iPod

去年、妻にクリスマスプレゼントでiPodをもらって以来、手放せなくなってきています。こうやってBlogを書いているときも、都内を移動しているときも(自転車以外)、またジムで筋力トレーニングを行っているときも使っています。
iPodをほしいと思うようになったきっかけは、昨年の母の日に妻にiPod Shuffleをプレゼントしたことでした。それはUSBメモリーくらいのサイズしかないのに、そこそこの曲数を入れたままにでき、音質もまあまあ。ときどき借りてみては、「自分もほしい」と思うようになりました。
でも、私の場合は頻繁に曲を入れ替えるのが面倒なので、もっと多くの曲を入れておけるHDDタイプがいいかな、と思っていました。すると今度は妻が私に60GBのiPodを買ってくれることになったのです。新宿の某量販店で白のiPodを購入し、家であけてみるとなんと「黒」。しばらく使うまで色の違いに気づかなかったくらい、iPodを買ってもらったことに浮かれていました。

ただ、「音がいい」と思ったことは、実は未だにありません。低音もあまり出ていないような気がするし、若干こもり気味のようにも感じます。
若干美化された記憶によるものかもしれませんが、昔使っていたカセットテープタイプのウォーキングステレオのほうがずっと音がよかったような気がしてならないのです。そういえば、あのころは独り者だったので、音響製品には結構こだわっていました。そして、ウォーキング・ステレオ用に、少し高価なヘッドフォンを購入しました。AIWAのHP-D9(だと思う)というもので、黒いボディに2本の太く長い金色のパイプが伸びているのが特徴でした。1989年にアメリカに行ったときにはもう持っていましたから、それ以前に発売されたものでしょう。
あのヘッドフォンは本当に音が豊かだった…。低音はボリュームがあるし、高音もそこそこクリアだったと記憶しています。その後、シルバータイプのHP-D9をもう一個購入したのですが、こちらは低音が明らかに弱くてほとんど使いませんでした。個体差なのか、もしかしたら最初の黒いのは、HP-D9の上位製品だったのか?
シルバータイプは先日見つけましたが、スポンジが溶けていて汚くなっていたので、捨ててしまいました。黒のタイプは、久々に使ってみると、右の音が聞こえなくなってしまっています。しかし、左から聞こえる音は明らかにほかのヘッドホンとは違う!

iPodもヘッドホンを変えたら、昔感動したような音を味わえるかもしれない。そこで、私が気に入っていたHP-D9のメーカー、AIWAのサイトを調べてみたら、もう低価格の製品しか出していないんですね。
やむなく、量販店にいって調べてみました。PanasonicやSonyのヘッドホンがおすすめになっていますが、その中にAIWAのHP-VX101という製品があり、周波数特性的には高性能であることが歌われています。これは密閉型ですが、インナーイヤータイプの密閉型は使ったことがありません。すごく安価なので、ダメもとで購入してみることにしました。

そして、聴いてみて「ガッカリ」。確かにiPodより低音のボリュームはかなりありますが、全体的に音がこもってしまって仕方がありません。当然、あのHP-D9とは比べるべくもなく…。10年以上前の古いインナーイヤーのヘッドホンをいくつか引っ張り出してみると、そちらのほうがずっといい感じの音を聴かせてくれます。

やはり、あの感動を再び味わうためには、数千円のヘッドフォンではダメなんでしょうか?
3000円くらいまでのヘッドフォンが大量に並んでいる場所とは離れたところに、同じインナーイヤータイプのヘッドフォンが9000円~40000円くらいで売られています。耳を覆うタイプのヘッドフォンならそれくらい出してもいいのですが、華奢なインナーイヤーに数万円出すのは勇気がいりますね。きっと音は相当いいんでしょうが…。いずれにせよ、視聴できるところでないと、なかなか購入に踏み切れないですね。