Intense Carbine 275

想定外 3

昨日まで少し暖かかったのに、今日は突然寒くなりました。Cannondale Prophet号のまとめ作業に入ろうと思っていたのに、着手できず。夕方になってポタリングだけは行くことにしました。

今日のお伴はIntense Carbine 275。まだ電池残量があるSONYα6000をポーチに突っ込んで出発。

Intense Carbine 275
Intense Carbine 275

のんびりライドに想定外
のんびりライド中に想定外

寒かったけど天候は悪くなかったし、M Trailあたりに行っても良かったんですけどね。今日は20km程度の距離をのんびり走って、明日からの仕事のために充電することにしました。

しかし、段差を下りたあと、登るところでハンドルが「クリッ」と回ってしまいました。ちょっとビックリ。

行きがけに、想定以上にブレーキレバーが上を向いているような気がして、修正しました。今思えば、たぶんこれはハンドル交換時にブレーキマウント位置を間違えたのではなく、前回の走行でハンドルが少し手前に回っていたんですね。

たしかに、ステムのボルトは少し緩かったので、ブレーキの位置を改めて微調整し、ハンドルを起こして固定しました。

ボルトはきちんと締めたつもりだったのですが、カーボンの薄さに驚いて、無意識に力をセーブしていたのかな…? 3日連続で想定外なことが起こってしまいました。いや、起こしてしまったのか(笑)。

公園ではTrail-Sさんが休憩中
公園ではTrail-Sさんが休憩中

公園ではTrail-Sさんが休憩中でした。前輪の様子を伺うと、どうやらFulcrumのベアリングは特殊らしく…。

Mavicの前輪などは内径17mmのベアリングを採用していて、市販の工業用と交換可能なのだそうです。しかし、Fulcrumはハブ軸外径が18mm相当とのことで、代替品がなさそうです。ということで、メーカー純正品を買うしかないのかもしれません。リアは大丈夫らしいですが。

さて、私のほうもそろそろ、バイクたちのメンテナンスをしないと。

メンテナンスをサボっていたせいで、汚れが…
メンテナンスをサボっていたせいで、汚れが…

特に、ここのところトレイルへの出動機会が多かった、Intense Carbineは泥はねだらけ。洗車したほうがいいと思われるレベルですが、ここで水をぶっかけて洗うには、ちょっと気温が低い…。

ということで、いつも通りウェットティッシュで清掃することにしました。

だいぶきれいになったと思います
だいぶきれいになったと思います

だいぶきれいになったと思います。

ちょっとコストがかかりすぎか
ちょっとコストがかかりすぎか

でも、タイヤの接地面などはきれいにできないし、時間もかかります。ウェットティッシュの消耗もコンビニ袋いっぱいになるレベルでした。コストもかかるし、環境にも優しいとはいえないかも。

さて、Prophetの統合にはいつ着手しようかな。