ポタリングらしいポタリング

残念ながら、ジンマシンが続いています。この3日間は最盛期のような大きな発疹はなくなってきたので、収束に向かっているかもしれません。

9月から、お仕事内容が変わり、そのストレスもジンマシンにつながっているのかも。今週からは勤務先までの片道の距離が16kmを超えましたので、いい運動になりそうです。

こんなわけで、休みになってもあまり遠出する気にならない…(苦笑。

今日は、SCOTT ADDICT R3で「ポタリングらしいポタリング」と相成りました。

旧サイクリングコース
旧サイクリングコース

近所の公園の「旧」サイクリングコース。以前はまん中に自転車ステーションなどもある、比較的整ったサイクリングコースだったのではないかと思います。

少々荒れ気味です
少々荒れ気味です

2004年にBianchi ML3 Veloce MIXを購入したあと、よくこのコースを周回していました。当時はまだ公園案内の看板に、サイクルセンターとサイクリングコース案内が掲載されていました。ただ、その頃すでに、サイクルセンターは「跡地」っぽかったです。

今はこのサイクリングコースは廃止され、公園案内からも消えています。路面も自転車でポタリングするには、少し荒れ気味かもしれません。

コースの半分くらいで行き止まりになります
コースの半分くらいで行き止まりになります

現在、「旧」のほうは、中間地点で行き止まりになります。河川工事の一環で取水施設を作っているらしいのですが、進捗状況は今一つ分かりません。以前は、この透明の壁を越えたところに橋があり、川を隔てて反対側の公園スペースに向かうことができました。

こちらは対岸側
こちらは対岸側

公園の外を迂回して対岸へ。こちらも当然、塞がっています。なので、「旧」サイクリングコースでは、現在は周回はできない状況です。まだしばらくはこの橋も開通することはないでしょう。

「現」サイクリングコース
「現」サイクリングコース

そして場所は変わって、「現」サイクリングコース。

実は交通児童公園とつながっています
実は交通児童公園とつながっています

実は交通児童公園とつながっていているコースなので、サイクリングコースといっても子供向けかな? まあ、サイクリングコースといっても、歩行者・ジョガーのほうが多いので、普通に遊歩道です。

子供が小さいころは、子供といっしょに交通公園に入って、全周を回っていたのですが、今日は交通公園を外したコースで周回しました。こちらは一応現役のコースなので、一部のポイントを除いて、路面は整っています。

このあと、休憩ポイントに移動すると、Gemini-Sさん(Cannondale Jekyll)、Mさん(COLNAGO DREAM)、Trail-Sさん(KLONDIKE)が集合していました。前回、MさんのCOLNAGO DREAM号のポジションがかなり良かったので、私のADDICT号を一緒に横に並べて、それを参考にハンドルポジションを変えてみました。

ステムを最上部に持って来た
ステムを最上部に持って来た

ステムを最上部に配置したのです。約10mm、ハンドルポジションが上がっているはずで、Mさんのバイクより若干低い位(サイズが少し小さいので)になったと思います。

落差がだいぶ小さくなりました
落差がだいぶ小さくなりました

落差がだいぶ小さくなりました。これで、前回のMさんのCOLNAGO号とほぼ同じ感じになりました。手には大きな荷重がかからず、サドルもどっかりと座る感じにはなりません。反面、足への負荷が大きくなるような気もしました。

ただ、もう5mmくらい下げたポジションも試してみたいところです。5mmスペーサ2枚に変えて、ステム位置を5mm落としたポジションも試してみたいと思います。

Mさんはホイールを交換し、ステムを20mmくらい短くしていたので、前回とは少しだけ感覚が違っていました。私は前回のステムのほうが良かったかも。

いずれのバイクもわずかに長さを変えただけで、ポジションや使う筋肉が大きく変化します。ロードバイクのセッティングも奥深い。

あるいはステムの角度を考えてみるのもいいかもしれませんね。

“ポタリングらしいポタリング” への2件の返信

  1. こんにちは・・お〜、ご通勤も自転車。ADDICT号ですか?
    (それとも預言者号ですかね?)
    片道で16kmですか。いやぁ、程よい運動でイイですね。
    その分、週末ライドが・・は、たぶん似たような気がします(おぃおぃ…)
    自分も昨今TREK号で移動しているんですが、ポジションがシンドいものの、走行感が軽いのでつぃ飛ばしてしまい…(ダメやん)ロードだともっと快適なんでしょうが…何だか危ないですよ(苦笑。

    ジンマシン=少しマシになって来たようで、何よりです。
    やはり、ストレス性だったのかな…?季節が一気に変わりましたし、免疫が落ちてきた事も考えられますねェ。

    (↑)拝見する限り、けっこう前かがみ? のようですが…。
    単にハンドル高を上げれば楽…というものでも無いので、やはりシッカリと調整しないとダメですね。その日の体調にもよりけり、ですけど(自沈

    1. sadaさん。こんばんは!

      現在、通勤はADDICT号です。預言者号は27.5化によって少し重くなってしまって…。26インチ号も復活させるかもしれないです。
      sadaさんのTREK号、レーシーな感じしますよね。当時はMTBには興味がなかった私の記憶にも残っているフォルムです。少し形は違うけど、ロードにもあったような…。

      ジンマシンは、今日もまだスポットでは出現していましたけど、あちこちに世界地図のようなものができる状態ではなくなりました。
      このまま落ち着いてくれることを祈りたいのですが…。

      SCOTT ADDICT R3のポジションはシートの位置を除いて買ったままで使ってきました。今までになく速く走るバイクだと思っていましたが、ポジションなどによるところもあるかもしれません。
      BIANCHI ML3が、ショップで採寸をしてもらって組んだバイクだったんですが、あのときも結構頸が痛くなることが多かったです。
      今回、ハンドルポジションを上げて、以前乗っていたバイクに近づいたかと思うのですが、シートにもうちょっとセットバックを付けてみたい気がします。

      次は、ショップで完成車を買ってみたい気がします。プロの方に改めてポジション設定をしてもらいたいので…。

コメントは受け付けていません。