FMV-MG830/S、里子に

自宅のMac/PCが増えすぎたかな。Windowsマシンは親指シフトキーボード搭載ノートが出るたびに購入していますし、今後もそうする予定ですが、そうするとほとんど使わないPCも出てきます。

私だけで所持しているPCを見てみると、以下の通りですね。

1) 自作のWindowsXPマシン。2001年頃作ったものですが、初代Pentium4 1.7GHとRDRAM 512MBを積んでいます。17インチディスプレイも含め不使用。ディスプレイ、もったいないなあ。

2) FMV-BIBLO MC4/S。これは2000年頃に買ったものですね。所持している中で最小のノートPCですが、残念なことにディスプレイが壊れて使っていません。文書作成やネットには十分な性能を持っているので、本当は復活させたいのですが…。

3) iMac G3。2002年ごろ、購入したものですが、Mac OS 9で起動可能なので、手元に残しています。Rboard Pro for Macのキーボード設定変更に必要であることも、未だ残している理由ではあります。すでにRboard Pro for Mac自体使っていないため、今後どうするか。

4) FMV-7000NA/S。何年前だろ。中古で購入して、自分で親指シフトキーボードの保守部品を入手し、換装したものです。当時のA4キーボードは非常に入力がしやすくて、デスクトップとあまり遜色がなかったですね。これもあまり使うことがありません。

5) iMac G4。2004年に購入したものです。場所をとりますから、知り合いに貸していたりしますが、新しいiMacもきたし、これはそのまま差し上げることにしました。

6) FMV-830MS/S。昨年FMV-S8360を購入してしまったため、用途が完全にかぶってしまうので、ほとんど使っていませんでした。

7) MacBookPro 17inch。2006年の春に初代モデルを購入しました。iMac 24inchを購入するまで主力で働いていたマシンですが、将来オフィスを別にした場合など、そこにおいて使おうかと思っています。

8) FMV-S8360/S。昨年出た親指シフトキーボード搭載ノートパソコンです。これはかなりのレベルで満足のできる出来で、出先などではよく使っています。Windowsでしか操作できないコンテンツとか、そういったものにはこのPCを使用しています。

9) iMac 24inch。2009年3月発売モデルでまだ出たばかりです。前回同様、3年くらい使うでしょうから、一応最高スペックのものを選びました。現状では必要十分以上の機能ですね。

うわ。1台すでに手元に置いていないから、8台はまだあるんですね。

最近、いろいろなことでお世話になっている方に「親指シフトキーボードでも問題ないよ。合わせるから。」と言われたので(こんなこと言う人、珍しい。普通親指シフトキーボード搭載という時点で却下されます)、FMV-830MG/Sのほうをお譲りすることにしました。

なんか、「親指シフトでも全然問題なし」という言葉がとてもうれしかったですね。「自分が合わせりゃいい問題で、全然こだわらない」という超柔軟性がある人。たぶん、すごく大事にしてくれそうなので、里子に出しても大丈夫でしょう。このマシンは、ShowTimeの動画を作る際に、いろんな人に仕事を持って行くのにとても役立ちました。企画書をその場で編集したり、写真を取り込んで、担当者に送ったり。撮影台本を修正したり。かなり思い出深い機種です。今後はそういう役割は、FMV-S8360がやってくれることになります。

本当にお疲れ様でした。

まだまだ残っているけど、実際に使えそうなのは、もう7)以降しかなくなっていますね。