渦巻きの中心

今日は、妻、そして10年ぶりに会う友人と待ち合わせて、K.yasuさんの個展をやっていた「もみの木画廊」さんへ。

K.yasu氏の個展
K.yasu氏の個展

K.yasu氏は渦巻きのように、多くの人を集めるカリスマ。到着と同時に、私の結婚式で、私と妻のヘアデザインをしてくれた美容室の店長さんがおられるのを発見。20年ぶりくらいでしょうか? 懐かしかったです。

多数のイラストが展示されていました
多数のイラストが展示されていました
長男が販売しているコラボTシャツ
長男が販売しているコラボTシャツ

こちらは長男が販売しているTシャツ。K.yasuさんとコラボし、K.yasuさんのイラストを長男のビジネス仲間に取り込んでもらってリファインし、Tシャツにしたものです。

画廊でのコラボ販売に当たっては、K.yasuさんには本当にお世話になりました。準備段階では何度もごちそうになったり、その際にK.yasuさんのお知り合いをいろいろと紹介していただいたり。長男も、K.yasuさん不在の際に接客したり、イラストの販売の形で7/4の初日より本日まで、昨日以外はすべて在室でお手伝いをさせていただけることになりました。

Tシャツは追加発注も必要になり、それでもサイズによっては在庫切れで予約が発生している状況でした。

一緒に行った友人が、息子さんの分も含めて3枚も買ってくれて、本当に感謝! 私たちは、予約分の発送が終わって落ち着いたころを見計らって買おうと思います。

今までと少し画風が異なる感じの油彩
今までと少し画風が異なる感じの油彩

この油彩、入って奥の目立つところに飾ってありました。今までとは違った感じの画風だなと思いましたが、近くで見てみるとやっぱりK.yasuさんらしさに溢れるイラストでした。

色彩鮮やかな一枚
色彩鮮やかな一枚

この「おじさん」も魅力的でした。色がとてもきれいで、本当は原画を見ていただきたいくらい。

テーマカラーと額装が合っているのも素敵
テーマカラーと額装が合っているのも素敵

外国の男性と京都の女性の恋を描いた(?)、壮大なスケールの横長のイラスト。写真は撮ってきませんでしたけど、これは圧巻でした。画廊を半周するイラストで、2人のストーリーが展開されていたのです。あれは絶対、画集にしてほしいな。

これは四季と日本のテーブルマナーを紹介したイラスト
これは四季と日本のテーブルマナーを紹介したイラスト

こんな感じで、日本の四季を月別に紹介したものと、日本のテーブルマナーを紹介したイラストもありました。

こんなことなら、一眼レフを持っていけば良かった…。撮影自由とは知らず、iPhone 7 Plusしか持っていっていなかったのです。

そして、数多くのイラストの中から、今回私がチョイスしたのはこちらです。

地下室のメロディー
地下室のメロディー

K.yasuさんのイラストのタッチに合った、こういうライトなノリのイラストが私の好みだからです。

でも、舞台は地下室。ここにいるのは敵同士の猫とネズミ。武器を持った普段は極限状態に置かれる兵隊たち。そのいずれもが、1人の女性に惹かれるというストーリー。何か含みを持っているように感じられます。

そう。いつもこのK.yasuさんのライトな部分に惹かれるのですけど、今回の作品には「重い」ものも多かったと思います。ぱっと見はライトなんですけど、しばらく見ているとその表現している「もの」にゾッとするのです。ぜひ紹介したかったのですけど、撮り忘れてました…。

画廊では本当にいい時間を過ごすことができました。K.yasuさん。本当にありがとうございました。10年ぶりの友人家族といろいろとお話することがあって、最後のワインパーティには行けませんでしたが、今後ともぜひ、よろしくお願いいたします。

画廊を出たあとは、10年ぶりの友人と食事をしました。その間にいろいろとあったことなどお話をしましたが、10年を経ている、という違和感がなかったですね。そして、途中から息子さんがやってきて、いろいろな苦労話も聞きました。この子が長男と同級生なのですが、身長も同じくらい、体型も似た感じになっていてビックリ。本当に大変なことがいろいろとあったけど、彼も立派に育ってくれていて嬉しかったです。

このように、今日は個展がきっかけとなって、さまざまな再会があり、本当にいい一日となりました。みなさんに感謝いたします。

途中で、友人一家と別れ、自宅に戻ったあと、もう夕方でしたがちょっとだけポタリングすることにしました。

今回はチェーンも外れず
今回はチェーンも外れず
今日は「おくまいはし」への階段を上から
今日は「おくまいはし」への階段を上から撮影してみました

MトレイルとかSIXトレイル以外だと階段しか思いつかない想像力の狭さよ(苦笑。

「おくまいはし」への階段は、上に登ると結構高さを感じます。写真の左側からやってきて、左端から進入して右側ギリギリのところを通り、さらに曲がってあとはまっすぐに下まで下る感じになります。

フロントフォークを換装してから劇的に進化しました
フロントフォークを換装してから劇的に進化しました

我がIntense Carbine 275はフロントフォークを換装してから劇的な進化を遂げたと思います。ようやく、もともと想定されていたスペックを引き出せたような印象です。

現在の状態は、公園の階段やMトレイル/SIXトレイルくらいだとかなりのオーバースペックに思えますが、反面、余裕を持って操作できることは、趣味として楽しむ上では重要なことかもしれません。

遅い時間でしたが、今日はGemini-Sさん、Trail-Sさんが来られていました。

仕様変更されている!
仕様変更されている!

久しぶりに拝見した小径車も、仕様変更されて今風になっていました。グリップの部分は、別途この色に換装されたとのことです。

私も手持ちのバイクたちを仕様変更していきたいな。

2件のコメント

  1. こんにちは・・う〜ん、yasuさんのイラストはいつもほんのりして憧れが…。その中にもしっかり主張が通っていて、ハードなパーツ(?)しか描けない自分には羨ましい限りです。
    ご長男さんとのコラボTシャツもオシャレですが…オサーンにはちと恥ずかしいかな?(笑。似合う人になりたいですが)

    東京と大阪ではこういった作品に対する感覚? が少し違うのか…。
    大昔、学校の講師さんや先輩の事務所がよく個展とか催していたんですが…けっこうハードルが高かったように感じました。そう言えば、写真展とかもそうだとか? 関西ではあまりメジャーにはならないような気がします。
    中にはけっこう有名になった先輩もいますが、それでも東京に出ていってやっと…なパターンでしたし。

    日曜日は…関東はお天気良かったみたいで。
    コチラは微妙で、朝方はマシでしたが・・午後からは一気に雷雨(沈
    母親を乗せて買い出しに行く予定でしたが、それどころでは…。
    お陰で、今日/今からスーパーまで…(苦笑)いやはや。自然は怖いです。

    1. sadaさん。こんばんは!

      K.yasuさんの個展は、関東だけでなく、京都でも開催したりしています。
      私も京都はさすがに遠いので行ったことがないのですが、京都の料理店さんでも飾られたり、小物のイラストに採用されたりしているんですよ。
      大阪とかだとハードルが高そうということで、どういう反応になるんだろ?

      Tシャツは、K.yasuさんイラストとの初のコラボということもあって、色が若干かぶり気味だったり、反省もあるようですが、よく売れました。イラストのほうも、画廊の方の話では異例な売れ方だったようです。

      自然が牙を剥くときは本当に怖いです。
      今日は、故郷の鹿児島で震度5強の地震があったとのこと。妻がニュースに気づいて実家に電話してくれたみたいですけど出なくて、心配になって私の妹と連絡を取って安全確認したとのこと。
      実家からはあとから、留守電が入っていたようでした。

      北九州のほうはまだ行方不明の方もいらっしゃいます。

      sadaさんのほうもこれから生活リズムが変わってくると思いますが、無理をなさらないよう、ご自愛ください。
      本当は私も長男なので、sadaさんのように親孝行していかなければならないのですが…。

コメントは受け付けていません。