SONY E 18-55mm F3.5-5.6

今日は次男の誕生日。14歳になりましたが、2,480gしかなかったあの子が中学2年とは、感慨ひとしおです。そういえば今年で長男も20歳、ということは私も50歳で、一つの節目の年となるかな。

事前に少しだけ出かけようかな、と思って今日は早起きしたんですけど、結局は別のことをやっていて、午後になってから少しだけMTBに乗りました。

今日は広角もあり
今日は広角もあり

今日はSONY α6000に、数千円で買ったSONY E 18-55mm F3.5-5.6を持っていってみました。ちょっといろいろなシチュエーションで撮ってみたくて。薄型のSONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6を持っていっても良かったのですが、どうも思ったようなイメージの写真にならなくて。

タイヤを交換してから初挑戦
タイヤを交換してから初挑戦

今日はタイヤを交換してから初チャレンジの階段でしたが、新しいタイヤであることがいいのか、X-Kingがいいのかはわかりませんが、すごくイイ感触でしたね。

短い急坂
短い急坂

最近見つけた短い急坂も練習してみました。常に湿っていて滑りやすいですし、出口が段差になり、さらに通路の反対側にも石が並べられているので短いながらもとても緊張します。ここは、High RollerのときよりX-Kingのほうがよくグリップしてコントロールしやすい感じです。新しいからかもしれませんが、路面を傷めることもなくなるので、ある程度山が減ったら定期的に交換すべきなのでしょう。

フーリガンみたい
フーリガンみたい

今日も一番扱いやすいCannondale Prophet号ですが、広角レンズは面白く撮れますね。同じCannondale製のフーリガンのように見えるのは気のせいでしょうか?

武蔵野園さんで休んでいるとJudge-Sさんが来られました。新しいクランクを入手されたようで、もう一台の新車も少しずつ完成に近づいている様子です。

じっと座っているとあまりに暑いので、ちょっとだけ公園の池の周りをぶらり…と。

池の手入れもそろそろ必要かも
池の手入れもそろそろ必要かも

…池が見えない(笑。独特の匂いもしていましたが、そろそろ手入れも必要かと思います。

噴水
噴水

たまにはiPhone以外の広角の写真も新鮮です。いつも付けているSONY E 50mm F1.8は確かにキレイですけど、いつも画角が同じになってしまい、なかなか全景を見渡すような写真が撮れませんから。

池の周りに咲くアジサイを撮っていたら
池の周りに咲くアジサイを撮っていたら

池の周りにアジサイが咲いていたので、いろいろと撮っていたら…。

いいね。この子。
いいね。この子。

Cannondale Prophet号のところにカラスが。艶のあるすごくきれいな羽毛。

Prophet号に興味があるのか、ガン見してます。
Prophet号に興味があるのか、ガン見してます。
なんか叫びまくっていました
なんか叫びまくっていました

求愛行動なのか、すごく叫びまくっていました。

歩留まりは悪い…
歩留まりは悪い…

だいぶ写真を撮ったんですけど、どうやっても後ろの木に焦点が合ってしまい、失敗写真だらけでした。

ここまで接近を許してくれて、感謝!
ここまで接近を許してくれて、感謝!

ここまで接近を許してくれて、感謝です。また今度会おうね。

Cannonade Trail7
Cannonade Trail7

武蔵野園さんに戻って少ししたら、Trail-Sさんも到着。このバイクに装着されているタイヤは、Continental Mountain King 2.4のチューブレス・レディ。問題なくエアは入ったそうです。チューブレス・レディタイヤで普通のフロアポンプを使うのなら、Continentalのタイヤを選択した方がいいかもしれませんね。ただ、Schwalbe (シュワルベ) Racing Ralph レーシングラルフ / TL Ready(26×2.25)はどうしても使ってみたいので、いいエアインフレータを探して、導入したいです。

最後にMさんが到着。

KLEIN ATITUDE LEFTY
KLEIN ATITUDE LEFTY

こちら、10速化されたそうです。

XTで10速化
XTで10速化

新しい機材は、やはりいい感じがするとのこと。私もずっと9速で楽しんでいて、満足していますが、いざ10速とか、11速を使うともっと良くなるのかな? Prophet号はまずはリアサスを変えねばならないかも。動作には問題ありませんが、インナーのコーティングが剥げ始めた…。

みなさん、パーツがキレイですね!
みなさん、パーツがキレイですね!

ところがMさん。午前中は違うバイクで走っていたらしいのですよ。写真を見せてもらったら1992年の名車! 最近バイクを減らしたとのことですが、なぜか増えているように見えるのは気のせいでしょうか?(笑 ぜひ実物を見てみたいです。

KEVLARⓇのサドル
KEVLARⓇのサドル

私はこのサドルは知らないのですが、Trail-Sさんによれば、一時流行ったことがあるそうです。KLEIN号にすごく似合ってましたよ。

Mさんの次男さんも現在、サッカーのクラブチームで頑張っているそう。最後の1年、強豪チームでレギュラーの座を勝ち取り、得点も決めていたみたいです。

子供たちには明るい将来が待っています。みんな、頑張ろうね。

さて、子供の誕生日で出かける予定があるため、私は早めに退散しました。

帰り道
帰り道
Cannondale Prophet
Cannondale Prophet

私の中ではこのCannondale Prophet号が圧倒的に好きで、非常に気に入っています。やはりバックアップが欲しくて、探しているのですが、なかなか…。このフレームは保存しておいて、他のカラーのフレームを普段乗りにしてもいいかな、と。でも、このフレームを探している過程で、RZ 140のフレームの海外オークションに入札したりもして(苦笑。比較的最近のフレームなので、そう簡単には落とせません。

先週も気になっていた川縁に植えられた花
先週も気になっていた川縁に植えられた花

数千円のSONY E 18-55mm F3.5-5.6SONY E 50mm F1.8ほど印象的な写真が撮れるわけではありませんが、今日使ってみたところすごく便利に感じました。コンデジやiPhoneよりははるかにキレイだし。SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6と比べても、よく撮れているような気がします。好みの問題かもしれないけど。

さて、最後にわがマンションのお花たちです。

マンションの花壇
マンションの花壇

お掃除のオバチャンが育ててくれているみたいです。

見頃は過ぎているかな
見頃は過ぎているかな
癒やされる〜
癒やされる〜

そういえば、15:00前頃は元気に咲いていたこの花。

これも超かわいい
これも超かわいい
18:00頃には…
18:00頃には…

わずか3時間でこんなに変わるものでしょうか? いやあ、タイムラプス撮影をしてみたいものでしてみたいものです。

あまりボケ方はキレイじゃないですけど、SONY E 18-55mm F3.5-5.6、便利だし気に入りました。ポタリングには最適なツールかも。以後、活用しよう!

2件のコメント

  1. おぉ? コイツは…ハシブトガラスかな…こんばんは。
    いつも見る奴とはちょっと違うような…ハシボソとの中間っぽく見えますが…(悩。

    SONY E 18-55mm F3.5-5.6で、ココまで接近戦は凄いですね。
    カラス君、けっこう警戒心が強くてなかなか望遠でも納まりが悪いんですが。
    光線具合で毛並みが凄く綺麗ですので、もっと大きく撮りたいんですが…なかなか。

    真ん中あたりの巨大な花(苦笑)、わりと見かけますけど…。
    ひまわりみたいに背が高いですよね。あれ、何と言うのかなぁ…。
    (私も撮りまくってきたんですが…名前を知らず。)

    相変わらず皆さんのマシンは綺麗どころ多し! なんですが(笑)、
    ホントにいつも★ピカピカ★ですね〜。Lefty/KLEIN号のサドル、
    懐かしいセライタリアのフライト・シリーズですよね?
    ケブラー・ガード付きは珍しいかも…ノーマル品は私も昔持っていたんですが、
    軽さが命! だったかな・・。レーパン無しだと、ちょっとオチリが…(泣)。

    1. sadaさん。こんばんは!

      私も実物を見たときくちばしが小さい感じがしたので、ハシブトじゃないのかな、と思ったりしたのですが、肝心のハシボソガラスをよく知らない(苦笑。ネットで調べた限りではハシブトガラスに近そうですが、確かに中間的ですよね。
      このカラスくんはずっと逃げませんでしたよ。最後にカップルの公園利用者が迫ってきた段階で飛び立ちました。合焦していなかったので載せませんでしたが、後ろを振り返って人が近づくのを確認し、飛び立とうとするところまで写っていました。
      巨大な花は、名前の検討がつかないので、調べようにも調べられません(笑。確かに、自分の目線の高さくらいにあるものを撮影したものです。

      あのサドル、セライタリアなんですね。確かに今もFliteというシリーズがあります。厚みも適度だし、形状も収まりが良さそうで、興味があるのですが…。レーパンなしはきついですか? 未だに履いたことがないという状況であります。
      みなさんがいろいろと新しいバイクを作ったり、パーツの入れ替えを予定していたりするのをみると、すごく刺激されるのですが…。まず減らさないと何も許可が下りません(沈。

コメントは受け付けていません。