帰還

EVF

減量中なので、12月は毎週里山行きの予定にしていたのですが、今日はどうも一週間の疲れが溜まって抜けない感じだし、体調もあまり良くなかったので近所のポタリングのみに変更しました。

公園について、自転車を立てかけた瞬間に来てくれました。まるで待っていてくれたようですね(嬉。

カワセミ嬢
カワセミ嬢

相変わらずかわいいですねぇ。出かけたのが15時を回っていて、高感度にはあまり強くないソニー SONY ミラーレス一眼 α6000で撮影したので、結果はちょっと残念ですが…。

でも、EVFは意外に使いやすい
でも、EVFは意外に使いやすい

でも、カワセミちゃんに関してはEVFは意外に追いやすい気がしています。実はCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIでもあまり彼女のアクションをうまく撮れたことがなく、止まりものばかりなのです。

α6000のEVFだと、若干遅れることはあるものの(中央で捉えたつもりが端っこに近いところで撮れていたり)、なぜかよく補足できている気がします。

これなどは遅延なく撮れたケース
これなどは遅延なく撮れたケース

こちらはトリミングをしているので分かりにくいですけど、遅延なく撮れたケースですね。

連続1
連続1
連続2
連続2
連続3
連続3
連続4
連続4

こちらは初めて、カメラを振りつつ連続で追ってみたものですが、α6000のEVFは大変使いやすいと思いました。着水や水面からの飛び出しも捉えていたんですけど、あの距離では他のカメラも含めて初めてのこと。残念ながら生け簀の檻の中なので載せませんが(悲。

EVF好きになりそう。

高感度はEOS 7D Mark IIには劣るように見えるものの、秒間の連写最高速度はEOS 7D Mark IIの10枚を上回る11枚。

α6000に組み合わせているレンズがフルハイビジョンビデオのVGシリーズによく組み合わされるソニー SONY 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSSです。望遠側はフルハイビジョンビデオには十分な解像度でも、写真だとちょっと厳しいかもしれません。

Aマウントの望遠レンズとか、アダプタを介すと4Dフォーカスは効くのかな? なんかα6000用のレンズが欲しくなっちゃいました。

さて、今日は昨日新調したiPhone 7 Plusを試してみたいと思っていました。広角用のF1.8レンズと望遠用のF2.8のレンズを搭載しているのでちょっと楽しみだったり。

望遠側レンズ
望遠側レンズ
広角レンズ
広角レンズ

iPhone 6と比較するとかなり改善しているように思います。

被写界深度エフェクト
被写界深度エフェクト
被写界深度エフェクトなし
被写界深度エフェクトなし

まだベータ版ですが、被写界深度エフェクトを使用することもできます。

最後に、iPhone 7 Plusの写真とα6000 + E 18-200mm F3.5-6.3 OSSの写真で比較してみましょう。

iPhone 7 Plus
iPhone 7 Plus
α6000
α6000

やはり奥行き表現とかが違う気がしますね。iPhone 7は過去モデル同様の色合いな感じ。さすがにミラーレス機と比べるのは酷でしょうか。

iPhone 7
iPhone 7
α6000
α6000

でもまあ、普段のポタリングでのブログ写真にはiPhone 7でも十分な気がします。

でもこの時期、カワ姫がサービスしてくれるからなあ…。一眼系と望遠ズーム、持っていきたくなってしまいます。

2件のコメント

  1. ほ〜! iPhone 7 Plus、良い写り方ではありませんか…こんにちは。
    凄い進歩だなぁ〜。あと数年後だと、どうなっているのやら…?

    (と、数年〜10年以上前の機材に囲まれているノスタル爺ですが…笑)

    テンプレートお変えになってから、トップの写真が大きくなっていますが、
    時おりドキッとする解像度写真もありますよね。
    カワセミとか、凄い立体感が出ている時もあって、コレは羨ましい限り。

    EVFもどんどん進化していて、遅延などもほぼ無くなっていくように思えますよ。
    基本は視野率100%ですし、ね。端っこも切れなくて助かったりで。
    この先、CやN社も光学ファインダーから脱却する時代が来そうな予感がしますが…。
    意外とこの時期のデジイチが値打ち品になったりして…(ソレは無いかな?)

    1. sadaさん。コメントありがとうございます!

      iPhone 7、2つのレンズを持っていることで、使い方の幅が広がりました。
      しかし、思った以上に「でかい」ので、以前のような持ち歩き方は難しいような気も…。
      色乗りとかは独特な感じがしますが、でっかい一眼カメラを持たずに出かける機会も増えるかもしれません。
      最近はライカのダブルレンズを搭載した機種もあるようですね。Appleが有名レンズメーカーのそれを積んでくれたら…。

      新しいテンプレート、当初は使い方がわからず、「あれ? 本文が…」みたいなことがありました(笑。
      ヘッダに載せているカワセミはEOS 7D MK II + SIGMA 18-300を使ったものだと思います。このレンズはもともと前ピンだったのを、10mくらいの距離に対しては調整をかけていますが、まだ途上です。
      Lレンズでなくてもいいから、EOS用に純正の70-300mmが欲しくなりました。

      EVFは以前sadaさんがおっしゃられていたように、露出補正が反映されるんですね! 鈍感でよく気づいていなかったのですが、これは便利だと思いました。
      α6000のEVFは、NEX-5Rで使っていた外付けより解像度が低いのですが、遅延が少なくてとてもいいです。
      α6500が高感度に強いと機器、なんか興味が出てきているのですが、なんであんなに急激に価格が高くなったのでしょう…?

ただいまコメントは受け付けていません。