275の壁

少し前、Cannondale Prophet 275を通勤に使ってみようと思って乗ってみたら、タイヤがフロントディレーラーと接触することが明らかに。この日は急遽、Intense Carbine 275に乗り換えました。

かなり通勤時間に余裕がなくなっていたので、頑張って漕いでみたら、ロードのAddict号より大幅に時間を短縮して到着するという意外な結果になりました。前後160/150mmクラスのストロークを持つタイヤの太いAMバイクでも、ある程度漕げばロードの先まで行けるんだ…って、もうあんなコギ方はしたくないですけど。

ということで、今日はProphet号のリア周りの調整を。

FRポジションだと
FRポジションだと

FRポジションだと、2.25のタイヤはこのように接触します。

ストロークもあと3mmほど残っている状態での接触です
ストロークもあと3mmほど残っている状態での接触です

サスのストローク幅もあと3mmほど残した状態での接触ですので、フルストロークすると、タイヤがシートチューブに圧迫される感じになります。

でもXCポジションだとフルストロークしても
でもXCポジションだとフルストロークしても

でも、XCポジションだとフルストロークしても(写真は1mmほど戻っていますが)…。

一応、接触することはありません
一応、接触することはありません

一応、このように接触することはありません。26インチホイールのFRポジションでのフルストローク時くらいの隙間ですね。

XCポジションはFRポジションと比べてなぜかコギが重いこともあり、あまり好みではないのですが、27.5で運用するとなると、今のところは仕方がないかな…と思います。

フロントディレーラーはギリギリです
フロントディレーラーはギリギリです

でも、フルストローク時にはフロントディレーラーはこのようにギリギリの位置に迫ってきます。フロントシングル化は必須ですね。

 

同じフレームサイズですが
同じフレームサイズですが

同じフレームサイズのProphetですが、RAWがFR、REDがXCとポジションが異なること、ホイールサイズとフォークの長さが違うことなどから、ジオメトリが大きく異なるのが分かります。

REDはXCポジションでも、フォークが長くなってハンドルが高くなっているので、比較的ヘッドが寝た感じに見えます。

RED 275については、XCとFRの中間的なジオメトリにすべく、eye to eye 190mm x 50mm strokeのFOX RP23をeBayより入手済みなのですが、新品なのに(なんか台湾から直送でした)Trailポジションでレバーが止まらなかったり、リデューサーが外れなかったりで、Prophetでは使えそうにないです。ちなみに、標準的なprophetは200mm x 50mmのリアサスを採用しています(以前拝見したmam and popsさんのサイトによれば、初期Prophetでは200mm x 44.5mmのリアサスを採用した個体もあったそうです。これなら、リアタイヤとシートチューブの干渉はないかも)。

折を見て190mm x 50mmの正規品を入手して、試してみようかと思っています。ヨーロッパで売られていたProphet SLは確か、eye to eye 190mmのはず(ストロークは40mmか?)。こうすれば、現行のXCポジションより若干ヘッドが寝るので、26インチのときのFRと同程度になるんじゃないかな? リアもタイヤを細めのものに変えれば疑似FRポジションを設定できそうな気がします。

ということで、今日はXCポジションに設定し直したProphet 275でお出かけです。

まずは、昨日Mさんから自転車店の在庫情報を伺っていたので5kmほど先にあるショップに伺いました。なかなか掘り出し物があるんですけど、自宅マシンへの採用は難しそうでした。もう一軒、鳴木屋さんによってパーツを見たあと、当初の計画通り玉川上水へ向かったのですが…。

ちょっとフロントにエアを入れすぎた気がして、少し圧を落としたのですが、ストロークしたとき「底付き」を感じたのが気になりました。しかも、100mmくらいのところで底付きしている…?

なので、急遽玉川上水の途中で引き返し、自宅でエアを全部抜いてみることにしました。確かに100mmのところで止まるので、もうちょっと強く押してみたら、カクンと沈んで、ようやく140mm沈むようになりました。なんだこれは? もしかして、例のニードルベアリングのズレ?

これが本当のボトムの位置
これが本当のボトムの位置

でもこれで直せるのであれば、前みたいにキャップを外してコンコンしなくてよくなるので、便利ではあるのかもしれません。

また、エアを70psiくらいまで入れても、数ミリ沈んだ状態になることも分かりました。通常は、ポジティブエアがネガティブエア側に漏れる「スタックダウン」が疑われますが、果たしてどうなんでしょ? 最近のLeftyの2スプリングシステムの影響なのかな?

でもまあ、これでProphet 275は復活したのでいったんはヨシとしたいと思います。

ポタ再開
ポタ再開

再度フロントを調整した後、いつもの公園へ。今日はGemini-SさんとTrail-Sさんがいらっしゃいました。私はMさんのMonkey号の新仕様を見ていませんが、Trail-Sさんによればバッチリだったとのこと。いやあ。早く試乗してみたい(笑。

Gemini-Sさんは、Specialized S-Works Enduro号のブレーキをMagura MT7の限定モデルに変更。

Magura MT7
Magura MT7

なんかレバーの途中から角度を変更できるみたいです。

4PODキャリパー
4PODキャリパー
リアも4POD
リアも4POD

いやあ。目の毒です(笑。

私も早く、Prophet 275を完璧仕様にしたいところであります。

cannondale prophet 275
cannondale prophet 275

16:00過ぎ、突然風が強くなってきて、雨もポツポツ降り始めました。東京地方はホントに天候が不安定なこと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です