カモダンス

切り替え

今年の大型連休がスタートしましたね。

つつじ
つつじ

私のナンバーワンバイク、Cannondale Rizeを盗まれるなど、散々だった2016年4月もあと1日と少しで終わり。2月、3月もいろいろあったので、5月こそは好転させたいと思う今日この頃であります。

対峙
対峙

公園にはアオサギが2羽いました。そのうちの1羽がカラスに絡まれていましたが、やはり体格の差ですかね。

アオサギの勝ちでした
アオサギの勝ちでした

結局、アオサギが身震いして威嚇すると、カラスのほうが諦めました。

もう1羽のほうは、カラスに干渉されることもなくのんびり
もう1羽のほうは、カラスに干渉されることもなくのんびり

もう1羽のほうは、カラスに絡まれることもなく、のんびりとマイペースです。

ブルース・リーの広背筋みたい
ブルース・リーの広背筋みたい

ときどき羽を広げては、日光に当てていました。

ぬいぐるみみたい
ぬいぐるみみたい

今日は、「餌箱」の装置がうまく動作しなかったようで、世話人の方やギャラリーの方が協力して直していました。最近、この池は土曜日に極端に水位が下がります。餌箱が池の底に引っかかってしまっているのかもしれません。

今日は姫も王子もいたみたいですが、私が撮れたのは姫だけで、王子は声しか聞けませんでした。Trail-Sさんが王子の撮影に成功したようなので、あとで見せていただくことにします。

ところで姫、前面はオレンジの部分が増えてきたとはいえ、まだまだ「まだら」な感じがぬぐえないですね。

新緑の中
新緑の中

ということで、姫は、現段階ではこのように少し後ろのほうから撮るのが良さそうです。新緑の映り込みも新鮮な感じでした。

今日はCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IISIGMA 高倍率ズームレンズ Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMを組み合わせてみました。このレンズ、高倍率レンズの中では大変評価が高いのですが、1/3以下の値段で買えるキットレンズ、Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMと比べると望遠側の画質は落ちますね。250mmと300mmの差はないに等しいくらいですし、この公園の鳥さんたちを撮るなら、EF-S55-250mmのほうがいいみたいです。

アオサギ君たち
アオサギ君たち
Santa Cruz Nomad
Santa Cruz Nomad

あれから、週末ポタはSanta Cruz Nomadのみ。階段を降りたり、ちょっと難しいところを走るととてもいい感じなんですが、RizeやProphetのような軽やかさはさすがにありません。多分、フォークのフリクションが強いこと、タイヤが重すぎることもその理由だと思います。4本も未使用在庫のある、Schwalbe (シュワルベ) Racing Ralphをチューブドで使おうかな…?

Nomad号で走っていると、上から何かが落ちてきた!

木の枝が刺さってきた
木の枝が刺さってきた

見事にフォークのところに落ちてきた枝が刺さりました。

こんな感じです
こんな感じです

ハンドルバーが守ってくれたことで、私には全く当たりませんでした。

いま、普通に乗られるMTBはNomad号だけですが、もっとこのバイクのことを大事にしてやれ、という「天からのメッセージ」だったりするんですかね(笑。

大事にしてあげよう。

4件のコメント

  1. 4月も残すトコロ・・(数時間?)あ、こんにちは。
    仰るとおり、個人的にも世間的にも、災難続きの4月だったかも・・。
    まぁ続く時は続くものですし、コレも伝染する傾向にあるように思えます。

    それにしても・・鳥類に限って見ると、だんだん野生の王国っぽくなってません?(笑
    アオサギのペア(でも無いかな?)も珍しいけど、カラスとの対決まで。
    絵としては、最高に面白く見えます。カラスって、小型のトビ類も蹴散らすみたいですし。

    姫や王子、いつもサービス満点でイイなぁ。
    コッチはもぅ全く会えてませんし、今はドブ池でオヤジ軍団のフナ釣り大会が盛況でして。
    アオサギさえ、出てこなくなりました。とうぜん、枝泊まりの王子など、狙える環境では…。
    その分、新しいカルガモ一家が出来たようで、今朝目撃したのですが(=A77無し…沈)

    >木の枝が刺さってきた
    ぶるる・・けっこうゴツイ枝ですな(苦笑)直撃だと危なかったかも?
    コレは…運気が向いてきた! (と、言う事で)。

    1. sadaさん。早速ありがとうございます。

      4月はいろいろありましたね。おっしゃるとおり、個人的にもグダグダでしたが、世間的にも…でした。九州地方ではまだ強い地震が続いていますが、それでも、九州自動車道、九州新幹線が復旧するなど、明るいニュースもありました。私も、5月は不屈の1ヶ月にしようと思います。

      そう、この公園はもう野生の王国っぽいです(笑。以前はゴイサギが来たりもしてましたし。
      カラスも2羽体制だと脅威になるんでしょうか。1羽だと無視しているのに2羽目が来たらおとなしかったアオサギが羽を膨らませ、威嚇しました。

      カワセミたちは、周りに人だかりがあっても一応は出てきてくれるので、感謝しています。sadaさんとこも、次はカルガモ一家ですかね?

      枝の命中(笑)、滅多にないことではあるし、私にも当たらなかったことを考えると、「運気が向いてきた!」と解釈しました!

  2. このアオサギさんたちはペアなんでしょうかねー
    嘴のオレンジは薄めですが、肢の色と目の下のくすんだスミレ色、
    ヒラヒラの飾羽なんかは、何となく婚姻色の名残のようにも思えますが…
    そして、カラスこそ巣作り子育ての季節かもしれません。
    気が立ってるんですよねーこの時期のカラス。
    父は10年ほど前の5月、カラスに後頭部を蹴られてちょびっと血が出たことがあります。
    ただ巣の下を歩いただけの理由で蹴られたらたまりません。
    他にもカラスに驚いて転倒した人が出たため、巣が撤去されちゃって。
    まぁカラスもお気の毒だったんですけれど。なんで街中に巣をかけちゃうんだか。

    姫はやっぱり幼いんでしょうか。あどけない表情が何とも可愛らしいですね。
    ゲッ、頭上の落下物。大事に至らず何よりです。
    アタマはヘルメットが守ってくれたかもしれませんが、
    身体の柔らかい部分に当たらなくてヨカッタ…
    これは何か…宝くじ的なものを試しておくのはどうでしょう^m^

    1. a-ki_laさん。こんばんは!

      アオサギの手前にいた1羽、あまりに胸毛(?)が長いので、私はアオサギかどうかもよく分からなかったのですが、通りかかったおじいさんがアオサギだとおっしゃっていました。
      1ヶ月ほど前、次男が至近距離から撮った写真を見ると、アオサギのようです。アオサギの婚姻色(最近この言葉を知りました)はよく分からないのですが、カップルなのかなあ。距離感は微妙でしたね。

      カラスは、1羽はかなりしつこくアオサギに絡んでいましたけど、巣作り子育ての事情があったのかな?
      何年前か分かりませんが、カラスが女性を急襲する映像がニュースで流れた記憶があります。私もポタリングの際には注意するようにしていましたが(ハンドルを握っているので反撃できない…)、お父様は災難でした。

      カワセミ姫も長老たちのお話では間もなく1歳になるはずですが、なかなか羽毛もキレイになっていかない感じです。秋からずっと追っているので、私はかわいくてたまりませんが。

      枝の落下とバイクへのお飾り化(笑、きっと悪運続き→好転のきっかけであったと信じます! 星占いの金運もよかったので、宝くじためしてみましょうかね?

ただいまコメントは受け付けていません。