落とし物拾いライド

先週、Tさんにご案内いただいた”The Two Trail”にて、どうも落とし物をしてしまったようです。

お仕事先(客先)が、土曜日の振り替えで今日が休みになっていたので、距離的に悩んだのですが、「落とし物拾いライド」を決行することにしました。

出発してしばらくは暗かった
出発してしばらくは暗かった

朝の4:50頃スタートしたと思うのですが、途中何度もトイレ休憩したり、地図を読めない、ナビに正確に従えない(絶対に反対側の道を選ぶ)私の特質もあって迷ったりで、到着したのは8:30頃だったんじゃないかと思います。情けなや…。

何回トイレ休憩したことか
何回トイレ休憩したことか

前回のゴール地点まで、40kmちょっと。

逆側からのアプローチになりますが、先週転倒した場所を中心に何度もくまなくチェックしました。最後の転倒箇所は一番可能性が高かったにもかかわらず、見つかりません。おそらく最後に所在を確認したポイントと思われる場所から行ったり来たりして探したりもしましたが、残念ながら発見できませんでした。

20年以上所持していた持ち物だったので、なかなか諦めが付きませんが、広い山で小さなものを見つけるのはほぼ不可能であることを思い知りました。

どこかで諦めなければならない。

ということで吹っ切るため、前回一番楽しかったラインを1本だけ走りました。

たぶん、前走者もいなくて、つまらない動画です(苦笑)。後半は前回と同じコースですし、BGMもいつもの太鼓(?)なので…。

走っている間も、残念さがこみ上げてきて、なんとなくストレスライドに。せっかくソニー SONY ミラーレス一眼 α6000を持っていったのに、山では1枚も撮影していませんでした。なんか、そんな気分ではなかったし。

それでも今日は一度も転倒することなく無事に山を下りられたことに感謝することにします。

今日は、Cannondale Prophet 275の軸間190mmをデビューさせました。まだ、リアタイヤの干渉を解決したわけではないのですが、なるようになれ、という感じです。

でも、先週のIntense Carbine 275と比べるとちょっと乗り味が硬い感じがしましたね。

リアストロークはこの程度
リアストロークはこの程度

落とし物を探した区間も、葉が積もってはいますがかなり荒れた路面で不安定です。今日1本走った路面も段差などが多数あるんですが、リアサスをこの程度しか使っていない。38mm/51mmなので約75%。このリアサスはフルストロークすると、サグリングがマウントのほうへ落っこちます(笑)。

なので、今日はリアタイヤがシートチューブにぶつかる現象はなかった模様。

フロントも100mm程度
フロントも100mm程度

Lefty SuperMAX 140mmは100mm/140mmなので、70%。

結果的にクロカンバイクのスペックに準じた設定になっていました…。

ちょっと心配なのはこのLefty SuperMAX、自然なライドでは100mmまでしかストロークしたことがないんですよ。以前、エアを抜いても100mmでボトムアウトしたようになるので、強く何回も押して140mmストロークするようにリセットしたことがありました。これは、昔のLeftyのように中でニードルベアリングがずれたりしてるんじゃないかな…と勝手に思ったりしています。

このバイク、以前XCポジションでSIX Trailに行ったときと比べて、コギがとても軽くなっていました。90kmの往復で、これには本当に助けられたと思います。終始軽かったですから。

ただ、これはサスが硬めだった影響もあるのかもしれません。トレイル目的なら、もうちょっとサグを取る必要がありそうな気がしました。トップチューブが長い分、安定性ではProphetに分があった気がしますが、振動の抑え方そのものはIntense Carbineのほうが良かった気がします。

さて。若干気分がダークなまま、帰途につきます。

ナビや地図を使うと迷うので、多摩川サイクリングロード沿いを走って、いつもM山に行くときのコースまで出ようと思いました。しかし、これをやってしまったために、帰りの距離が50kmにもなってしまいましたよ。

ここから多摩川経由で帰ることに
ここから多摩川経由で帰ることに

結果、100.2km走ったのですが、これは今年の最長距離でもあり、たぶん生涯3回目の100km越えではないかな? MTBでは初のはず。最後は脚に力が入らないくらい疲労していました。

Prophetもコギが軽いとはいえ、MTBですからね。物理的にはIntense Carbineより重く、その分エネルギーは必要となるでしょうし。

ただ、いいこともありましたよ。帰りにラーメン屋さんに寄ったのですが、なぜか大盛り食券が買えなかったので、特盛りにしました。これ、太麺2玉使っていましたね。

そこへ、おまけで替え玉がひとつ、無料で付くという(笑)。ということで、もう1玉いただいて、計3玉を間食。スープも全部いただきました。

こういう高校生みたいな食べ方を50歳を超えた今でもできるのは幸せです。しかも、満腹で動けない…というほどではなかったし、直後にエネルギー補給用のチョコレート2つ、食べたりしてる(笑)。

こういう風に、ストレス・ライドも時間が経てば、いい思い出に変わっていくのでしょう。

さすがに、いままでになく疲労度が強いですが…。

4件のコメント

  1. こんばんは。
    3玉を間食とは凄いですね〜。
    私なんか普通盛りでもお腹一杯ですよ…….
    落とし物が見つからなかったのは残念ですが、諦めも必要ですかね?
    見つかっていたら逆に凄いかも。
    お疲れ様でした〜!

    1. Paraさん。こんばんは。

      特にこの日は本当に空腹でしたからね〜。若い頃から食費がかかるので、そろそろ落ち着きたいところなんですけど。

      落とし物は残念でしたが、気持ちは切り替えました。私が絞った区間は500mくらいの範囲ですけど、そこになければ、対象の範囲を10km以上に広げなければなりません。確かに、見つかっていたとしたら、それはすごいことだったと思います(笑)。

      体力的にはもう回復しているんですよね。明日また走ろうかな〜?

  2. こんにちは・・なんですとぉ〜!
    連チャンでロングライド…しかも、100km超とは(絶句!
    日々の鍛錬が効いているのでしょうね。さすがの体力…あぁ、羨ましい限りですよ。

    しかし、落とし物はダメだったとか・・残念でした。20年モノと言うことで、愛着もひとしおだったかと思いますが…。
    目立つものであれば、何とか・・でも、なかなか見つけられない物でしょうねぇ。
    そう言えば…自分も以前、車載で向った先でスペシャのFSR(金と赤いフレームのやつです)の前輪だけを現地に置き去りにして帰ってきてしまぃ…(自爆
    次の週にまた行ったのですが、すでに無かった…(おそらく、誰かが持ち去ったと思います)

    動画、今回も楽しませて頂きました。途中の分岐点?で車が一台停まっていましたけど・・あれって山菜採り? かなぁ。もしかして、お仲間ライダーとか・・。

    それにしても、ラーメン3玉いきますか・・うわ〜とても無理っぽいです。いやぁ、お若いですよ(笑

  3. sadaさん。こんばんは。コメントありがとうございます!

    今回は久々に100km、走りましたね。トレイルを走り終わったあとの帰りがまた40kmあるのか…と思うと、辛かったですね(笑)。結果+10kmの50km残っていたわけですが。

    落とし物は残念でしたけど、もう少し注意深くしていたら…。今後の課題です。

    しかし、FSRの前輪とは、ずいぶん大きな落とし物だ(苦笑)。でも、なくなってしまうものなのか…。マニアじゃないと持って帰らないですよね。

    動画、今回は前走者もなく、速度もゆっくりで音楽も一緒。ワンパターン過ぎて申し訳ないです。私も意識していませんでしたが、確かに途中、山の中に車が停められてますね。あの日、2人のライダーさんに会いました。あの場所から林道沿いで入れたりするのかな?

    ラーメンは、普通に大盛りの予定でした(笑)。大盛り券がなぜか購入不可だったので、特盛りで2玉。加えてサービスということで、予定の2倍食べました。よく考えたら、自宅でも、それくらいがデフォルトだったりするんですよね。そろそろ控えないととは思うのですが。

コメントは受け付けていません。