お疲れさんのScott Addict R3号

ロードバイク

迷走台風は、日本列島に大きな爪痕を残しました。犠牲になられた大勢の方々に哀悼の意を捧げるとともに、被害に遭われている方々にお見舞いを申し上げます。

東日本大震災以来、「想定外」の言葉はよく聞きますが、実際、いつ、なにが起こってもおかしくない。準備しても防げないことはあるけど、私たちには準備をするしか方法はありません。

12号もまた日本列島を縦断しそうな感じなので、注意が必要です。

今日は、約1年ぶりの自転車での遠出。

昨日の予報では天候が崩れるということで半分諦めていたのですが、いざ今日になってみると、どうやら晴れている様子。

そこで、最近知り合った方とロードバイクで多摩湖まで。昨年何度も迷って、一周できたのかできなかったのか、良く分からない結果になっていたのですけど、今日は無事に多摩湖を一周できたみたいです(笑。

前回はProphetでしたけど、さすがにロードのScott Addictだと20km先の多摩湖も「遠くない」感じがしました。まあ、先導してくれた人がいてくれたからかもしれません。

多摩湖一周
多摩湖一周

となりに見える、案内していただいた方のバイクはTrek Émonda。長男のバイクと同じタイプだと思いますが、ホイールがFulcrum製に交換され、戦闘力が上がっていました。

次は私も長男のÉmondaを借りて、行ってみようかな。

お疲れさんのScott Addict R3号
お疲れさんのScott Addict R3号

総走行距離はサイコンも付けていなくて、50kmくらいかと思うのですけど、やっぱりこのバイクは「硬かった」ですね。

以前持っていたFocus Cayoも「硬い」気はしていたんですけど、このバイクで初めての1日100km越えをしたときは、さして疲れも残らず、楽でした。日を開けずに100km越えの再チャレンジとなった「ふじのくに」のときは、すぐにきつくなりましたけど。

ふじのくにでのFocus Cayo
ふじのくにでのFocus Cayo

やはり、過去に所持していた2008モデルのCR1が一番快適なバイクでした。

SCOTT CR1 Team Compact (2008)
SCOTT CR1 Team Compact (2008)

その昔、こちらも盗難にあって戻ってきていない、硬いアルミフレームのBianchi ML3に中華カーボンホイールを付けたことがありました。それだけでML3の乗り味が大変変わったので、このバイクもホイールをカーボン化すれば乗り味が変わるかもしれませんね。

Bianchi ML3 Veloce Mix 2004

 

でも、かなりハードな荒れた舗装を高速で抜けても大丈夫で、さすがに信頼性が高いバイクだと思いました。

コンビニで休憩中にパチリ
コンビニで休憩中にパチリ

いずれにしてもかなりの振動で腕や頸などにかなりダメージがあります。今日一緒に走ってくださった方はこのコースにとても慣れている感じで、逐一「ここに段差が」「ここ、荒れてます」と教えてくださいました。このナビがなかったら多摩湖周回をしていたときは結構危なかったかも。あちこちが痛くなってちょっと集中力が欠け気味になってきたこと、 久々のビンディングで感覚が違ったこと、ブレーキングに失敗することが多かったことなどもその理由です。特に段差はまったく気づいていなかったので、あのスピードのまま普通に突っ込んだら危なかったかも。

ナビ、本当にありがとうございました。

いったん自宅に帰り、そのままゆっくりするつもりでしたが、天候も崩れる予報なので、短い時間でも今日のうちに軽くMTBに乗ることにしました。

Intense Carbine
Intense Carbine

今日はGemini-Sさんにも会えて、またGemini-Sさんの身内の方にもお目にかかれました。いやあ、いい日でした。

Intense Carbineの異音は解決できませんが、よく乗ることで最近リアサスの動きがなじんできたように感じられます。

この階段を下りる感覚も良くなりました
この階段を下りる感覚も良くなりました

Cannondale Judgeは別格として、この階段を一番スムースに下りられるのは、先刻手放したSanta Cruz Nomad号でした。今日、Gemini-Sさんと別れたあと久々にトライしてみたのですが、Intense Carbine号はNomadのようになっていましたよ。

前回Prophetで行ったとき、結構いろいろと楽しめる公園トレイルがあったのですけど、もう少し先まで行くともっとたくさんトレイルがあると聞いています。Carbineで行ってみたい気もしますが、Cannondale ProphetやRizeと比べると、あんまり進む感覚がないのがちょっと残念。あの距離はさすがにきついかな…。今日、ショートカットコースも教えていただいたので、できなくはないか。9月はシルバーウィークもあるし、今度こと行ってみようかと思います。

もう秋なんですね
もう秋なんですね

いつの間にか水も流れくなっていました。いつの間にか秋になっているんですね。

毎年思うのですが、「夏が終わると寂しい」のです。なぜだろう? 春が終わっても秋冬が終わっても、「寂しい」と思うことはないのに。

 

2件のコメント

  1. 多摩湖ツアー、お疲れ様でした…おはようございます。
    全国的に湿度も気温も高そうですし、ちょっと大変だったのでは…。
    ざっと50kmですか。この時期だと、けっこうグッタリ来そうですけど?
    帰宅して、再度MTBポタとは・・さすが! ですな〜(笑。

    で、過去のロード車歴。改めて拝見すると、けっこう乗られてますやん(苦笑。
    ビアンキ号の盗難は残念でした。う〜ん、、Rizeも併せて2台ですね…(悲痛。
    稼働率が高いと言うこともあるでしょうけど、それだけ盗難事件も多いと言うこと。
    …たく、悪いやつが居るもんです。駅前のママチャリとは次元が違うんですが、
    アレもやられると腹タチますが…。(昔、最終電車後にやられました…沈)

    今日(日曜日)は朝から崩れそうな予報でしたが、今のところ薄曇り〜晴れ間も。
    昼過ぎからヤバそうですが、今朝は朝ポタはパスでした〜!(苦笑)

    >夏が終わると寂しい
    9月でもこう暑いと、まだ夏〜! の感触ですが…確かにそんな気がします。
    学校が始まって周りが少し静かになったり、時おり涼しい風が吹いたり…。
    ちょっと秋の香り? もするし、日本人の感性はまだ衰えていない…のかな?
    なったり、

    1. sadaさん。こんばんは。

      一年ぶりの多摩湖は体力的に心配していたんですけど、さすがはロードバイクということで、問題はなかったようです。
      ただ、メカニカルな刺激というか、やはり振動とかに対するダメージのようなものは結構あって、今日は上半身のあちこちの関節が痛かったです。
      多分、ハンドルに加重をかけ過ぎているのでしょう。
      Addictは軽量でスピードも乗るのですが、やっぱりオッサンの趣味には硬すぎるかもしれません。フレームをコンフォートタイプに変えようかな…? って、また言ってる(苦笑。

      Bianchiは、盗難されていなければ多分まだ乗り続けていたと思います。Bianchiが残っているうちにMTBに興味がいってしまっていたので、多分ロードを買い換えるような気持ちにはならなかったのではないかと…。
      もし、Prophet Sではなく、Prophet Mを入手していたら、それ以降のMTB歴もあまりなかったかも。DHバイクにはかなり興味があったので、DHバイクは買ったかもしれませんが。
      自転車盗難は本当に頭にきます。二十代のころは、友人にもらったママチャリを盗まれたことがあります。その次がBianchi、その次が長男に上げたVery Good Number Polish、そして最後が悔やんでも悔やみきれぬRize号。

      ロードは速くてあまり暑さは感じませんでしたけど、次はやはりMTBで行きたいです。やはり、高低差があってあちこち走れるところはあるみたいなので。

コメントは受け付けていません。