Canonもいいですよ

金曜日。仕事を早めに上げて、とある中古バイクショップに出かけました。Cannondale PropheのMサイズが入荷したらしいからです。これを入手すれば、現在使用中の大事なフレームは休ませて、取り外したパーツから超軽量なRize Carbon号を復活できるかな、と思ったりしているわけです。

実物の状態はそう悪くはなく、フレームだけでいえばかなりいい状態ではあります。ただ、リアサスのインナー部分のコーティングに1箇所剥がれのようなものがあり、どうも私のProphet号と同様な感じになっている風です。この傷がなければ、行ってしまっていたかもしれませぬ。でも、久々にまた違ったProphet号を見られて嬉しかった小一時間でした。

さて、今朝の天気予報では今日は雨は降らない感じだったのですが、ゆっくりしていたら雨雲ズームレーダーが「杉並区に雨雲が近づいています」というメッセージをよこしてきました。慌てて外に駆け出すも、もう雨が降り始めています。

まあ、まだぽつぽつというところなので、Cannondale Prophet号で出撃するわけです。

Cannondale Prophet
Cannondale Prophet

今日は、Canon EOS Kiss X7 + Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS IIがお供してくれました。すぐに雨が強くなるでしょうから、近所で鳥さんチャレンジ再び、と考え、望遠レンズを付けっぱなしのEOS Kissを持っていくことにしたわけです。

コサギ
コサギ

Canon EF-S55-250mmも手ぶれ補正は効いていますが、先々週のSONY α6000 + SONY E 18-200mm F3.5-6.3 OSSほどではありません。なので最望遠くらいだとカメラを安定させるのは結構難しかったです。ゆっくり動いていたコサギに付いていくのも結構大変。でも、50mm分焦点距離が長いので、得られたチャンスは多かった気がします。

目が合った
目が合った

真上から撮った鴨さん。背景は汚いですけど、しっかり目が合ったので、載せてみました。

移動するものは難しい…
移動するものは難しい…
ヒメジョオン
ヒメジョオン

悪天候続きで親水公園がずっと閉鎖されたままになっているため、近寄って撮れませんでしたが、こちらはヒメジョオンでしょうか? 5月に撮影したハルジオンと似ていますけれども、ヒメジョオンのほうが花弁がやや幅広です。

ハルジオン
ハルジオン

違ったらすみませんm(_ _)m

ちゅん
ちゅん

今日も幸い、ちゅんが近くまで寄ってくれました。ちょうどスポーツモードにしていたので、急いで撮影。ホントにかわいいですね。ちゅんは。

ちょっと…
ちょっと…

ハトもかわいいイメージがあったのですが、間近でみるとちょっと怖いです…。

ちゅんもダイナミックな飛び方しますね
ちゅんもダイナミックな飛び方しますね

ちゅんもカラダが小さいのに、ダイナミックな飛び方をしているんですね。豆粒のようでしたので、トリミングしています。

速い!
速い!

ちゅん。速い。素敵。

じゃあね
じゃあね

昔から動画が好きなんですけど、瞬間が切り取れるってやっぱりすごい面白い。

動画と写真、といえば、SONY様がまたすばらしいものを発売されるようです。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4
SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4

ううむ。ついに4Kに対応してきたか! また、最大960fpsのスーパースロー撮影にも対応しているみたいです。少なくとも240fpsまではフルHD画質らしいので、480fpsもHD画質に対応、ということで、スポーツ動画には適したカメラと言えると思います。ただ、倍率が2.9倍か…。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX10 II 光学8.3倍 DSC-RX10M2
SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX10 II 光学8.3倍 DSC-RX10M2

こっちだと、8.3倍か…。倍率が欲しければ…。

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000
Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

こちらは半額弱です。ただし、スローは120fps。これらはもう一つあとのモデルくらいが狙い目かな? 4Kをサクサクと編集可能なMacもほしいところです。

水が出ているのを初めて見ました
水が出ているのを初めて見ました

MTBを初めて初期のころ、よく段差の登り下りを練習した池。Ransom号で後輪をぶつけてパンクしたのを覚えています。いつも干上がっているのですが、水が出ているのは今日は初めて見ました。この水の中で段差練習するのもありかな、と思ったり。

Canonの画作りは結構好き
Canonの画作りは結構好き

2014年1月に入手したCanon EOS Kiss X7、映りは結構好きなんですよね。単に個人的な好みとか見方によるものかもしれませんが、Nikon D600とかはリアルっぽいけど、無機質な感じもして。

CanonはIXY DIGITAL 50という古いコンデジも現役ですが、こちらも当時はすごく気に入っていて、家族写真のほとんどはこれで撮影していました。Canonさんは、今度またすごい一眼レフを発売されましたよね。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R ボディ 5060万画素 EOS5DSR
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R ボディ 5060万画素 EOS5DSR

サンプルを見ましたが、ものすごい画質でした。当然レンズも凄い奴をつかっているんでしょう。仮に予算が撮れたとしても、私の腕ではあんな写真は撮れませんが。本当に魅力的です。でも、4K動画には対応しないんですよね。4Kならば…。

SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ NEX-5TL-W ILCE-7RM2
SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ NEX-5TL-W ILCE-7RM2

やっぱりコイツでしょうね。

それにしても、ずっと解像度でSONY/Nikonを下回っていたCanonさんは一気に逆転しましたね! もちろん、「解像度だけでは品質ははかれない」とは言い古された言葉ですけど、技術革新は本当にすごいと思います。

…なんかCanon、いいなあ。いやいや。もうD600もあるんだから、コイツを強化しましょうよ…。頭の中で、白い人と黒い人が闘っています(笑。

でも、Canon EOS 5Ds Rとか、SONY α7R IIとかを導入できる予算があるんだったら、きっとSanta Cruz BronsonやRocky Mountain Altitudeを組み立てていることと思う(苦笑。

天候が恨めしい
天候が恨めしい

梅雨時期だから仕方がないとはいえ、天候が恨めしいです。

もっともっと、乗りたいですねぇ
もっともっと、乗りたいですねぇ

4件のコメント

  1. お早うございます。今回のCanon写真、頑張りが凄いじゃないですか!

    コサギの色合いといい、チュンの飛翔シーンといい、カルガモの水泳? といい・・。
    シャッタースピードは落ちますが、意外と晴天時よりもしっとりと写る今の時期も捨てたものではないですね。もっとも、雨にあうとカメラが心配ですけど(苦笑。

    フレーム、残念でした。あまり勢いで逝っちゃうとエライ目に遭うので(経験済み)、ココはじっくりと選んだ方がイイですよね。

    デジモノは進化が激しすぎて、もぅ着いて行けません。
    高画素化も結局、レンズやPCを含めて予算を消化し過ぎるので・・。
    もぅ現行で十分なので、後はシャッターチャンスを如何に増やすか? が個人的な課題かも。
    そうそう、RX-10は私も気になっていた一台なんですよ〜。
    Mark2が出てくれたし、秋ごろには初号機の中古も値ごろになりそうなので・・む〜!(ヤバ!)。

    1. sadaさん。おはようございます。早速コメントありがとうございます。

      私のiMacのデスクトップには、以前ダウンロードさせていただいた「sadayan photo Nikon COOLPIX P7700」と刻印されたベランダの鳩さんの写真が置いてあります。まるでそこにいるかのようなリアルさと立体感、解像感。今はとても無理ですが、いつかこのような感じで撮れるようになりたいと思っています。

      忍耐力のない私が今回は少し忍耐してすずめちゃんが来るのをずっと待っていたんですけど、伝わったのか比較的近くに来てくれました。でも実際には豆粒で、すごくトリミングしています(苦笑。

      今回は、雨に濡れたレンズを何度も伸縮させたので、ちょっと心配…。途中で気づいて拭いたんですけど、中に水を引き込んでいるかも。

      Prophetのフレームは…。まだ分からないですよ(笑。非常に薄汚れてはいたんですけど、あれ、磨けば結構キレイになると思います。パーツグレードは落ちますが、これがあれば、ProphetとRize、2台持ちできるな、なんて。Spicyやcommençalは分解保存になるかもしれないけど…。

      デジモノの進化の早さはついていけないですよ…。法人設立時に導入したiMacもそろそろリプレース時期かと思っているのですけど、トップグレードのiMacは当時も今も価格は変わらないですね。厳しい。

      RX10、良さそうです。私は、HX9Vの後継としてRX100 IV…なんて思ってしまったのですけど、HX9Vは16倍ズーム(だったと思う)の代わりにはならなさそう。

  2. あは、MTBにも「Cannon」とつくのですねー
    それにしても、サドルの薄くて尖ってること!い…痛くないんですかね?

    ちゅんの飛び出し、お見事ですね。ワタシ「何か茶色の塊?」程度にしか撮れません。
    Kiss機の250mmは400mm相当でしたっけ?
    大きく見えることに加え、kiss機は光学ファインダーであることもアドバンテージなのかも。
    ゆっくり飛び立つサギや安定飛行に入った大きめの鳥の飛翔なら
    遅延するEVFでも捉えられるかもしれませんが、小型野鳥の高速の飛び出しは困難。
    なので、ホント、これすごーい!!
    撮れる腕をお持ちなのですから、ぜひD600に80-400とか、どうでしょう?(笑)

    ひとつお詫びです。ワタシのブログにいただいたicofit さんのコメントを
    ワタシのスマホの誤操作のせいで削除してしまいました。
    お返事書きのためにテキストを他へコピーしていたので、そこから移植。
    でも順番が変っちゃいました。ホントごめんなさい。気をつけますm(_ _)m

    1. a-ki_laさん。こんにちは。早速のコメント、ありがとうございます。

      > Cannon
      これ、未だによく打ち間違うんですよ。勢いで(笑。
      サドルは一度通勤途中に、自転車通勤で薄くなってしまったおちりの部分に先端が刺さり、「ビリビリーっ」と太ももまで破れてしまったことが(恥。
      おちりを抑えて近所の百貨店に入り、某ブランドのパンツを買いましたが、合わせてシャツを2枚買わされ散財した記憶が(苦笑。このパンツもすぐ孔が空きましたけどね…。

      250mmでもちゅんは小さくしか写っていなくて、思いきりトリミングしてます。草の間を抜けて飛ぶので、ピントもなんか合わないし。この日何度も飛翔シーンに遭遇したんですけど、ほとんど失敗で比較的キレイに撮れているモノを組み合わせて一連の動き風にしてみました。
      EOS Kiss X7はファインダーが小さくて、α6000のほうが慣れているせいか見やすい気も。多少は遅れもあるんでしょうが、α6000はあまり極端な遅れは感じないような気がします。
      D600も望遠はほしいと思っていますが、何なんでしょう。80-400mmのあの値段は(笑。

      > コメント
      いえいえ。とんでもないです。堀之内妙法寺の話が出てきたので、つい嬉しくて。過去記事にたくさん出ていたんですね。子供が小さいころのムービーなどはここでたくさん撮りました。当時3歳になる前の長男が、石垣に向かって後ろ回し蹴りを連写しているムービーなど(笑。
      周辺で似たようなMTBに乗っているおっさんを見かけたら、ぜひ怖がらずに声をかけていただければ…。

コメントは受け付けていません。