを短くしてすっきりさせたい。2台にまとめてもまだ、意識が分散されちゃいますね。

NS BIKES SURGE
NS BIKES SURGE

今日はTrail-SさんはSIX Trailに行かれたらしいです。相当よかったとのこと。特に急坂では後ろ乗りになり、怖くなくなったのが大きいそうです。

SIXは路面が滑らかなので、乗り心地などはBrand-X HT01との差をあまり感じることができなかったようですが、公園の根っことかを試すと、NS BIKES SURGEのリアは不思議と突き上げを感じないのですよ。単発の根っこでは、私のCannondale Prophet 275とほとんど変わらない感じ。

ボトルケージマウントがないフレームなので、ベルト留めにしたようですが、なんか見た目のバランスも取れたように見えるのは私だけでしょうか。

このボトルマウント方式。いいなあ。Prophetもこの方式で付けられないかな。自転車用のボトルは厳しくても、ペットボトルくらいならなんとかならないものでしょうか?

締めの下り
締めの下り

締めの下り。今日も楽しく走れました。

ここのところ、ポタやライドのお伴はSONYのE-mountカメラシリーズでしたが、今日は久々にNikon デジタル一眼レフカメラ D600。さらに最近ほとんど使っていなかったTAMRON 高倍率ズームレンズ 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD ニコン用 フルサイズ対応 A010Nも併せて使ってみました。やはり、TAMRONの描写は私の好みに近いです。Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II用にTAMRON 高倍率ズームレンズ 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD キヤノン用 APS-C専用 B028Eを本気で考えようかな。

さて、明日は久々に取材で動画撮影に行く予定。Canon EOS 7D Mark IIも持っていかねば。

 

2件のコメント

  1. こんにちは。今日は取材とのことで、お疲れさまです。

    D600の描写=やはりオトナの雰囲気が…(笑)
    いゃ確かに、基本に忠実な感じがしますね。
    持ち運びはちょいと苦労しますが(自分だけか?)
    帰宅後に見ると、やはり見直す場面もあります。
    ということで、今年もデカいSONYセットで頑張ってみますよ(ホントか?

    テンプもまた変わっていますが、なかなかオシャレでは…。
    リンク先が赤表示になって、見やすいですね。コレは良いなぁ…と。

    Prophet号の統合計画。
    まだ春は来ないようだし、じっくりと取り組まれて良いでは…。
    コギが重いとのことですが、cobaltにもよるものなのか…
    本当に、微妙な乗り物だなぁ〜と思えた次第ですよ。ふむ・・。
    (鈍感な自分には解りそうに無いなァ…ぼそそ)

    羽生さん、凄かったですよねぇ。ホントに大舞台に強い選手です。
    1.2位は、やはりテンション上がりましたねぇ。実家のおふくろさんも
    妙に機嫌が良かったし(笑)日本中が祝福ムードなのは、やはり嬉しいです。

    1. sadaさん。こんばんは。
      今日は、第17回 全日本短剣道大会に行ってきました。私が高校時代にやっていた空手と試合のスタイルが似ているので、とても好きな大会です。

      D600の描写は、手持ちのカメラでは一番好きかもしれません。タムロンの便利ズームとの組み合わせも十分ですが、最近鳥さんも撮らないので、タムロンの大口径標準ズームが欲しくなっています。APS-C用はかなり安くなっているのですけど…。1万円台だったりするので、7D MK II用にひとつ揃えようかな、と思ったり。

      テンプレートは、いいと思っても何か問題があったりして、選定が難しかったですね。このテンプレートもカレンダーが崩れていたのですが、容易にスタイルシートを適用できたので、解決できました。

      Prophet号の統合計画は徐々に進行させます。Facebookで、リアサスに関するアドバイスをもらったので、27.5でも使えそうなリアサスを海外より調達中。さて、どうなるか。

      羽生選手のパフォーマンスはすさまじかったですねぇ。4年に1回の機会に、非常に難しいコンディションであの演技をやってのけるすごさ。
      今日は、小平奈緒選手がオリンピックレコードで金メダル。日本のアスリートの頑張りに、敬意を表したいと思います。

ただいまコメントは受け付けていません。