雨か

今週末は疲れが溜まっていて、昼過ぎまで寝てしまいました。今日は天気が悪いと聞いていたので、早めに起きてポタリング&軽くお花見しようと思っていたのですけど、出られたのは14:00すぎ。

SB公園の桜
SB公園の桜

だいぶ開花しましたね。来週まで持ってくれるでしょうか…? 天気がよいといいのですが…。

このあと、SB山のほうを回ったら…。

道が塞がれております
道が塞がれております

なんか道が塞がれております。

立入禁止とのこと
立入禁止とのこと

立入禁止になっています。この区域、もう何年間も工事していて、そのために川沿いの両サイドの道がふさがった状態となっており、川を散歩して来た人は水道道路の向川に渡るのが大変になっているのです。ここは一つの迂回路として利用されていると思うのですが、またここがふさがってしまうと…。迂回路は残り一つ。

かかり枝があるとか、大きな枝が折れかかっているとか、理由が書いてあるとありがたいです。というのは…。

ここは私は好きな場所なんですけど、歴史をひもといてみると50年近く前に重大な犯罪が起こった記録がありました。水道道路をわたって反対側なのか、こちら側なのかまでは不明ですけど。また、確認は出来ていないけど、数年前にもなにかあったと散歩中の年配の男性に伺いました。

掲示の状態から見る限り、多分枝関係だとは思うのですが、以前スズメバチの巣が発見されて通行止めになったときはきちんと理由が示してありました。今回のようにこれほどしっかりふさがれているのは初めて。

住宅地のなかにぽつりとある自然林。今後もその姿を残していって欲しいです。

さて、いつもの公園まで向かう途中に雨が降り始めました。

この写真を撮って退散
この写真を撮って退散

桜の写真を数十枚撮ったところで退散することにしました。Nikon D600 + Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gでは寄れないので、トリミングしてありますが、風に揺れるので撮影は本当に難しいですね…。

戻り途中、対岸を走っていたJudge-Sさんと遭遇。雨がぽつりぽつり来ていたので、退散しましょうということに。

Judge-Sさんは、Prophet号をいろいろと強化されていました。

まず10速化
まず10速化

まず、10速化されていました。リアは36Tまで付いているPG1050(らしい)。シフターは取り忘れましたが、XOっておっしゃっていたような気がします。

これに42Tを入れようかとのことで、あるいは1枚追加してシフターを11速にして、一気に11速化しようか、とも。あれ、ピッチに問題ないのかな? なんかそういうことをしている人がいたということで、詳細は改めて聞いてみたいと思います。

併せてクランクも予約しているみたい…。

タイヤも念願の2.35化
タイヤも念願の2.35化

タイヤもMAXXIS(マキシス) HIGH ROLLER ハイローラー 26×2.35 40aに変わっていました。もともとProphetの完成車についているタイヤもMAXXIS(マキシス) HIGH ROLLER ハイローラー 26×2.35ですが、今はラインナップされていない(と思われる)USTの40aだったと思います。

やはりProphetには似合っている気がします
やはりProphetには似合っている気がします

私の場合は重くて、ご近所乗りやトレイルにはオーバースペックだと感じ、すぐに交換しました。もちろん、富士見や高峰山を走るときだけは取り付けていて、重宝していましたよ。

私はバイクをどんどん軽くしていくのが好きですけど、Judge-Sさんの場合は重量は重くて構わないという姿勢です。私はチューブレスが好きですが、Judge-Sさんはチューブド派ですね。バイクの好み的には正反対ですので、同じProphetでも全く違ったバイクになっていきそうな感じで楽しみ。

Cannondale Prophet 2000
Cannondale Prophet 2000

さて、久しぶりに掃除をした(恥)、私のProphet号もそうとうキレイになっていたと思うのですよ。ドライブトレインは例のトラブルチェーンですので、やはりガチャガチャいう…。土曜日の作業で7速とか書きましたが、数え方からして逆で3速あたりということになりますね(恥2)。3速と4速が、ロー側に引っかかって落ちるみたいなことを繰り返します。とりあえず、トラブルのないチェーンに戻そうと思っています。

そういえば、NoTubes Tire Sealant /32 fl oz(ST0062)を入れたあと、最初の2週間はわずかにエア漏れを感じたのですが、エアを足してこの2週間あまりではほとんどエア漏れを感じません。前輪はもう4週間になりますが、ほぼそのまま。やはり液がなじむまでは時間がかかる、ということでしょうか。半ば頭にきて「もう捨てたろうか」と思っていたSchwalbe Nobby Nicは無駄にならなくて良かった…。次はTubeless Readyタイヤにしようと思います。

あと、リアサスが違和感なかったので「あれっ?」と。最初にいい感じで反応してくれたときに、「あ、サスを戻したんだった」と思ったのですけど、それまで例の「クックックッ」「カッカッカッ」という、沈み込みの初動の異音がなかったことにも気づきました。まあ、また復活するかもしれないですけど、今日のManitou Swinger 3-way Air 2005はとても調子がいい感じでした。

明日は天候は回復している模様で、もう一台のお気に入りバイク、Scott Addict R3を出走させたいと思います。果たしてドライブトレインは改善されているのか?