ハードテール

以前、Cannondale Prophetから外したパーツが一通り揃っていて、フレームさえあればもう一台のMTBを組める、というエントリーを書いた記憶がありますが、どうも1台フレームを入手できそうです。私が1台も持っていない、リアサスペンションが付いていないタイプの「ハードテール」と言われるフレームです。

サスペンションとフロントホイールがLeftyタイプであるため、当然フレームはCannondale製。当初は、最近はやりの「ハードテール・オールマウンテンバイク」に仕上げようと思いました。なんと言っても、Prophetのパーツを流用するわけですからね。ところが、入手予定のフレームをいろいろと調べてみると、フロントディレーラーが付かないタイプみたいですね。ストリート・ダートジャンプ用なので里山を「登る」のは多少大変かもしれません。その代わりフロントホイールをリフトしたりの「技」をやりやすいらしく、今まで無視してきたバイクをコントロールする練習を少しできるようになるのではないかと思います。

詳細はのちほど。