南山

EXCELLENT OLD BIKE

土曜日は一息つきたいのでしょうか。前日はトレイル行きを楽しみにしているのに、起床してみると、なんか腰が重い(笑。

そんなわけで前2週は、土曜日はパスして日曜日に活動したわけですが、先週は月曜日に体調を崩したりもしました。

特に今週は、Scott Addictで久々に移動してみようと思ったら3kmほどでパンクして、押して帰るという憂き目に遭ったし。先日チューブを変えたばかりの後輪ですよ。

それでも仕様変更をしたProphetで走ってみたくて。明日にしようかな、と思ったのですが、あまり暑くはないようでしたので昼からのライドです。

主に走ることに集中したかったので、今日はカメラも持っていっておらず、iPhone 7 Plusでの撮影です。

お気に入りのSchwalbe Racing Ralphに戻す
お気に入りのSchwalbe Racing Ralphに戻す

まず、タイヤをMAXXIS CROSSMARK 2.1からSchwalbe Racing Ralph 2.25に戻しました。見直してみるとこのタイヤ、とても太いですね! 写真で分かるようにLefty ショックブーツとのクリアランスがかなり小さいように見えます。

そして、意外なことにコギが少し重くなったような…? crankbrothers cobalt + crossmark 2.1に換えたとき、「コギが重くなったか?」と感じました。そこで元のタイヤに戻したわけなんですけど…。ホイールの差でしょうか? あるいは中のシーラントが乾いていたので、前後60mlずつ入れ直しましたが、前のシーラントが多少効いていることを考えると、ちょっと入れすぎだった可能性もあります。

シートポストもTHOMSONに変更
シートポストもTHOMSONに変更

シートポストもTHOMSONに換えてシンプルにしました。

今日のProphetはとても調子が良かったです。やはりフロントの追従性はLefty コイル故に抜群な感じがします。

併せて、デカペの快適なことよ。ここにはいつも小さなペダルで来ていたのですが、安心感が全然違いますね。

ProphetはCarbineよりもトップチューブが長いので、直進安定性も高い気がします。あとはもう少しステムを短くできればいいのですが。

今日は広い道だけ
今日は広い道だけ

今日は広い道だけ。ここも比較的広いシングルトラックですが、緑が生い茂ってますね。

北辰妙見尊
北辰妙見尊
妙見宮
妙見宮

寺院でもあり、神社でもあるんですかね。

北辰妙見尊下の急斜面
北辰妙見尊下の急斜面
三沢川沿い
三沢川沿い

今日は山を下りたあと、多摩川につながる三沢川沿いを走ってきました。

すごく長く山が続いています
すごく長く山が続いています

山みたいな丘が長く続いていますが、ここは一般の人は入ることができないのでしょうか? 入口があれば…と思ったのですが、見つけることができませんでした。

水路も。風情がある町ですね。
水路も。風情がある町ですね。

こんな感じの水路もありました。風情を感じる町です。たまにはコースを変えて、寄り道をしてみるのもいいものです。

多摩川へ
多摩川へ

そして多摩川へ。いつもは奥側のジープロードを走っています。対岸のちょうどまん中の場所が、ユリカモメなどを撮影したり、小休憩したりする場所です。

土手の上の舗装路ではなく、下を走る
土手の上の舗装路ではなく、下を走る

土手の上の舗装路から、下道に下りてみました。でも、奥に見える小さな緑の固まりのところで道がなくなってしまいました。

いったん上に戻りましたが、ふたたび下に下りる道があったので、走ってみると…。

なかなか極上のフラットダートが
なかなか極上のフラットダートが

極上のフラットダートが。刈った草が深く積もっていたりすると路面抵抗も感じますが、それが薄くなっているところ、路面が出ているところは本当に気持ちがいいです。

こぎ続ける必要はありますけど
こぎ続ける必要はありますけど

里山の下りとは異なり、ずっとこぎ続ける必要はありますが、それはそれでいいです。この道も、砂利が見える部分を走る、実質シングルトラックですが、川の対岸に来てみて良かった。

左奥の橋を渡ります
左奥の橋を渡ります

左奥にちょっとだけ見えますけど、この橋を左に渡って対岸に戻ります。

もしかしたら、いつも走っている対岸も、もうちょっと先まで行けばこんな道があったりするのかもしれませんね。

今日の走行距離は44.5km。いつもと違うルートを回ったのでもう少し走ったのか、と思いましたが、今日はM山トレイルの中を走った距離が短かったからかもしれませんね。

ただ、新仕様のProphetはやはりすごいかも。

往路の長い下りがあるんですが、Carbine号が持っていた記録を破りました。

あと、M山の下から上まで登る未舗装ルートも登録されているんですが、これも自己最高記録です。このパート、なんだか見慣れない印が付いていて4位となっています。自己最高なんだから1番のはずなのに、と思ったら、このパートに登録されているほかの方々も含めての4位らしいのです。…まあ、9人中ですが(笑。私は7:26だったんですけど、3位の方は6:21と1分以上速い…。

ただ、記録を狙ったわけではなく、最初のアプローチなので、疲れないようにペース配分をして登ったつもりです。次は記録を狙って全力で登ってみようかな(笑。ビンディングペダルを装着して。

ちなみに1位は5:00。どんな体力の持ち主なんでしょうか?

プラス1箇所の舗装路でも新記録。急いだつもりもなく、比較的ゆっくり走った印象だったんですけど、最近Carbineでは全く新記録が出ていなかったので、帰って記録を見て驚きましたよ。

いつもとは大きく違った道を復路にしましたけど、最終的にはいつもの公園に寄りました。Gemini-Sさんがすでに到着されて、休憩中でした。

最近私は、もういらないと思っていたハードテールに興味がわき始めています。その筆頭がMonkeyだったのですが、先週Trail-Sさんのバイクを見て、「フォワードジオメトリ」採用のバイクに気持ちがシフトしつつある今日この頃です。

厳密には、Trail-SさんのBrand-X HT-01はフォワードジオメトリ(Mondrakerの用語なのかな)とは言えないかもしれません。HT-01はカタログ上のMサイズがProphetとほとんど同じジオメトリとなっており、むしろProphetのほうが実効トップチューブが長いのです。Prophetのほうは26インチバイクなので、シートステーはHT-01より少し短くなります。HT-01に試乗して「乗りやすい!」と思ったのはこんな共通点によるところがあったのかも。

Prophetは乗車するとリアサスがより沈むため、実際のヘッドチューブ角は67.5度を下回ると思います。BBもかなり低い。12年前のOLDモデルなんですけど、新しいバイクと比べても古くささがないですね。すばらしいOLDバイクです。

素晴らしきOLDモデル
素晴らしきOLDモデル

話は戻りますが、フォワードジオメトリ採用のハードテールというと、Mondraker Vantage、もしくはVantage Rになります。

Mondraker Vantage R 2017 (From Mondraker.com)
Mondraker Vantage R 2017 (From Mondraker.com)

http://www.mondraker.com/es/en/2017-vantage-r

ちょっとこれにクラッときまして、このフレームのメーカー在庫を調べてみたのですが、なんとMサイズが売り切れです…。完成車のRがつかないほう、135mmQRはあるみたいですけど…。

Mondraker Vantage 2017 (From Mondraker.com)
Mondraker Vantage 2017 (From Mondraker.com)

http://www.mondraker.com/es/en/2017-vantage

135QRに納得できれば、これもカッコイイですね。

海外のサイト1箇所でVantage Rのフレームを発見しましたが、一度も取引したことがないサイトですし。

このフレームにSyncros Hixonを組み合わせてみたい気がします。

…何妄想してんでしょうか。

2件のコメント

  1. いやいや。妄想は精進の減点・・あ、違った。原点では・・こんばんは〜。
    (最近は”減点続き”でちと凹んでますが…妄想不足かな?)

    >Racing Ralph 2.25
    まめにタイヤも変えておられるようで、さすが! です。
    ウチはもぅ鉄板タイヤ(意味不明?)なんですが、まぁショボいライドなんで・・Epicなんて、真ん中以外減ってませんもん…(良いのか、それで?)

    しかし、赤い預言者号。じっくり煮込んだような、熟成度が素晴らしいですね。
    よほどicofitさんと相性が良いのでしょう。これはけっこう貴重なモノでは無いかと。
    デジモノはその時の環境? で刻々と変わりますが、機械モノってイイですねぇ。まぁ、構造がシンプルで…と言うのはありますが。

    とは言え、Mondraker は面白そうな…(ボソ
    いかにも戦闘力が高そうで、躍動的なデザインがカッコイイなぁ・・。

    >3kmほどでパンクして
    うぐ・・自分も3度ほど経験ありますが、クルマ輪行で助かったり、(亡き)父親に迎えに来てもらったり。今はもぅそんな高待遇は望めないので、最近ちょっとパンク恐怖症になってますよ。まぁ公園くらいだと良いけど、遠征先の河川敷だと…XXX(沈

    1. sadaさん。こんにちは!

      > 減点
      あはは。最近は私も減点が多いのですけど、原点にしたいですね!
      思考は現実化する…と言いますし。
      あ、妄想と思考は違うか。

      > Racing Ralph
      これはどちらかというとXC向けなんですかね? でも、転がりが軽いだけでなく、高速走行や段差なんかでも今のところ大丈夫なところを見ると、とてもいいタイヤだと思います。
      私のライドもショボイから大丈夫なのかもしれませんが(笑。

      > 赤い預言者号
      Carbineがキャデラックだとすると、Prophetはレーシングバイクみたい。たとえが下手ですみません。じじぃにはCarbineのほうが楽な気もしますが、ProphetはMサイズにしてから、特に相性の良さを感じます。
      今でも見劣りせず乗れるのは機械モノの良さなんでしょうね。
      このMサイズがいい…というのはやはりバイクの安定感によるものだと思うのですが、それがMondrakerへの興味につながっているのかも。
      Monkeyのフレーム代があればMondraker Vantageの完成車も視野に入るのですよね。う〜〜〜む。

      > パンク
      これもあって最近はMTBたちのタイヤを2.0bar程度にしてトレイルに行くのですが、今朝、海外MTB動画で見てみたら、結構低いですね。
      私も次はフロント26psi、リア28psiくらいで試してみようかな?

ただいまコメントは受け付けていません。