冬ソナ

私が現在利用しているインターネットサービスは有線ブロードネットワークスの「Broad Gate01」。最大帯域100Mbpsを誇るFTTHサービスは他にもあるが、なぜこちらを選んだかというと「コンテンツに期待ができるから」であった。

現在、関連会社の「ShowTime」のほうで動画監修のお仕事をさせていただいているが、こちらのコンテンツの数は莫大なものだ。Broad Gate01の会員は、500Kbpsとか1Mbpsで配信されているShowTimeの動画の一部を無料で閲覧することができる。ただ、その他のプロバイダでも月額300円弱を支払うことで同じサービスを受けられることを考えればさほどメリットはないかもしれない。
しかし、Broad Gate01に特化したサービスもある。Broad Gate01のサイトでは、2Mbspとか4Mbpsの高画質で、無料で映画やドラマを閲覧できるコーナーがあるのだ。
現在の目玉は「冬のソナタ」。私は韓国ドラマにさほど興味がなかったが、ShowTimeではここのところヨン様(ペ・ヨンジュン)のドラマが常に上位を独占状態だ(エクササイズ動画も食い込みたいところなんですが…)。
ShowTimeで見るとお金がかかってしまうし、500Kbps-1Mbpsに限定されてしまう。しかし、Broad Gate01のサイト側から視聴すると無料だし、2-4Mbps。そんなに人気があるなら一度見てみようかと、次男の3歳のお誕生会が終わった直後の12日の深夜から「冬のソナタ」を見はじめた。

Macで見ると同じ素材が低解像度になり、しょっちゅうバッファリングして見ていられないので、先日購入したFMV-7000NA5で見ることにした。
さすがに4Mbpsの威力はすごくて、PCでDVDを見ているのとさほど差を感じない。S-VHSくらいの画質はあるんじゃないだろうか?
それだけに、ヨン様演じるカン・ジュンサン、チェ・ジウ演じるチョン・ユジンがとても高校生には見えてこない。二人並ぶと少しマニアックなコスプレカップルという感じだ。
と思ったのも束の間、いつのまにかハマってしまった自分がいた。3歳を迎えたばかりの次男坊も、深夜2時になろうというのに画面の前に固まったまま動こうとしない。私にいたってはそのまま8話分も連続して見てしまったのだった。
その後17日までの5日間、全20話のこのドラマにハマりっぱなし。おかげで、毎週見ていた日本のドラマを2本見損ねてしまった(同時にICOのBBSに向かう時間も使い込んでしまいました。お返事が遅れてごめんなさい)。

画面にマイクが何回も映り込んだり、音声の処理があまり丁寧ではなかったりする部分もあったのだが、キャラクターやドラマのエネルギーがものすごくて、本当に圧倒されてしまった。こんなドラマ、今の日本にはないなあ。ヨン様のカリスマ性は、1970年代の「赤シリーズ」で山口百恵さんが見せた圧倒的なパワーに匹敵するかもしれない。
当初違和感を感じたチェ・ジウさんも、見ていくうちになんか大好きになってしまった。
なんか、2回目の視聴に突入しそう。