午前の部

先週パンクしたCannondale Prophet号の後輪のタイヤ交換に入りました。

Schwalbe Nobby Nic 2.25 取り外し直後
Schwalbe Nobby Nic 2.25 取り外し直後

これは今まで使っていたSchwalbe Nobby Nic 2.25 Tubelessの中です。タイヤの内側に固まった部分がこびりついてはいますが、全体的にまだ濡れていて、これだけの液体が溜まっていました。

そして、今度は、Schwalbe (シュワルベ) Racing Ralph レーシングラルフ / TL Ready (26×2.25) をセットします。

純正のシュワルベのビードワックスを使用し、片側だけをはめて、インストラクションに従いNoTubeを入れます。1.95で60cc、DHで120ccが目安だそうですので、80ccにしてみました。

しかし…。

ひでえ
ひでえ

すぐにこんな状態に。UST Tubelessタイヤと違い、空気が入って行く気配が全くありません。

途中、フタを締めていなかったNoTube液をこぼしてしまったりと作業は難航します。

一回拭いたあとなんだけど
一回拭いたあとなんだけど

これは一回拭いたあとなんですけど、もうこうなってしまってはどうしようもありません。だんだんとNoTube液も固まりはじめ、ゴムの固まりがダマになり始めたところで断念しました。

両者ともキレイに洗って…。その状態でも装着を試みましたが、やはり全く空気が入って行く気配がありませんでした。

これはちょっと相性だめかも。開封したのが1本だけでよかったと、いいほうに考えよう。

ちょっとだけ、エアコンプレッサーを買おうかという悪い考えも浮かんだのですが、本末転倒かもしれず。

単に、Crankbrothersのリムとの相性が悪いだけかもしれないだけですが、ほかのチューブレスUSTタイヤは、むしろMavicよりあっさり空気が入って行く傾向があったことを考えると、残念な結果でした。

午後の部で、通常のチューブレスの手順で、あとからNoTube液を足す手順を試そうかとも思うのですが、あのビードの緩さだと、難しいかもしれません。別途普通のチューブレスを注文するか…というかもう注文しちゃった…。

ということで午後の部はないかも(苦笑。