心配なコースコンディション

日本初とされるDHマラソン、G DH Marathon 野沢温泉が27、28日に開催される。私もエントリーしているのだが、26日には台風11号の上陸が予想されている。前回の試走のときも地面はかなり濡れていて、レース当日までにもう少しいいコンディションになってくれることを期待していたのだが、かなり厳しくなってきた。
実は、昨年秋にMTBを始めてから、私は極端にぬかるんだ路面を走った経験がない。DHマラソンというだけあり、かなりの急斜面もあるので、そこをバイクに乗ったままきちんと降りられるのかどうかが心配だ。実は、先週の試走のとき、下りの林道が結構ぬかるんでいるので、途中でバイクが止まらないようかなりのスピードを出していたのだが、水切りの溝の発見が遅れ、思い切り突っ込んで前転した。完全な前転の経験は中学時代以来だが、前回の試走時はバイクが上から振ってきて、かなりのダメージを受けてしまった。
いったん止まってしまってからは、恐怖感も手伝ってか、なかなかスピードを乗せることができず、ハンドルをとられまくったのである。あれ以上のマッドコンディションになるとどうかなあ。

MTBは楽しくて乗っているけど、まだまだスキルが伴わない。27、28日はドロドロのコンディションを走るためのいい経験、ということになるか。とにかく当日は大人数による一斉スタートなので、無理をしないで、ゆっくり楽しく走りたいと思う。

そういえば、前回試走時に高圧で何度も洗車したせいか、Prophetの調子がよくない。まずシフター(変速レバー)の動きが極端に重くなっていて、スムースではない。ProphetについているのはSRAMというメーカーのシフターだが、JekyllについているShimanoのシフターと比べて当初から重い感じがした。今はかなり力を入れないと動かない感じである。リアディレイラーとワイヤーの出入り口に注油してみたが、当初のようには軽くない。ShimanoのDEOREは注油ポイントが分かりやすいが、SRAMはどうしていいかわからない。
いずれにせよDHマラソンまでにBikitさんに持ち込む時間もないし、場合によっては、Jekyllにウェットタイヤをつける形に変更するかもしれない。下りは大変だが、それ以外のポイントでは走りやすくなるのではないかと思う。